真田幸隆

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「真田幸隆」の項目を執筆しています。

真田 幸隆(さなだ ゆきたか、永正10年(1513年) - 天正2年5月19日(1574年6月8日))は戦国時代期に活躍した戦国武将。真田幸村のおじいちゃんである。諸系図では幸隆と記されるが同時代史料においては幸綱と記され、また子に“隆”を通字とする者がいない事から武田家臣団において非常に陰湿な苛めを受けていたと推測される。智略に長け、中途雇用社員にもかかわらず武田騎馬軍団の広報部長の席まで上りつめる。責め弾正の異名を持つ。

生涯[編集]

生誕[編集]

信濃国小県郡に産まれる。地元の有力者の家に産まれるものの大人の事情に巻き込まれ両親は誰であるか不明である。これが、後の歪んだ人格と性癖を形成していく。

NEET[編集]

27歳で、当時の勤務先の海野株式が倒産。知人の長野業正を頼って3年間ほど非正規雇用の自宅警備員となる。 自宅警備員(厳密には友人宅警備員)時代に、SM物に没頭。このSM知識は、後に孫の幸村へと受け継がれ、真田紐の開発へと繋がるのである。また、幸隆自身もSM知識に幾度となく救われる事となる。

再就職[編集]

30歳の時にバイト先の武田騎馬軍団で山本勘助に見込まれ、正社員として雇用される。幸隆の就職を喜ぶ家族に対し、本気で泣きながら働きたく無いと叫んだ事はあまりにも有名である。しかし、元来やればできる子だった幸隆は、武田家臣団でメキメキと頭角を現す(そのため前述のようなイジメを受ける事となる) また自宅警備員だった事もあり人とのコミュニケーションは非常に苦手であったが、同じく歪んだ性癖を持つ信玄とは理解し合うところが多く、互いの屋敷を近くに構えるなど上司と部下以上の関係であった。

責め弾正[編集]

もとは自宅警備員時代のおかずから始まったSM知識は、戦でも生かされる。砥石崩れの際、幸隆は村上方の清野氏や寺尾氏などを調教。一度は失敗するも、二度目の調教では彼等をXXXXXXXXXXな体にし、一日で落城にせしめる。幸隆の激しく執拗な責めによって村上義清XXXXXとなりXXXXXとなる。結果、義清は上杉謙信を頼って越後へ逃走。これによって信濃の領有を巡って武田と上杉は対峙、後に川中島の戦いを引き起こすのだった。

自宅警備員への復職[編集]

50歳を過ぎた辺りから、その異様な性癖と歪んだ人格から武田家臣団内で幸隆へのイジメが加熱する。もともと自宅警備員としての才能があった幸隆は、次第に登城拒否を起こし始める。平日の朝になると決まって体調不良を起こす幸隆に、家臣団は引退を要求。喜び泣いて、家督を息子の信綱に譲ったという。 その後は若き頃に果たせなかった念願の正社員の自宅警備員となり余生を全うする

人物評[編集]

武田家の緒戦で大いに活躍した事は非常に高い評価を得ている。武田の躍進には彼の功績が非常に大きい。 しかし彼の調教により武田は上杉と対峙する事態となったように様々な方面に敵を作ったのも事実である。 幸村に多大な影響を与えたのも彼であり、幸村の評価によってかれの評価も変わっていく。 引退後、自宅警備の合間にクリエイトした真田家の旗印である「六文銭」はグッドデザイン賞を受賞している