目隠し

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「目隠し」の記事を執筆しています。

目隠し(めかく-)とは、目を中心とした顔部分を隠すことで氏素性を隠匿したり性的興奮を増大させる行為である。

概要[編集]

さまざまな目隠し。素性を伏せると共に興奮を誘うのが見てとれる。

」隠しとは言うが、顔のパーツを手等で隠す行為全般を指す[1]。「目は口ほどにものを言う」という言葉があるように、目元を隠すと表情が極めて読みにくくなり、また人相判別が行えなくなる。その為泡姫など風俗関係業務の紹介写真では、目元や口元を隠すことで素性を伏せるのが一般的である。簡単な所では目を黒線(所謂このようにして目元を完全に隠す)で隠すだけでも、個人判定が非常に難しくなる。だからこそプライバシー保護の為に、写真に黒線を入れることが多いのである[要出典]

また目隠しをさせる側にとっては、視界を制限したり顔の造作を判別しにくくすることで性的興奮を掻き立てるという一面も存在する。特に両目を隠している場合、相手は前が見えないものとして認識し「相手の思惑を越えた行為に及べる」という錯覚[2]を催す事が知られている。目隠ししたまま唇スレスレに亀頭を近づけてしごいたり、頭頂部から大量の精液をBUKKAKEたりして、状況を把握できないまま戸惑う姿を見て興奮するのである[要出典]。更に顔の一部を伏せればそのイメージは大きく変わり、例えタイプでなかろうがブスだろうが問題なく興奮出きるようになる。

目隠しに使われる器具・用具・建具の例[編集]

アイマスク
目元だけを覆い隠す専用マスク。安眠用にドラッグストアなどで販売されており、入手は容易だが密着率は低い。
両手が使える場合は簡単に外せる為、プレイ内容によっては興が冷めやすい。
仮面
顔全体を隠すことが可能なもの。顔の造作を完全に隠匿する為、高い興奮度を誇る。
普段から使えるようなものではなく、また総じて高価なのが問題となる。モノによっては悪と戦う超戦士のコスプレ扱いされることも。
ガムテープ
隠したい場所だけをピンポイントで覆い隠せる上、コンビニエンスストアやホームセンターなどで安価に入手可能。
剥がすときがとにかく痛い。グルグルと巻いた場合、髪も肌も荒れ放題になる。
最も原始的で汎用性の高い目隠し。
全面的に協力してくれる間柄でなければ成立しないのが、最大の問題。
似たようなものとして、手ぶらと言うものが挙げられる。
鉢巻
主にゲームで使われる目隠しである。
ルールとして装着し、スイカ割や、太鼓の達人などを行う。
生垣
住宅街の一角にある火葬場など、隠蔽したいものを隠すための、大掛かりな目隠し。
上記までの例とは、ベクトルが異なり、人体ではなく環境的に作用する目隠しである。
障子
外部からの視界を遮断するための目隠し。
ただし、「壁に耳有り、障子に目有り」の諺が示すとおり、目隠しとしての隠ぺい力は不安定である。
レースのカーテン
主に、銭湯の番台と女性脱衣場の間に使用される目隠しである。
「見えては困るが、見えなさ過ぎても困る」と言う場合に、詳らかになる事を避けつつ存在のみは判明する相反する隠ぺい力が必要な箇所で、用いられる目隠しである。


Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 九十九里浜が九十九里無いのと同じで、日本語の表現技法としてこういった例は数多い。
  2. ^ 風俗店の目隠しオプションの場合、アイマスクや仮面にピンホールが打たれていて視界を確保しているのが普通である。

関連項目[編集]