相模線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「相模線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「相模線」の項目を執筆しています。

相模線(さがみせん)とは、関東地方の主要大都市である茅ヶ崎海老名橋本(相模原市)を結ぶJR東日本の都市間路線である。

特徴[編集]

相模線は全線単線である。これにより、線路の専有面積を少なくし、環境負荷と周辺地権者への負担を最小限にしている。複線にする駅を間違えたり少なかったりで何分も行き違いで待たせているみたいだがこれも環境のため気にしない気にしない。

沿線は大都市圏であり、どの駅も需要が高く利用者数の差が少ないため、快速運転を行うと停車駅と通過駅の住民の間で抗争が起こるおそれがあった。このため、今日に至るまで全列車が全ての駅に停車している。全ての駅の利用者を差別しない路線として知られている。

神奈川県最後の非電化区間であったにもかかわらず、1991年にこっそりと電化した。これに関し、まだ非電化路線のある東京都を含めた関東全域から神奈川県知事に対し「裏切り者」との電報が届いたが、これに対抗し、黙れ俗物ども! と返答したのは有名である。これにより、東京都を含めた関東全域で非電化路線が残るのは唯一八高線烏山線水郡線久留里線いすみ鉄道関東鉄道だけである(けっこうあるじゃん)。しかし、八高線の起点でもある八王子駅に行くと電化している。この、うそつき、と思い込み。しかし

沿線はサクラの名所が多く、CLANNADダ・カーポのロケも行われている。

何故か女性の車掌が多い。

使用車両[編集]

205系500番台

使用車両は首都圏ではお馴染みの205系であるが、相模線専用に新造した500番台を用いている。そのスタイリッシュな外観は周辺住宅地の地価向上、地域活性化に大きく貢献している。

走行機器もカスタムチューンされており、非常に高い走行性能を誇る。しかしこの性能向上が仇となり、車両コストは高騰した。それ故4両編成での落成となり、他線への配備もできなかった。

車内設備で特筆すべきなのはJRが最新の科学技術で開発した高性能の保温装置を設けていることである。これにより、駅停車中でも快適な車内環境を維持できる。操作は乗客に任されている。なお、設計ミスにより車外の操作パネルに不備があり、車外から閉鎖操作ができない。下車時には最後の乗客は車内側パネルで閉鎖操作した後、素早く下車することが求められる。これを怠り解放状態のままにすることは非常に危険であり、場合によっては駅長権限、あるいは車掌権限にて操作を怠った乗客に対して制裁が行われる。また、初めて相模線に乗る人の中には自動ドアと勘違いして、開くのをひたすら待つ人もいる。普段から相模線を利用している人から見ると実に滑稽極まりない。

なお前面は設計ミスにより開かない。どうやら将来、地下鉄乗り入れ型を作ろうとして相模線の新造車に試験的に採用しようとしたという噂があるが…。

主要駅[編集]

茅ヶ崎駅
相模線の起点であり、東海道本線の乗り換え駅。自転車問題を抱えている。
北茅ヶ崎駅
一見こぢんまりとした駅だが周囲に点在する兵器工場の重要な輸送拠点である。
香川駅
詳しくはリンク先参照。
寒川駅
寒川町の中心駅。駅前のロータリーには羞恥プレイを受けてる裸婦の像が立っている。
宮山駅
寒川神社の最寄り駅。正月三が日のみ混雑する。それ以外の日は……言わなくてもわかるよね?
ここに連れていかれる客もいたりいなかったり。
社家駅
しゃけと読む。社家とは神主さんの家系を表すらしい。実際、社家という苗字は少ないが実在する(13世帯)。少なくとも魚の名前ではないようだ。まったく、海はないのかよしゃけ食いてーな。
アナウンス時に「次は、社家だああああああ!!!」と叫んだり叫ばなかったり。
厚木駅
厚木というのは名ばかりで海老名市にある。厚木と思って降りてしまうと途方に暮れる。小田急への乗り換えは海老名よりもこっちが便利だが。ただし、小田急線は各駅停車と区間準急のみ停車する。小田急線利用者が相模線に乗りかえる場合、海老名駅にて長々と歩くか、厚木駅で、各駅で降りて、乗り換えるかのどちらかのプレイである。数年前にホームが改築されて便利になった。
海老名駅
実は国鉄最後の新設駅。茅ヶ崎方面の一部の電車が折り返す。
他路線への乗り換えが不便すぎる。延々と陸橋(眼下には広大な駐車場)を歩くハメになる。
入谷駅
某ラノベの舞台とか台東区の入谷駅と間違えられる、田んぼしかない駅。うっかり降りてしまうと途方に暮れてしまい、警察署にたどり着く。
終日無人駅である。
番田駅・上溝駅・作ノ口駅(仮称)・南橋本駅
詳細は中央区 (相模原市)#ガミセンの駅を参照。
橋本駅
相模線の終点であり、横浜線京王相模原線中央新幹線(予定)、和歌山線南海高野線京阪本線福岡市営地下鉄七隈線が乗り入れるターミナル駅。連絡通路は900km以上でギネス申請中。

沿革[編集]

  • 1944年 - 戦時下であり、来たるべき決戦に備え、相模鉄道から買い取る。
  • 1945年 - 来たるべき決戦に備え、超弩級装甲列車『大和』(命名の由来は本線近隣の神奈川県大和市から)が、地上戦闘のために『司馬遼太郎 大戦車隊』が本線上と付近一帯に配備される。
  • 1980年頃 - 複線化の話が持ち上がるが、自然環境保護のため中止。使用車両の性能向上で対処することが決定される。
  • 1991年 - 沿線のCO2削減計画の為、電化される。
  • 1990年代 - 石丸電気のCMソングの一バージョンの一節「石丸石丸五重丸」にどことなく妙に似た発車メロディを多数の駅で採用する。
  • 最近(2009年現在)は車両近代化に伴いドアホーンの設置、優先席付近の吊革の更新、パンタグラフの更新など行われているが沿線住民は全く気がついていない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「相模線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)