相馬市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「相馬市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「相馬市」の項目を執筆しています。

相馬市(そうまし)とは、福島県浜通り太平洋沿岸)の北部にある馬追い祭りでおなじみの旧城下町である。

概要[編集]

全国の中村さんには言わずと知れた旧城下町で、戦国時代後半から戊辰戦争終結まで、馬追い祭りでおなじみ相馬家の本拠地だった所である。相馬家領は徳川藩政時代に「中村藩」と呼ばれていたが、この「中村」が現在の相馬市中心部である。毎年夏になると、相馬家の居城・中村城の城跡の近くで馬追い祭りが開かれることで有名である。

1954年3月31日に市制を敷いたが、市庁舎が中村城の近くに位置する為に、本来なら城下町市名で『中村市』にするはずであった。しかし、同日に市制を敷こうとした高知県の中村と『中村市』名称を巡って対立し、こちら浜通りの中村が本拠地にした大名の姓で『相馬市』となり、高知県の中村が『中村市』となることで決着した。幾つもある城下町の中で、城下町名ではなく、城主の市名にした最初の例である。実際、『相馬市』成立から12年半後の1966年10月1日には、岩城家の本拠地だった浜通りの平が『平市』から『いわき市』に改名している。

もはや宮城県[編集]

福島県中通り会津地方よりも、浜通り同士(双葉岩城など)や宮城県沿岸部(亘理岩沼仙台など)との関係が深い。これは、福島市(中通り)や会津へ行くには阿武隈山地を越えねばならず、会津に至っては郡山まで出ないと行き難い(会津より、山形県米沢の方がまだ近い)のに対して、浜通り同士や宮城県には同じ沿岸平野で楽に行けるからである。交通網も、浜通り同士よりも宮城県の方が便利である。

また、テレビやラジオでも、中通りのテレビ局やラジオ局なんて眼中になく、仙台(宮城県)のテレビ局やラジオ局を視聴している。実際、地デジのエリアでは、ここ相馬も宮城県として扱われている。

歴史[編集]

岩城佐竹の属国」と呼ばれてるのと同じく、「相馬は伊達の属国」と呼ばれており、宮城県南部との関係が深い。

相馬家は、平泉遠征から戊辰戦争終結までの740年間に亘って、宮城県南部の常磐線沿線(浜通り夜ノ森以北)を統治して来た大名であるが、関ヶ原で佐竹義宣水戸)に与した為に、一度浜通りの旧領を没収された。関ヶ原以前は、相馬家(中村、小高)と伊達家(岩出山)が睨み合ってる状態で、相馬家が中村と小高に二つ本拠地を構えていた。

ところが、関ヶ原の結果として中村城と小高城を没収された相馬義胤は、宿敵であった伊達政宗とは関ヶ原終戦時に領内通行を許した為、義胤は政宗に対して、「お願いします。(本多)正純公に旧領復帰を嘆願して下さい」と跪いた。すると、政宗は「…好かろう。説得してみせる。」と義胤の旧領復帰で動き回った。このお陰で、相馬義胤は1611年に中村への復帰を果たし、本拠地も小高と中村の二極体制から、中村の一極体制に転換された。これ以来、「相馬は伊達の属国」と呼ばれる、宮城県にベッタリな関係が現在まで続くことになる。又、関ヶ原では相馬義胤(中村)と岩城貞隆飯野平)が佐竹義宣(水戸)に与した影響で、国鉄鉄道管理局とJR支社のエリアでは水戸支社に入れられている。

そして、1868年の戊辰戦争では、南隣にいる安藤信正磐城平藩が、長州藩率いる明治政府軍に攻撃され炎上したのと同じく;二宮金次郎の妻子を迎え入れた相馬充胤の中村藩も、長州藩率いる明治政府軍に攻撃され炎上した。相馬充胤も当然「明日は我が身」となり、中村城は解体され、明治政府軍からは「馬追い祭りは禁止だ!やりたけりゃ賠償金を払え!」と金品を強請られた。そして、1872年1月9日には中村と平(戊辰戦争前の磐城平)が同じ県に入れられたが、1876年8月21日には、中村と平は、会津と同じ県に入れられてしまった。この時、旧中村藩士や中村城下の民衆が、「せめて中村の馬追い祭りだけでも復活させて下さい…」と明治政府の官僚に嘆願したのは有名である。

広島と長崎の二発で明治政府が消滅すると、明治政府の末裔は、中通り福島市の行政屋と結託して、中村城と磐城平城から等距離の地点にフクシマをごり押しした。1988年3月に常磐高速道路が岩城(平)まで開通すると、190km南に位置する水戸の行政屋も引き連れて「早く相馬(中村)まで!早く仙台まで!」「松川浦と馬追い祭りがあるだろ!」と福島県庁に行脚するも、中通り一辺倒の福島県知事に一蹴され、叶わぬ夢になってしまった。

地域[編集]

相馬市は、大きく分けると国道6号バイパスより山側の中村地区、国道6号バイパスより海側の原釜(松川浦)地区に分かれている。

山側[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中村 (相馬市)」の項目を執筆しています。

全国の中村さんにはおなじみの土地。城下町地区で、馬追い祭りが開かれているのはここ。本拠地名である「中村」という地名は、坂上田村麻呂がベースキャンプ地を構えた時に、「平野が細長い。でも凹凸海岸が近いから、ここが中心地の『中村』で好いよな!」と提案し、子分たちが「いいとも!」と賛同して決定されたというのが有力な説である。

常磐線の「相馬駅」は、当初は「中村駅」を称していた。前述の『中村』市名争奪戦が発生した1954年3月当時は、こちら浜通りの中村(奥州中村)が「中村駅」を称しており、高知県の中村(土佐中村)には鉄道がまだ開通していなかった。

海側[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「松川浦」の項目を執筆しています。

松川浦や漁港の所在地はここ。「助川以北は平野が少なく、海岸がしょぼい。」と呼ばれる中で、松川浦は、小名浜・四倉・松島と列んで、凹凸が目立つ海岸になっている。これだから、坂上田村麻呂や相馬家が、松川浦からちょい山側に城を構えたんだろう。このせいで、松川浦を不思議がった部外者からは「相馬芋湖」と呼ばれている。

なお、四倉よりは亘理の方が近いので、馬追い祭り以外の季節には、亘理のはらこ飯と一緒のグルメツアーが定番である。

この木なんの木[編集]

相馬市の南部には、日立製作所の所有地として「この木なんの木」が立っている。これは、日立が中村(中心部)に工場を出そうとしたが、中村の住民から肘鉄を食らい、南部に日立の所有地を立てたことに由来する。駅名も小学校名も「この木なんの木」であり、発車ベルや小学校のチャイムも「この木なんの木」である。なお、日立の工場は、もっと南の原町と浪江にも立地している。

一方、相馬家の発祥地である姉妹都市の流山市は、の隣町なので、日立がスポンサーのJリーグチーム・柏レイソルの地盤としてもおなじみである。しかし、柏サポが歌う応援歌には、中村藩歌である「相馬流山」は使用されていない。

名物・キャラ[編集]

中村馬追い祭り
中村城下で開かれる馬追い祭り。中村城下を行進する時には、旧中村藩の藩歌である「相馬流山」が斉唱される。
中村城公園に厩舎もあるよ。
はね駒
本来は、相馬家当主に性格が似てる、中村城下で育った女性ジャーナリストを指す語であったが、「おてんば娘」の代名詞になっている。
ほっき貝定食
松川浦で最も定番の定食がこれ。
相馬駒焼き
浪江の大堀陶器と同じく、中村藩時代に創業した陶器。
和菓子
浪江が陶器よりも焼きそばで有名になったが、中村城下は和菓子が名物食品。DASH村が原発事故で潰滅する前には、DASH村御用達の菓子屋もいたとか。

関連項目[編集]

関連人物[編集]

関連都市[編集]

  • 岩出山町:16世紀後半の伊達家の本拠地。
  • 仙台市:関ヶ原以後の伊達家の本拠地。
  • 名取市:空港では名取空港が最も近い。
  • DASH村
  • フクシマ:大熊町の遺跡。旧相馬家領の南端に位置。
  • いわき市:岩城家や藩主安藤家の本拠地。城下町市名は「平市」。
  • 水戸市:佐竹家や水戸徳川家の本拠地。関ヶ原当時、相馬家と岩城家の「宗主」都市。
  • 流山市:相馬家の発祥地。姉妹都市。
  • 中村市:こちらは戦国時代の一条家の本拠地。高知県。
  • 名古屋市:尾張徳川家の本拠地だが、名古屋駅周辺の地区名が「中村」。「中村郵便局」の所在地。
Hammer and sickle.png この項目「相馬市」はまだ書きかけということを認める。ソビエトロシアでは、この項目があなたを加筆する!! (Portal:スタブ)