矢神市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新しい顔が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

矢神(やがみ、間違っても失神と読まないように)は、岡山県新見市哲西町矢田にあるJR西日本の駅・・・ではなく、東京近郊にある中小都市である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「矢神駅」の項目を執筆しています。

市の概要[編集]

海と山に挟まれた斜地に位置し、海岸沿いに鉄道が1路線存在する。漁港もある。繁華街は駅周辺であるが、郊外は農村ないしは森林地帯になっている。かつて、欧米出身の富豪が避暑を目的に別荘地としていた歴史があり、丘陵地帯には邸宅が多く残存している。また、海岸と丘陵の間は傾斜が大きく、急勾配の坂道がいくらか存在する。なお、小中学校は低地に存在するが、高校は高台に位置する。

歴史[編集]

江戸時代、矢神藩12万石の中心地として栄えた。明治以降、前述したように日本内外の富豪により避暑地と位置づけられ、邸宅がいくつか建てられた。戦後は首都圏の一部として、周辺都市と同じく住宅開発地域になった。

主要施設[編集]

商業[編集]

福祉[編集]

  • 矢神市立病院
  • 矢神市立図書館
  • 矢神市立体育館
  • 矢神公園(池を有する)

教育[編集]

  • 矢神市立第一小学校
  • 矢神市立第二小学校
  • 矢神市立第三小学校
  • 矢神市立中学校
  • 矢神学院高等学校(私立)

宗教[編集]

位置について[編集]

位置については詳細な事が分かっていない。最も多い主張では神奈川県としているが、これでは大磯小田原辺りと言う事になる。同じ湘南葉山鎌倉辺りなども、多くの邸宅が存在していたため候補になり得る。

しかしながら、この矢神市にある私立高校が京都へ修学旅行を行った際、往路に新幹線でなく、わざわざ千葉県成田空港へ向かって航空機を使用していることから、同県の内房線ないし外房線沿線と考えるのが妥当である。鉄道で海水浴場へ直通で向かう事ができる点、横須賀線色の113ないし115系電車が海岸沿いを走っている場面があることも、それを裏付けている(113・115系横須賀色は、海岸を走る所では千葉県の上記路線にしか現存しない。神奈川県一帯からここへ鉄道で向かうのは、東京湾を回る形になるため非効率である)。

だが一方で、神奈川県説を裏付けるものも多く存在する。例えば鎌倉と藤沢を結ぶ江ノ島電鉄に酷似した電車が走行してる所が見受けられており、また113系電車以外にもE217系電車の目撃例も報告されている。このE217系電車は、113系の置き換え用として横須賀線及び総武快速線に投入され、現在同線の主力車両として運用されている。神奈川県の横須賀、逗子、鎌倉からは、成田空港行きの横須賀線の電車も数多く運行されている(しかし、それならばなぜ新横浜小田原から新幹線に乗らなかったのか、という疑問は残されてしまう)。他には、ここの市民が横浜市を訪れているというものもある(千葉から横浜はかなり遠い)。

このように、矢神市が何処に存在したかは日本でも五本の指に入る位の大きな謎なのである。