矢祭町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「矢祭町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「矢祭町」の項目を執筆しています。

矢祭町(やまつりちょう)は、福島県中通りの町と思われがちであるが、茨城県の町の一つである。東白川郡ではなく、久慈郡所属である。もったいないところばっかりである。

概要[編集]

中心地は最近衰えるばかりで、公称「落ちぶれ者」である。無駄でもったいない図書館プールがあるのが特徴だが、警察署消防署は20km北の棚倉にあり、矢祭町内の交番は年中無人でパトカーを町内で見かけることは滅多にない。

農家が殆どで、よくなどが脱走し国道を我が物顔で歩いているが町民は慣れているのか全くの無関心である。一家につき、三つの、二台の、一つのを持っていることが普通である。

小学生は裏山にヒゲのついたガンダムが埋まっていると信じている。中学生は自分の地域のことをロストグラウンドといい、それぞれ何かしらの能力を持っていると自称している。子供たちに最も人気があるポケモンはヌオー、デジモンはメタルエテモンである。

もはや茨城県[編集]

矢祭町は茨城県にグイッと食い込んでいる為、外部からは「茨城県矢祭町」と言われ続けているばかりでなく、手紙のあて先に「茨城県矢祭町」と書いても配達されることが確認されている(実話)。にも拘らず、強引に福島県に形式上編入されていた。

福島県では棚倉町塙町しか隣接しておらず(しかも棚倉市街地へは20kmも離れている)、福島県庁(福島市)よりも茨城県庁(水戸)の方が近く、郡山と水戸から等距離に位置している。しかも、最も近い沿岸都市は勿来以北の小名浜じゃなく、勿来以南の「日立市」こと助川である。河川も久慈川流域であり、歴史的にも戦国時代には太田や水戸を本拠地とする佐竹家の統治下であった。一方の福島市は、米沢仙台と同じく伊達家の統治下であった。

このため、浜通り夜ノ森以南(旧岩城家領)が茨城県に編入されると、多賀郡と旧岩城家領が「常磐炭田地域」として同じ行政区域に含まれ、助川から夜ノ森までの地域交流が一層進展した。これに釣られて、福島市まで遠いという不満に加えて、「久慈川流域も統一しろ!」という茨城県久慈郡(太田、大子など)との利害得失も共通になった。このため、矢祭は福島県からの脱退を宣言し、茨城県に編入された。現在では、太田、大子、棚倉などと一緒に「茨城県久慈地域」の一員である。

また、数年前まで矢祭町内には茨城交通のバスが通っており、それに乗って登校していた生徒も多く存在したが、疑問は一切なかった。     

家によってはテレビ東京がうつる家庭があることも要因の一つに挙げられる。テレビ東京がうつる家には子供たちがアニメを見ようと多く集まりたまり場となる。その家の子供は嬉しいが他の家族は大変迷惑に思っている。中にはテレビ東京がうつる事を隠す家庭もあり、バレないように全力を尽くす。別にやましいことをしているわけでもないのに……。

2010年5月久慈大子市になることが決定していたが、大子町のワガママにより1週間前に急遽中止となった。

七不思議[編集]

  1. 町民6000人の内、3割はコスプレーヤーで、4割はヤクザである。同じヤクザの街清水にいる清水の次郎長に対抗して、矢祭の一郎長がいるといわれている。
  2. 町内のとある山に闇の村がある。そこには、町の人口よりも多い1万5000人ほどが住む。これは一応隣町の棚倉町に匹敵する規模である。人口60万人説がある。
  3. 最南端の小学校であるS小学校では、全校生が一輪車に乗れなくてはならない(実話)。
  4. 災害や事故などの被害が他の市町村に比べ大幅に少ないため、結界があるのではないかと噂されている。
  5. 矢祭町の町民は無駄に生命力が高く、中には70歳を過ぎてスズメバチに3,4回刺されたが次の日に元気に釣りに行ったご老人もいる。
  6. 学校や役場などの建物のガラスに鳥が特攻することが多々ある、しかし不思議と怪我人はなく、ガラスが割れただけで鳥も生きている。
  7. 福島県統治下では県南地区、茨城県統治下では久慈地区だが、最近スポーツがそこそこ強く有名らしいが、高校に進学すると部活に入らずアニメやゲームに熱中する。
  8. 100km/hで走行する軽トラが存在する。
  9. 七不思議なのに七つ以上七不思議があるが、これも七不思議のひとつである。

関連項目[編集]

脚注[編集]