真田アサミ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「真田アサミ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「真田アサミ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「真田アサミ」の記事を執筆しています。
「アサ姉、茶髪似合ってないよ」
真田アサミ について、沢城みゆき

真田 アサミ(さなだ あさみ、1977年9月8日 - )は、ブロッコリー教の巫女として活動後、声優となった○。なんでただの記号である○が巫女や声優になれるのかはよくわかっていない。決して「しんだあさみ」と読んではいけない。

来歴[編集]

元々は長野で書かれた○である。書かれてからしばらくは野生児のような生活をしていたと自称している。なんだかんだあって声優を志して上京してくるのだが、学校を出たての純粋な○だった真田はブロッコリー教に騙されて巫女としての活動をすることになる。巫女としてはなんだかにょにょにょにょ言っていた気がするがそれはいわば黒歴史なので触れてはいけない。実はオルフェノクである。

その後都会的な○になったことにより、明らかに騙されていたことに気付いてブロッコリー教を離脱、意思を持った人形に生活をかき回されたり、先生の後ろにぴったりくっついたり、魔女の中の人に間違えられたり、永遠に幼女だったり、教師になったりしながら声優として生活している。事務所の方針か、○だからか、何かのトラウマか、年のせいか、いわゆるアイドル声優としての活動はしていない。間違っても壊滅的に歌が下手なせいではない。もっと下手なアイドル声優なんていくらでもバキューン!!

最近○30周年を迎えた。これからもケーキ1ホール食べたり、ショタ声を出したりして活躍することであろう。

いいえ、真田アサミの本名を聞いたら、教えてあげない。なんぢゃいな。

常識人としての真田アサミ[編集]

まりあ†ほりっくのWebラジオ天の妃放送部にて小林ゆうと競演、その常識人ぶりをいかんなく見せつける。決してゆうちゃんが常識人とかけ離れているわけではなく、真田アサミが世間一般よりずば抜けた常識人としてのポテンシャルを秘めているからである。また、凄まじい常識人としての才能を発揮するだけに飽き足らず、同ラジオでは突如として「ガハハハハハハッ」と大笑いするなど、凄まじい常識人としての才能を発揮している。

また、同ラジオでは小林ゆうのぶっとんだ世界と常識の中間に居る数少ない人物であると主張しているが、ゲストが来るたびに、「あなた達はなにをやっているのか」とつっこまれるため、彼女も常識から外れかかっているのかもしれない。

関連項目[編集]


Yuichi Nakamura.jpg この項目「真田アサミ」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)