着ぐるみ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「着ぐるみ」の項目を執筆しています。
Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。
遊園地のマスコットもしばしば着ぐるみ化される。

着ぐるみ(き - )とは、人形になりたいと願うフェチが着用できるように作られたぬいぐるみのことである。または中の人が動力源となって動き回るための衣装をいう。なお、後者の場合は専門会社が作り、中の人アルバイトの場合も多いが、前者の場合、趣味で着用するので自ら制作し、自分から中の人になるフェチも多い。中は大変蒸れやすくカビが生えることもあり、管理面では金食い虫と化す。

概略[編集]

ミッキーマウスなどの着ぐるみは東京ディズニーリゾートに行けば会える。

着ぐるみフェチの発症のきっかけとして多いのは、「ウルトラマンを見てから」・「戦隊物のアトラクションで「ピンク」に萌えた」というものである。

また、セーラームーンや、ふたりはプリキュア等の少女モノのショーを発症のきっかけとする者(特に男子)もいる。かわいい少女に魅せられ、自分も少女に同化したいという願望の現われである。このようなものを女装着ぐるみと呼ぶが、かわいい少女の中に男性が入っているという倒錯的な状況を楽しんでいる変態であるとみなされるため、着ぐるみフェチの間でも賛否両論がある。

着ぐるみの種類[編集]

商業系着ぐるみの例。こういういたずらをされることもある。

以下のように分類されると言われているが、もしかしたら他にもあるかも知れない。

商業着ぐるみ[編集]

テレビの映像作品である特撮ものをアトラクションにしたり、商店の客寄せのために風船やビラを配ったりするもの。マスコットキャラクター、デパート東京ドームシティなどのテーマパークで開かれる着ぐるみショーも含まれる。なお中の人は、ショーの場合は、スーツアクターを依頼することもあるが、それ以外の場合は中の人はほとんどアルバイト。ちなみに、どちらにしろ「○○ピンク」や、「ハローキティ」など女性キャラクターであるはずの「中の人」が男性であることもよくあり、夢多き男の子が偶然着替え中の中の人を見てしまいトラウマになる事件も多発している。

コミケ着ぐるみ[編集]

こういうのをコミケ着ぐるみという。

いわゆるオタクの聖地であるコミケなどのコスプレイベントにおいて、アニメやゲーム作品のコスプレをするレイヤーも多いが、完全にキャラと一体化したいと願ったレイヤーがその願望を叶えるためにキャラクターの着ぐるみを身に纏うというものである。本人は暑苦しい、ぶん殴られるなどといったデメリットの中でも喜びを感じているのであろうが、もし中の人が本当は美少女であれば周囲の男性にとってはまことに残念なことである。(どうでも良い場合には誰も気にしない)またコミケ着ぐるみが集まって集団撮影すると、アニメの世界に来てしまったような状態になるという。

着ぐるみの纏い方であるが、肌色の全身タイツを着用し、その上にコスプレ衣装を着用するものである。この時、野郎が女性キャラクターを演じる場合には胸を膨らましたり、股間がもっこりしないようにサポーターを着用したりするが、肩幅が広い場合には素性がばれてしまう。まれにばれないような華奢な体格の奴ががいるが、そういうこともあるだろう。その点女の子だったら体型の融通は利くのだからよいといえる。ここまでは普通のコスプレーヤーと変わらないが、ここからカツラではなくアニメマスクを被ると、あら不思議アニメキャラクターに変身というわけである。これによってキャラクターと顔が似ても似つかない者であっても変身できるというわけである。でも、元のキャラクターと比べスマートだったら、まあごまかしも利くがデブだったらイメージ台無しだよなあといえる。

フェチ着ぐるみ[編集]

着ぐるみを着ること自体が好き」で着ているフェチのこと。女装着ぐるみも多くがこれ。フェチの中にはサイトを作って、そこで自分の着ぐるみをアピールすることがある。そうやってフェチ仲間を増やそうとしている。さらに自作できない人のために販売する工房ができたり、ファンの人に自分の着ぐるみを体験させてあげたり…といった状況になってしまい、そのため今やフェチは増え続けて膨大な数となり、今ではウィキペディアにもリンクが張られたほどである。(ちなみにウィキペディアンが、外部リンクの節にフェチサイトが増殖しすぎるのをみて不快に思い、粛清したらしい。)もっと知りたい人はお察し下さいか経験者ないし知り合いがいる人に教えてもらってね、趣味の世界だから。
ちなみに最近はフェチ着ぐるみのフェチ着ぐるみによるフェチ着ぐるみのためのイベントもときどき開催されている。こういったイベントに参戦したカメコもフェチになってしまう傾向にあるようだ。さらに、前述のコミケにもフェチが来ることも増えていて、コミケ着ぐるみと区別が図りにくくなってきているのが現実である。

ケモノ着ぐるみ[編集]

主にケモナーと言われる普段は普通の人のように日常を暮らしている生命に多い類。
実は活動家の多く(中の人)は、はっきり人間であるという確認が今のところ取れていない。現在も調査中である。 一説には、人の着ぐるみを被って日常を暮らしているという説がある。その為、身内の会と呼ばれる個人イベントや、某大きな着ぐるみイベントに集まる人々は、逆に普段被っていたものを脱衣する為、獣化状態と言われる特殊な状態である時の方が、元気である事が多いと言われている。
それ以降の詳細については、未だ謎が多く解明されていない所が、このタイプの着ぐるみの特徴である。

有名な着ぐるみ[編集]

着ぐるみにも喜怒哀楽があるらしい。

商業系に多い着ぐるみ[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

コミケ・フェチに多い着ぐるみ[編集]

これが典型的なフェチ着ぐるみ。ここにリストアップしたらき☆すたのキャラ「泉こなた」である。

女性キャラばかりだが、中の人が男性ということもよくある。
その他、フェチはオリジナルキャラを作る傾向にある。(こちらも女性キャラばかりだが、中の人はしばしば男性)衣装はメイドゴスロリ水着セーラー服が何かと人気。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

着ぐるみに関するうわさ話[編集]

着ぐるみカフェ
最近は着ぐるみカフェという物まで登場した。しかし、言ってしまえばメイド喫茶とほぼ同じく、お金を大量浪費する場所である。違いといえば接客メイドが着ぐるみであることだけが違う。たいていの場合1日のみの営業らしく、なかなか見つけることができないらしい。よって、幻の可能性もある。だから客が見つけることは出来ないかもしれないが、見つけることが出来たなら幸運だろう。ちなみに、マスコミにも注目されたようだ
しかし、メイド喫茶では「御主人様おかえりなさい」といった言葉をかけて接客したりしてくれるが、着ぐるみメイドの場合、中の人が男の場合があるため[要出典]、しゃべることはないし、当たり前だがマスクを被っているので客よりも頭がデカイ。しかし、本当はかわいい娘なのに着ぐるみを纏っているだけなら、着ぐるみカフェに来る野郎にとっては、大きな損失だろうが、どうでもいいのならそのままでいいだろう。
着ぐるみで接客するぐらいだから、中の人が女の子であっても真実の姿は見ないほうが身のための場合もあるだろう。さらにある都市伝説では「着ぐるみメイドの中の人を見たものは、中の人と入れ替わって、着ぐるみメイドにならないといけない」というのもある。これによると、たとえば着替えている最中を見てしまうと、洗脳されたうえで着ぐるみが痛まないように消毒され、無理やり衣装の中に押し込められて「中の人」として労働させられるというものである。もし入れ替わっても女の子なら構わないが、男ならご勘弁願いたいものだ。
勝手に着ぐるみ
金持ちが拉致ナンパした女の子を隠れ家に連れ込み、セーラームーンふたりはプリキュア等の少女キャラの着ぐるみを無理やり着せてしまう、という噂がある。まず、その方法であるがシャワーを浴びているうちに着替えを隠し、部屋の気温を下げ、何かを着なければならない状態にする。そして肌色の全身タイツを纏わせた上で、コスプレ衣装を着させ、仕上げとしてアニメ顔のマスクを付けさせて脱げないようにするものだという。女の子に変身願望などのその気があれば問題ないだろうけど、そんな場合は多くはないだろう。中には無理矢理その工程を行うものも居るだろうが、これは犯罪もとい変態行為だ。なにはともあれ、着ぐるみの衣装に押し込まれたことにより、着ぐるみに包まれる事による性的興奮を覚え、フェチになった女の子もだいぶいる。そのため、前述のようなコミケ着ぐるみやフェチ着ぐるみが増殖している。もっとも都市伝説ないし記述者の妄想といわれているが。
ゆるキャラの中身
女性や子供に人気の商業系着ぐるみの典型例、ゆるキャラ。しかし、その中の人についての秘密が明かされてしまった。これによると、ファンが中に入っていることもまれにあるという。
絶望した!!.jpg 書くべき情報が多すぎて絶望した!!
そこの忍耐強いキミ! 私の代わりに私の思想を広めてください。
なに書けばいいのって?・・・それは言わずもがな。(Portal:スタブ

関連項目[編集]


あずにゃん もう、タイピング間違えても、ホラばっかり吹いてても、叱らないから… 削除…しないでよ…… (Portal:スタブ)