真岡町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Disambiguation

ここでは、まーそのー……いわゆるひとつの世間様に最も一般的とみなされていると考えられているとされている
真岡町につきまして説明している項目です。はい。

  • 栃木県芳賀郡真岡町につきましてですがー、えー……真岡市をご覧ください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「真岡町」の項目を執筆しています。

真岡町(まおかちょう、まうかちょう、ほるむすく)は、大日本帝国海軍が誇る巨大空母樺太」の右舷斜め前方に位置する第二艦橋に相当する町である。

概要[編集]

はじめに言っておくが栃木県の都市などではない。地名の由来について、栃木県から移住した開拓民が名付けたという説があるが、これはデマである。「まおか」は愛努方言、「ほるむすく」は樺太方言に由来するといわれる。

落石市に次ぐ樺太右舷の中心都市である。市街地には複数の階層から成るアーコロジーが連なっており、地下市街の存在も噂されている。

8月20日ロシアが真岡に攻めてくる、いや実はすでにロシアに占領されているという風説が流布したため、住民の不安感が高まり、治安の悪化による犯罪の横行、さらには暴動まで発生する事態となった。この状況を前に、真岡町当局は一般町民の武装を黙認、町民の多くは重武装とサイボーグ化による自衛を計っており、町内はさながら攻殻機動隊の世界となっている。

地理[編集]

恵須取市と並ぶ樺太右舷の主要な港町である。樺太の位置によりその気候は変化するが、樺太が北海道の北部に繋留されている場合には、暖流の影響により日本最北の不凍港となる。

飛行甲板上に存在する大泊市豊原市落合市敷香市の人口が伸び悩む一方で、第二艦橋である真岡の人口は増加を続けたが、真岡町民がヘソ曲がりだったため市制施行を拒否し現在に至っているという。

経済[編集]

主産業は、他の樺太の諸都市と同様に製紙業水産業である。近年では、新樺太市への人口集中の影響で、他の都市が停滞を通り越して下降線を辿っている中、某製紙会社が事業税の免除を目的として設置したダミー会社のオンパレードであるこの町の経済はワロス曲線を描いて順調に停滞している。

交通[編集]

樺太右舷の幹線鉄道である樺太西線、真岡町と豊原市を結ぶ豊真線が通じる樺太右舷の交通の要衝である。宝台・池ノ端間には宝台ワープ線が存在し、真岡線真岡との間を約5分で結ぶ魔列車が運行されている。

海洋を長距離にわたって移動する樺太にとって、樺太の真岡と栃木真岡を一瞬で結ぶことの出来るワープ航法は非常に魅力的である。しかし何者かによってワープ線が破壊されてしまったため、豊真線は休止に追い込まれた。犯人はロシア国鉄職員であると目されている。

関連項目[編集]


この項目「真岡町」は、執筆者が開拓民だった可能性もありますが、未だ不毛の原野です。緑の沃野にして下さる入植者を求めています。 (Portal:スタブ)