盛岡市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「盛岡市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「盛岡市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「盛岡市」の項目を執筆しています。

盛岡市(もりおかし)は、日本東北にある都市で、盛岡県の県庁所在地である。

県都・盛岡[編集]

「盛岡県」の県都として、県内最大の人口規模を誇る盛岡市は、かつて存在した「岩手県」の県都であった。しかし様々な弊害から市民運動が巻き起こり「脱いわて」を合言葉に盛岡県を成立、現在に至る。この廃県置県のみならず将来的には「廃県置藩」を実行すると見られる。岩手県を廃止させるに到った経緯は、下記の理由から同一県としての一体性に無理を生じせしめていたためである。

  • 久慈・二戸地方は、実質的に青森県(現在の八戸県・津軽県)であった。
  • 平泉地方が、宗教的観点から聖地・平泉を基盤に自主独立を宣誓(900年ぶり)。
  • 一関地方の人々は盛岡発の情報をスルーし、専ら仙台発のテレビ番組しか見ていなかった。
  • 盛岡~沿岸地域と、盛岡~東京間の時間距離が互角。

上記の理由から、現在は「盛岡県」「八戸県」「三陸県」「奥州平泉市国(暫定政権)」に分立している。

市勢[編集]

仙台市に次いで、東北で2番目の規模を誇る盛岡市は、城跡区を筆頭に、前潟区・本宮区・都南区・玉山区の5つの行政区から構成される政令指定都市である。この他、「雫石ウイグル自治区」「滝沢チベット自治区」といった酪農・放牧を中心とする自治区とがある。 また近年、高等医療教育機関及び米国資本の進出で、特例的にめざましい発展を遂げる「矢巾特別行政区(経済特区)」があったが、2015年に不祥事を起こして以降事実上管轄は別となった。 青森・秋田両県だけでなく、北海道新幹線の開通により北海道南部、さらには宮城県北部からの流入が顕著で、人口規模は年々増加の傾向にある。 本宮区には、「盛岡県遠野市」の飛び地がある。

  • 市花:石割桜(盛岡市の花崗岩土壌にしか自生しない新種。国指定特別天然記念物)
  • 市木:一本桜(盛岡を代表する老舗旅館「加賀美屋」附近にある。連続テレビ小説「どんど晴れ」で有名になった)
  • 市鳥:白鳥(毎冬シベリアからやってくる白鳥を通じて、盛岡市はロシア共和国と交流がある)

市名の由来[編集]

1789年、シベリアのイルクーツクに滞在していた「アダム・ラクスマン」が、盛岡藩所有の材木をロシアへ移出するため大黒屋光太夫の手引きで現在の盛岡を訪れた際、「モリョーカ Морйока」と名づけたと伝えられる。その後、江戸後期の天保年間、飢饉に際して将軍家へ上納軽減文書持参の際に正式に「盛岡」の文字が当てられ、現在に至る。

また現在、盛岡の名産とされる「じゃじゃ麺」は、天保の大飢饉の際、韃靼(モンゴル)からもたらされた救荒食の一種と言われ、そのルーツを「刀削麺」に見る説が強い。「じゃじゃ」は、盛岡弁で驚き・喜びを表す際の間投詞で、米に代わる糧との出会いを伝える命名として、広く市民に知られている。市のキャッチフレーズは、「冷麺、じゃじゃ麺、僕わんこそば」である。

行政区[編集]

  • 城跡区:「盛岡城」を中心とする地域。先の戦争で既に城郭は存在ぜず、復元もしていないため、シロアトと読ませることに躊躇する声が多く、なるべく意味不明なものにと「ジョーアト」に落ち着いた。区名の定着を図るため、当局は突如「岩手公園」を「盛岡城跡公園」へと無理矢理名前を変更した。防衛上の機密事項であるため、ここへ到る経緯・詳細は一切明らかにされていない。軍事機密保持の観点から、行政中枢は「イオンタウン盛岡駅前」に移転している。また同中枢に隣接して「イオンバイク盛岡駅前」が整備され、帝都の円滑なる人民輸送に貢献している。
  • 前潟区:交通の要衝にあって人民の東西交流を監視せしめる防衛拠点「イオン盛岡ショッピングセンター」を中心とする区。合衆国文化を紹介する唯一無二の文化施設としての側面もあり、「GAP」「スポーツオーソリティ」といった優れた社会教育施設を包含する。映画館の誘致に失敗し、空きスペースに北のショーグン様が居座っている。
  • 本宮区:新都心の中心部に置かれた防衛拠点「イオン盛岡南ショッピングセンター」を中心とする区。ゆいとぴあという夢あふれる地名がついている。
  • 都南区:盛岡南サティを中心に開かれた区。同店の閉店後(本宮区へ同名の店舗が再開店した)は、「マックスバリュ津志田」に中枢機能が移転している。
  • 玉山区:「イオンスーパーセンター盛岡渋民店」を中心とする区。市内唯一モーテルがあることで有名。
  • 「雫石ウイグル自治区」:牛を神と崇める自然崇拝が残る、優れた酪農地帯である。東北新幹線が通過する雫石駅を有する。標高は盛岡より100m高く、うかつに攻め込むと高山病などをおこす。小岩井農場という大規模酪農基地があり、宮沢賢治すらここの魅力にとりつかれた。各地に温泉がある。マックスバリュは無く、ビッグハウスが代理業務を行う。
  • 「滝沢チベット自治区」:馬を神と崇める自然崇拝が残る、優れた放牧地帯である。農業研究の世界的拠点センターがあるが、機密事項が多いため、一般人民の往来は固く禁じられている。自治区が自ら馬を保有することで知られ、信仰の高さがうかがわれる。

ニュータウン[編集]

盛岡市内には、首都圏同様各地にニュータウンがある。手代森ニュータウン桜台ニュータウン青葉台ニュータウンなどがそれである。ディベッロパーが見得でつけた名前には違いないが、多くの岩手県民は気にしていないから別にいいのだ。過密化が進む大都市・盛岡の人口分散政策の成功例として、各地から注目されている。

工業団地[編集]

高速道路・鉄道・空路で日本各地と結ばれた盛岡市は、日本の工業製品の一大供給地でもあり、多くの工業団地を有する。玉山区渋民には盛岡工業団地,滝沢区小岩井には盛岡リサーチパーク,矢巾区広宮にはトラックターミナルを併設した流通センターなどがそれであり、日本有数の工業集積都市としてその名を轟かせている。なお、各工業団地で空き地のように見えるのは、立地企業の専用の庭であり、環境への配慮や、社員の福利をその目的とする、他の工業地帯に類を見ない最先端の設備である。

盛岡3大麺[編集]

盛岡冷麺、わんこそば、じゃじゃ麺を総称して、盛岡三大麺と呼ぶ。

盛岡冷麺は、戦時中(前九年の役)、南部煎餅を作った残りの小麦粉を用いて、戦地でも食しやすいものを、との創作から、兜を鍋にして茹で、帝に献上したのが始まりである。

盛岡冷麺はのちに、朝鮮半島へ伝わり「そば粉」を混ぜて作られるようになり、現在の最もメジャーな「韓国冷麺」になった。

じゃじゃ麺は、大陸伝来の救荒食であるが、元来は源義経が平泉滅亡後も北へ逃げ延び、現在の盛岡の地で食した「冷麺」が起源である。その後チンギスハーンとなった義経の末裔が、父祖の地の荒廃を嘆き清の商人を通じて秋田から盛岡へ伝えたのが、現在の「じゃじゃ麺」のルーツである。

盛岡市の防衛戦略[編集]

盛岡は、中津川・北上川・雫石川に囲まれた天然の要害である。守りの要は、盛岡市中心にある盛岡城であるが、盛岡市の南北にそれぞれ配置されたイオンも重要な役割をもつ。また、玉山区に新たなイオンが配置された。このイオンは前出の南北イオンに比べると装備は劣るが、滝沢村の陸上自衛隊駐屯地と連携している。北東の玉山イオン、北西の陸自、南西の前潟イオン、南の盛岡南サティ、そして、市内外随所に置かれたイオンの連携砲台(平時はマックスバリュと呼ばれる)により、帝都を堅守している。

盛岡城[編集]

平時は「石垣」のみの武器格納施設であるが、一説には北朝鮮の核ミサイルを迎撃する能力を有するとされている。 もとより、外国からの砲撃に備えて滝沢チベット自治区に迎撃設備が設けられたのは、国防上、盛岡が高い軍事機密を有するためである。 城内唯一の建築物「彦御蔵」には、先の戦争で使用されたとされる化学兵器が残っているとされる、現在は立ち入り禁止となっており、彦御蔵も従来の場所から城内の別の場所へ移動されている。

志波城[編集]

平安時代に坂上田村麻呂によって作られた巨大要塞。盛岡県から岩手県に改称された際に、反対派の盛岡市民を鎮圧するための日本政府側の拠点として建造された。しかし当時の盛岡市長「阿弖流為」の指揮により盛岡軍が勝利し、志波城も盛岡軍によって陥落した(38年戦争)。現在では南部方面の軍事拠点として利用されており、毎年「志波城まつり」という名で一般市民を対象にした大規模軍事訓練が行われている。


また盛岡ジャスコの地下には巨大な地下通路があり、岩手山から円滑に戦車が通れるようになっている。実際、ジャスコの店員に聞くと無視されるのは、国家機密に属する情報であるためだ。

岩手を支持基盤とする小沢一郎氏が、「冷麺わんこそばまではわかるとして、じゃじゃ麺は若干無理があり、国民の理解を得るのは難しい」と国会会期中に発言したため、盛岡市民の強い反発を受け、「温麺が抜けていることを指摘する趣旨であり、じゃじゃ麺を軽く見ての発言ではない」として、実質的に前言を撤回している。現在は、じゃじゃ麺の消費拡大のため、「じゃじゃじゃTV」という宣伝番組を作り、ひたすら♪じゃじゃじゃTV~ じゃじゃじゃTV~ と繰り返し歌うことで洗脳を行っている。

南部せんべい[編集]

江戸時代、盛岡を治めた南部氏によって考案された携行食、野戦食である。今でも飢饉の発生する岩手県にあっては非常食、救荒食として大変重宝されている。 大きさは8cmシングルCDと、12cmCDの中間ぐらい。そのまま経口で頂く場合がほとんどであるが、岩手県北部では「せんべい汁」という鍋料理の具材にも使用される。

子供は南部せんべいの耳の部分しか食べないが、それは焼いている南部城大奥所属の奥方様がコカインを混ぜ込んでいるからである。 また、市内ではその耳の部分だけを集め商品化された「南部せんべいの耳」(岩手山のミミ)なるものがある。いわゆる合法ドラックの一種であり、当局の悩みの種となっている。

近年南部せんべいの人気が下降気味で岩手県は緊急対策として「チョコ南部」と言う南部せんべいを砕いてチョコで固めたお菓子を発売した。 味はいいのだが値段が高めでお土産コーナーに置かれたりしている。 それでも岩手でおみやげと言ったら「かもめの卵」が有名なおかげで燦燦たる現状である。

南部せんべい156cmの乱[編集]

1998年頃、かの有名なhyde氏が下々を引き連れ来盛。その際、「盛岡の食べ物は全部マズい。南部せんべいは人間の食べ物じゃない。鹿せんべいの方が旨い。」と発言。この発言に激怒した盛岡県知事が「hyde禁止」の緊急勅令を議会の承認なしに下す(但し、事後承認あり)。県下のCDショップや書店からhyde氏に関するもの全てが消え失せた。 事の重大さに気付いたhyde氏は、のちに出演した音楽番組で釈明をするが、もはや後の祭り。以後、hyde氏(156cm)は盛岡県への入国を拒否され続けている。 これが有名な「南部せんべい156cmの乱」である。

なお、近年話題の世界史未履修問題。盛岡県内の各高校はこの「・・・の乱」の詳細について日本史で取り上げるように教育委員会から通達を受けていた。そのため、世界史がおろそかになっていた。「世界史より、hyde(156cm)史を教えることに意義を感じていた。」と関係者は熱く語る。

交通[編集]

通常の交通手段は、ちゃぐちゃぐ馬っこであるが、市内近郊には岩手県交通というバス会社が多数のクラシックバスを運行。黒煙を吐きながら運行中。このバスたち、盛岡バスセンターと呼ばれる古びた要塞を拠点としており、そこにバスが集結するため付近の道路は渋滞している。しかしこれは、大都市としての面目を保つため、わざと渋滞させる目的でここに集結させているのであり、「路線再編」はその面目の喪失を指す為、市内では口が裂けても提言してはならない。なお、このバスたちは市内を巡回するだけでなく、各イオンへの送迎路線が(わざわざ)あり、市民のイオンへの固執ぶりが伺える(少し前まで川徳へ足しげく通っていたくせにである)。また、市内中心部を巡回する路線(盛岡都心循環線)はでんでんむしと呼ばれており、先鋭的なネーミングセンスを見せ付けている。しかしこの「でんでんむし」、始発が午前9時ととてつもなく遅い。ま、「でんでんむし」なんだから、仕方ないか。

また、盛岡駅は東北新幹線と、特急より遅いニセ新幹線の分かれる交通の要衝である。

城跡区中心部と同区東部にはそれぞれ国際空港空港が整備されており、中心部には中津川空港、東部には高松の空港がある。 主な利用客はシベリア等、北の国々からの利用客で、冬の連休期間を利用して家族や一族みんなでバカンスにやってくるようだ。

観光[編集]

温泉で有名でもあるが、観光施設として手づくり村と子づくり村があり、子づくり村は秋田からの観光客も多い。 さんさ踊りは、太鼓組合が主導する、世界一の規模を誇るパレードである。。サッコラーチョイヤラッセのかけ声が有名。

寒い、寒すぎる![編集]

元々は、隣村の玉山村が「本州最低気温-35℃」を1945年1月26日に記録した。しかし、平成の大合併で玉山村は2006年(平成18年)盛岡市と合併。いよいよ盛岡が「本州一寒い県庁所在地」となるに至る。もっとも、玉山村で-35℃を記録した1945年1月26日、当時まだ玉山村と合併していなかった盛岡市でも最低気温-20℃を記録。

盛岡評[編集]

「津軽は恩知らず、伊達は美人知らず。ここの大名でほんとによかった・・・」
盛岡市 について、南部晴政
「ぼくはここのこと何にも知らないんですけど・・・。っていうか、体がだるいんですけど・・・」
盛岡市 について、南部晴継
「南部の本拠地を盛岡に移したのはこのわしじゃ!」
盛岡市 について、南部信直
「父さんは引越ししただけでしょ、城下町の礎を築き、地名を不来方から盛岡に変えたのはこの私です、ちなみに陰は薄いですが初代藩主です!」
盛岡市 について、南部利直
「そもそも盛岡がこれだけ発展したのは、我らが独立して三戸から引越しを余儀なくされたからぞ、南部は恩知らず、津軽に感謝せい!」
盛岡市 について、大浦改め津軽為信
「なんじゃ、飢饉で食うものもないくせにこしゃくな! 南部なぞ今度こそ併合して100万石の大大名になってくれるから覚悟しておけ!」
盛岡市 について、伊達政宗
「政宗、そなたの悪巧みはお見通しぞ、ドサクサに紛れて南部領をかすめ盗ろうなどと考えるでない、そのような腹黒い者に100万石はやれん!」
盛岡市 について、徳川家康
「その手があったか!」
盛岡市 について、津軽人一同
「ソビエト盛岡では、ロシア語が同志をMoriokaする!!」
盛岡市 について、ユーミン

関連項目[編集]