眼球

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
から転送)
移動: 案内検索

もしかして: 目玉の怪物

眼球(がんきゅう)とは、ものを見るのに必要不可欠な器官であると同時に、そこを見ることで目の前にいる人物が本当にただの人間かどうか素早く判断することができる場所である。

概要[編集]

眼球は顔に二つ存在しているが、これは事故やけが、病気などで片方の視力が失われた際にもう一つのほうで補うためだと思われる。その際、かたほうの視力が失われていることを隠すために眼帯をしているものが多い。それをつけるとガーゼのようなものだと痛々しいが、ほかのものだとちょっとカッコよくなるということが知られている。しかしそういう眼帯を身につけているのはなぜか大体が2次元世界の海賊か、すごく強い、または強かった人である。「心眼」と呼ばれる第三の眼があるとも言われているが、あるのかどうかわかっていない。「あるのかないのかどっちなんだ」

[編集]

目にとってまばたきは欠かせない。

普通の人の眼は丸い瞳孔で左右の眼の色は同じなのだが、人間以外または常人をはるかに超えた人物だとこんな風に違う。

  • 瞳孔が蛇のように縦に細長い

こんな目をした人を見かけた場合は、「例のあの人」である可能性があるので全速力で逃げるか、「姿くらまし」 をした後、魔法省に通報する必要がある。しかし、もし本物の「例のあの人」だった場合、逃げおおせるのはほぼ不可能だろう・・・。!?だ、だれだおまえは!はっ!そ、その眼はまさか・・・ぬわーーーーーーー!!

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。
  • 感情が高ぶると目が緋色に染まる

某少数民族の生き残りかもしれない。クモは見せないことを強くお勧めする。

  • 左右で眼の色が違う

特別な人種と人間のハーフか、ただカラーコンタクトレンズを片方つけわすれているだけの人だろう。召喚士でも褐色の肌の露出度の高い服を着た巫女でも、翠星石か愉快な仲間たちでさえないばあいはほとんどが後者だと思われる。

  • 緑の眼で瞳孔が渦巻き型

話しかけても言葉が通じないかも。だって種族が違うし。

  • 赤い眼に時計によく似た瞳孔

なんか黒い大きな物体の時を止める力をもつものが封じられてる気がするんやよ。

  • 明るいのに瞳孔半開きの人

黒い服を着た警官と、危険な雰囲気の人と二種類あるがどちらにしろ近寄らないほうが得策である。

本当はカラーコンタクトだけど…
  • 赤い目で、目の中に勾玉のような模様がある。

どう見てもあの一族の人のものです。ありがとうございました。

  • 死んだ魚のような眼をしている。

いいんだよ、いざって時はキラめくから。

  • 目が、目があああ!!

見ろ、人がゴミのようだ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「眼球」の項目を執筆しています。
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情テラ豚丼が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
この項目「眼球」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)