省エネルギー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
省エネから転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「省エネルギー」の項目を執筆しています。

省エネルギー(しょう - ,略称省エネ)とは、なにかを省くときに発生する、運動エネルギー、位置エネルギー、エネルギーの総和である。

発生例[編集]

体内のガスを省いている。大量の熱エネルギーを発生させている。

殺人[編集]

殺人により人を省く場合、刺殺では運動エネルギーを利用して突き刺し、崖から突き落とすなら位置エネルギーが発生する。燃やす時は熱エネルギーが生まれる。これらの殺人をまとめて行う時(刺しつつ火を放ちそのまま崖へ)のエネルギーの総和が、省エネルギーとして表される。

ノーネクタイ[編集]

ネクタイをはずす時ネクタイの落下と摩擦で生まれたエネルギーが省エネルギーである。クールビズはこのエネルギーの発生で一時的に無効化される。

ダイエット[編集]

脂肪を燃やすと言う表現があるが、運動時の運動エネルギー、その振動により揺れた細胞の熱エネルギーが省エネルギーとして扱われる。よってダイエットの「脂肪を燃やす」はただ燃やすだけではない。

機関[編集]

省エネルギー発電を実現すればゴミを排除するときに発電が可能である。他にも、石油天然ガス、ダム湖のを排除する際の発電が可能で今と同じ程度(原子力発電は除く)の発電量を排除のみでまかなえることになる。「チーム-6%」や「クールビズ」「ウォームビズ」のキャンペーンはこの発電法を開発するための実験であり、各企業も「エコ」や「ハイブリッドカー」等で研究を重ねており、この機関を利用した冷蔵庫(中の物を省く事で発電する)の開発が見込まれている。

関連項目[編集]


214.gif この記事、「省エネルギー」は、地球温暖化によって、文字が溶けてしまい、厚みがなくなりました。
あなたたちの1つ1つの努力で、この記事を元の姿に戻しましょう! (Portal:スタブ)