百火事展

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「百火事展」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

百火事展(ひゃくかじてん、ひゃっかじてん)とは、ある一定の地域で起きた百の火事についての展示会のことで、百科事典白科事典とは別物である。

概要[編集]

このような展示会が始まったのはアメリカで、今までの火災の経験を忘れないようにということで行われた。開催された年月については資料が残っていないが1871年シカゴ大火の時、という説が有力である。もともとの展示会の名前は「Hundred Fire Exhibition(百の火災の展示)」だった。

日本で初めて行われたのは「火事と喧嘩は江戸の華」といわれることのある東京である。アメリカにあやかって始め、5年に1度くらいのペースで行われている。日本で行われたときに初めて「百火事展」という名前になった。どこかの翻訳の上手な人が「百科事典」とかけて翻訳したことでこの名前が定着した。

その後は日本、世界の各地で行われるようになった。

今までに開催された都市[編集]

関連項目[編集]

この項目「百火事展」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)