直方市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「直方市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「直方市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「直方市」の項目を執筆しています。

直方市(のおがたし)は、福岡県北部に位置する筑豊の代表都市である。

筑豊炭田の鉱工業都市として名を成したが、いまでは北九州市直方と呼ばれるなど、紛争が頻発している筑豊からの離脱を模索する動きもみられた。

概要[編集]

筑豊で初めてに昇格したため、「筑豊の筆頭」にあげられるが、長年にわたって筑豊三都(直方飯塚田川)の力は拮抗しており、まさしく「ドングリの背比べ」というべき状況である。近年では、直方が門司小倉若松八幡戸畑市の勢力に呑まれ、飯塚が「筑豊の中心都市」を勝手に名乗ったことにより、筑豊の三竦みは崩れつつあるとする意見もみられる。いずれにしろ、このままではドングリの芽吹く日は永遠に訪れないであろう。

もち米の生産が盛んであり、人々の意識の中で作り出された「餅団子村」なる不可解なが存在し、白い粉白い悪魔と呼ばれる麻薬食品兵器を製造していることが知られている。さらに、村内には「餅乃神社」なる神社が鎮座しており、毎年正月に大鏡餅、7月に葛餅が奉納されているほか、煎餅が毎日欠かさず供えられている。

石炭業の隆盛によって成金が続出したが、うずら豆の投機に失敗した不幸な人間もいた。ところが、余ったどら焼きに似た和菓子をつくり、それが売りに売れたことから、その菓子は成金饅頭と呼ばれることになった。砂糖の道・長崎街道が通じていたことも無縁ではないであろう。

地理[編集]

福岡県の無法地帯こと筑豊にあり、市の中心部を遠賀川が貫き、彦山川や犬鳴川が合流する「筑豊の玄関」である。筑豊の奥地(飯塚周辺)は、非常に貧しいため治安が悪く、衣食も頭も足りていなければ礼節も恥も知らない基地外ばかりであり、直方はその序の口であると喧伝されているが、これは筑豊を好ましく思わない福岡市の謀略である。真っ赤なに踊らされてはならない。

北に隣接している北九州市の経済に依存するところが大きいため、北九州市との合併も考えられたが、福岡県と福岡市が「北九州市発展妨害工作」の一環として、「鶏口牛後」を引き合いに出し、直方市民の自尊心を煽ったため、直方区設置論争は沈静化している。北九州市の一挙一動に左右されることは問題であるとして、北九州市と筑豊のいずれにも一定の距離を置き、まずは直鞍地区の結束を強固なものとすべきという論調に傾いていった。

歴史[編集]

かつては「東蓮寺」といったが、廃仏派によってが焼き払われ、地名も直方と改められた。江戸時代小倉から長崎に至る長崎街道が整備されたが、直方は「筑前六宿」に含まれないことから、正式な宿場ではなかったとされている。

遠賀川の水運と数多くの炭鉱によって栄えてきたが、炭鉱が相次いで閉山し、大きな傷を残すこととなった。産炭地の暗い歴史に目を背けて、すべてをなかったことにして、混沌とした市街地を花々で飾り立てているものの、惨憺たる印象を拭い去ることは容易ではなく、所詮は付け焼き刃に過ぎないことは明白であり、そもそも筑豊に花など似合わないと発言する市議会議員も存在した。

平成の大合併では、直鞍新市の名前が「目の毒」に決まりかけ、危うく黒歴史を刻むところであったが、合併は物の見事に白紙となった。豊かさに憧れるあまり「筑豊」の「」の字はおろか「」の字まで見落としてしまうとは何とも皮肉である。

交通[編集]

筑豊で初めて鉄道が開通した土地であり、筑豊における交通の要衝であるといえる。新幹線高速道路が通じているが、肝心のインターチェンジが設置されていないなど、あと一歩というところで不本意な結果に終わっている。

筑豊本線の一部と篠栗線は、電化を機に「目も当てられない」という愛称がつけられたが、福岡県内に「福岡駅」も「北九州駅」も存在せず、「目の毒」に相当する豊国田川周辺)に乗り入れていないことから、詐欺同然の名前といっても過言ではない。

おまけにこの路線を走る特急電車は、地元出身の史上最多のカド番大関にあやかって「かいおう」などとイタイ名前をつけている。そんなもんしかつけるものがなかったのかよ。

関連項目[編集]


この項目「直方市」は、執筆者が成金だった可能性もありますが、明らかに貧相です。もっと福々しくして下さる投機家を求めています。 (Portal:スタブ)