盗聴器

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

盗聴器(とうちょうき)とは、他人の会話などを盗み聞きするための機器であり主にタコ足配線などにこっそり仕掛けられる場合が多い。でも大丈夫、君の部屋には無いよ。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「盗聴」の項目を執筆しています。

概要[編集]

盗聴器は表で人間が話さないような会話の内容を知るために使用され、各国の首脳も御用達というほどありふれたものである。その性質上違法だったり合法だったりグレーゾーンだったりするが、何故か秋葉原のショップなどにたくさん置いてあるため合法のようである。あくまで盗聴器自体は合法、違法な使用はNGという人を殺すのは銃ではなく引き金を引く指であるみたいな理論で販売が続いている。そもそも合法な使用法とはなんぞやという話なのだが、持っているだけならただの録音機だから仕方ない。

仮に盗聴器を仕掛けるなら当然大事な話をするような場所であり、商談が多い場所などは警戒すべきである。繰り返すようだが君の部屋には無い、どうせ大体の人は盗聴するほど大事な会話もないし君の発する生活音にもなんら興味は無いだろう。

なお、日本の文学である俳句における盗聴器の季語はとされている。 明確な理由は不明だが、6月末に集中する株主総会と関係があるためと言われている。

種類[編集]

単に盗聴器といっても種類が豊富であり、その姿は用途によって異なる。テレビ番組で盗聴器を探す企画ではよくコンセントに仕掛けられた小型チップのようなものが見つかり、旦那の車に奥方がGPS付きの盗聴器を仕掛けるケースも存在する。基本的に盗聴器はサイズが小さく、意外な場所に仕掛けられるものである。薄型でカバンに仕掛ける事が容易なものや、どんな隙間にでも埋められるようなタイプなものまで様々であり、その隠し場所は隠す人間の発想次第である。エロ本隠しよりも簡単にできるため素人でも簡単に扱え、本格的に探そうとしない限りはまず見つからないだろう。それでも君の部屋に盗聴器は無いよ、盗聴器だって値段が高いし君の部屋に仕掛けるような奴はいないさ。

発見方法[編集]

目視による発見は難しいが、盗聴器も発見する方法がある。それはフォックスハンティングと呼ばれるワンハンドレシーバーを用いた方法であり、盗聴器の発する電波を探知し、発信源を特定するというものである。この方法は盗聴器の探知によく利用され、成果も多い代表的なものである。上で挙げたテレビ番組で使用されているものも概ねフォックスハンティングである。当然ながら君の部屋でやっても何一つ見つからない、盗聴器なんて無いからね。

何故部屋に盗聴器が無いのか[編集]

盗聴器というものは仕掛ける人間がいて初めて利用されるものである。盗聴される相手というのもストーカーが出るような美人や商談が行われるような応接間などが基本である、MI6だのCIAだのがお偉いさんのところに仕掛ける事もあるようだが一般人には関係無いので割愛する。君は特にストーカーされてもいなければ応接間に住んでるわけでもない、だから大丈夫、盗聴器は無い。何故ストーカーに遭っていなく応接間に住んでないと言えるのか?それは実に簡単な話。ぼくが君の部屋のベッドの下にいるからだよ。