直島

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
直島町から転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「直島」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「直島町」の項目を執筆しています。

直島(なおしま)は、瀬戸内海に浮かぶ。一応うどん県に属する。島のキャラクター「すなおくん」とは裏腹にひねくれた芸術作品が多数存在する島である

概要[編集]

進研ゼミでおなじみのベネッセコーポレーションが「教育的指導賞」を受賞するほどの禁則事項ですぶりをカモフラージュするため、本社のある大都会岡山に近いこの島をナウいアートの島として開発したことにより世界的に注目を集めている島である。

うどん県が「うどん県 それだけじゃない うどん県」と必死にこの島のアートをPRしているものの、ベネッセと名のつく施設が多いうえに島の位置が極端に玉野市に寄っているため多くの人に岡山県と誤解されており、「うどん県はやっぱりうどんだけ」との印象を来島者に与えている。島内にうどんの影が薄いのもその原因だ。

この現状を打破するためうどん県は満弦ヶ崎中央連絡港市からのロケットによる超高速輸送を画策している。

[編集]

小さな島なのに、船が発着する港が3つも用意されている。

宮浦港
島がベネッセの植民地になったことがよく分かる表玄関。港が海の駅になっている。岡山便より高松便の方が便数が多いのだが…
本村港
東海岸の住民向けの港。発着便数は想像通りだが、観光客をこちらへ強引に誘導するために、便が維持されている。海の駅はないが、経営上は舟が海に沈む状態。
風戸港(せとこう)
あなたが錬金術師でないのなら、ここ行きの船は全力を挙げて見逃せ

観光地[編集]

  • 地中美術館 「建物自体が作品」というコンセプトなので建物の壁を触ることも許されない。うっかり触ろうものならお察し下さい。あまりの人気で入場が数時間待ちということもあり、それを聞いた観光客が「ムンクの叫び」のようになることでも有名。また、普通に敷地に入ろうとすると、入場チケットを持ってないという理由で外へ出されることでも有名。入館料の法外な高さの割に、展示物が異常に少ないことでも有名。
  • ベネッセハウス チャレンジ勧誘漫画の歴史を一堂に展示しているマンガミュージアム。最後のチャンス!と勧誘された小学生のお子様連れに便利なホテルが併設されている。ベネッセハウスの展示品はベネッセの教材を超えた内容のことばかりであり、本業が如何に受験用のためであるかがよくわかる展示品構成になっている。ベネッセハウス一帯はシーズンになると自動車禁止になり、学習者の子供に優しい設計になる。
  • 李禹煥美術館 RPGの世界を体験できるダンジョン。
    • 「出会いの間」 すれ違い通信でパーティーを作る。DSを持ったギャラリーが多数集まる様は人呼んで「直島のヨドバシカメラ」。
    • 「沈黙の間」 魔法が一切使えなくなるのでポーションを多めに用意すること。エリクサーでも可。
    • 「瞑想の間」 なんとギャラリーのきずがみるみるふさがっていく!
  • かぼちゃ 草間彌生の水玉かぼちゃを巨大化したオブジェ。と黄色があり、島を代表する撮影スポット。歴史のない島だけに、こうしたオブジェがシンボル化できた。
  • 家プロジェクト 何かの古民家を芸術に改装したオブジェ。普通の家であり、間違っても何かのProjectの拠点ではない。 
  • 直島銭湯 現代アートの名のもとに建設された、ぴーな銭湯。
  • セブン-イレブン かつて本州に渡った四国人が崇拝することで知られていた伝説コンビニ。四国一号店。
  • 三菱マテリアル直島製錬所 往年の超人気テレビ番組クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」の賞品、ゴールドプレートを生産していたことで知られる。錬金術師に会えるとの噂。
  • 007記念館 007という危険人物を香川に呼ぶためにできた記念館まがい。ただ、ロケ地競争で長崎の軍艦島に先を越され、実現は700年くらい後に。
  • ANDO MUSEUM ドラマ「安堂ロイド」のPR施設。TBS検閲により削除に視聴率の倍返しを厳命されたために系列局の山陽放送に命じて作らせた。この他全国でなりふり構わぬ宣伝が行われたが視聴率はお察し下さい

関連項目[編集]


この項目「直島」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)