真岡市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

もしかして: 真岡町

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「真岡市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「真岡市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「真岡市」の項目を執筆しています。

真岡市(もおかし、もうかし)は、栃木県南東部に位置する都市である。

江戸時代には「真岡木綿」の産地として知られていたが、むしろ樺太にある「真岡(まおか、まうか、ほるむすく)」と混同されることが多かった。

概要[編集]

栃木県南東部一帯を占める芳賀地区の中心都市であり、「栃木県の六大都市」の一つに数えられる。「栃木県の六大都市」という語を使用するのは、真岡市と鹿沼市に限られているが、その理由については言うまでもない。

真岡は周囲の都市から程よく離れており、芳賀地区には真岡の他に目ぼしい都市もないことから、芳賀地区内での真岡市の権力は絶大なものとなっている。しかし例外がないとはいえず、祖母井には宇都宮触手が伸びつつある。

今祖母井を'ソボイ'と読んだ人には雷が落ちるので心してお待ちください。

東洋経済新聞社による全国住みやすさランキングでは800地方自治体中毎年10位以内には入っている。 筆者は真岡市民(間違っても借金まみれのくせに併合してきた元尊徳町民ではない)であり、現在東京に住んでいる。 体感であるが住みやすいのではなく単に住みにくくはないだけである。 確かに、不自由はしない。学校などはすべて適切な位置に配置され普通通学時間が20分を超えるのは大内地区などの真岡の中でも田舎のところだけである。暮そうと思えば真岡の中だけで暮らせるものである。また観光の場所は井頭公園(の一万人プール)くらいであるが、普通観光すると言えば高速道路で東北に行くか電車で東京である。 それらも一時間ちょっとで行ける。 しかしそれらはすべて住みやすいのではなく住みにくくないだけである。 自虐的なためか全国住みやすさランキングで全国TOPクラスでもそれを知る人は栃木を出て住んでいる人くらいである。

真岡市民に悩みはなく、真岡の半分くらいは工場に勤める。日々工場に勤め社会の歯車として生きている。 真岡にある工場は大手車メーカーの工場も多くありそこに勤める人間はリストラを心してお待ちください。

過去の市長には賄賂をして逮捕された者がいる。

2006年に真岡工業高校が春の選抜に21世紀枠で選出されたが、前田健太率いるPL学園に見るも見残なまでにボコボコにされた。それ以降は市勢が甲子園に出るどころかよくて予選3回戦である。

地理[編集]

栃木県では、中部から西部にかけて奥州街道日光街道日光例幣使街道が通じ、宿場町が整備されたのに対して、主要な街道が通じていなかった芳賀郡は、たいした開発もされずに放置される結果となった。

宇都宮日光の連中からは鬼怒川の向こうはの住みか」などといわれており、栃木県内でも不遇な存在である。

歴史[編集]

江戸時代に、木綿産業が急成長したことにより商業が発達し芳賀郡随一の市場町となった。明治時代になると、輸入品の台頭により木綿産業は衰退していった。その一方で、市内の工業団地に新天地を求めて、企業が続々進出していることが唯一の救いである。

周辺自治体に対して、高笑いをしてふんぞりかえっていたため、平成の大合併では合併協議が大いに遅れ、周辺自治体のご機嫌取りに躍起であった。その甲斐あって、極貧自治体である二宮町を2009年3月23日を以て編入し借金まみれとなった。

経済[編集]

農業工業商業のバランスがとれている反面、傑出した要素が無いともいえる。

隆盛を誇った「真岡木綿」の復活を目指すべく「もうかもめんまもるよ振興会」が組織されたが、どうみでも「真岡もメンマ盛るよ振興会」にしか見えません。本当に真岡に技術者がほとんど残っていないため、外部の技術を導入することになった。これには批判が相次いだが、結局足利市から技術者を招いて再起をかけている。

交通[編集]

鉄道[編集]

真岡線が開通する以前は、東北本線石橋駅水戸線下館駅が最寄り駅となっていた。

真岡に鉄道を敷設する際、石橋と下館のどちらを起点とするか議論された。当然、幹線鉄道である東北本線に接続する予定だったが、下館の住民の意見により、起点が変更された。

下館を起点にしてしまったため、上野方面への直通列車を運行するには、下館と小山でスイッチバックを二度行なうため不便となった。もちろん現在では直通運転は行われていない。

このように不便な真岡鐵道ではあるが、地域の観光の目玉にするため、半ば強引に蒸気機関車を走らせ、真岡線の中心駅である真岡駅を蒸気機関車の形を模した巨大な駅舎に改築していることから、真岡市の熱の入れようは半端でないことがうかがえる。 通学時間帯には、高校生がうじゃうじゃといる。知っている限り、茂木→下館間はその時間帯は2車両編成になっており、前の車両は女子高生、後ろの車両は男子高生が乗るという暗黙のルールがある。もちろん、男子高生だらけの車両の暑苦しさは半端ない。なので、女子高生の車両に突撃するツワモノを求む。一緒に楽園に行こうじゃないか。決行したところで、周囲の男子高生から嫉妬の目で見られることは言うまでもない。

なお、つくばエクスプレス関東鉄道の快速列車を乗り継ぎ利用することにより、最短1時間58分(下り)で秋葉原~真岡間を移動できるようになったので、真岡在住の秋葉系の方は石橋にばかり行かないでもっと積極的に真岡線を使ってあげて下さい、頼むから。

バス[編集]

宇都宮市への交通手段はもっぱらバスであるが、そのバスは途中中国の農村のような風景の場所を走るので、本国が中国の影響を強くいけている様子が伺える。あんまり言いたくないセリフだけどバスの路線ナンバリングがされてn(ry

道路[編集]

道路交通の分野においては、2008年3月15日に北関東自動車道宇都宮上三川IC真岡IC間が開通した。これにより宇都宮市街への移動時間は従来より約10分短縮されるので、遅刻しそうなときの切り札として使うにはそれなりの効果が期待できるのだが、使われていることはあまりない。

ただ東京方面については東北自動車道が真岡市から見てかなり西寄りのルートをとっていることが災いした。真岡ICから東北道経由の場合と、一般道区間は長いが距離で有利な国道294号線を南下し常磐自動車道谷和原ICを経由した場合のそれぞれ首都高小菅JCTまでの所要時間の差は道路時刻表によれば誤差の範囲内程度でしかなく、残念ながら大きな効果を上げるまでには至っていない。

車免許取ってBbだのCubeだのを乗り始めたやつらはこぞって上記の高速道路で150km/hを超すスピードを試し始める。特に隣国とうふ屋にはこれが人気で、大半が水戸ナンバーやつくばナンバーである。 こんなことができるのも、あまり使われていない高速道路だからである。

利用用途がとうふ屋のレースだけだということを考えると、まさ作らなければ幸せだった、なんでもないようなロードである。

関連項目[編集]

この項目「真岡市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)