100円ショップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
百円ショップから転送)
移動: 案内検索

100円ショップ(ひゃくえんショップ、別名:108円ショップ)とは、どれでもぜ~んぶ108円で売っている店のことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「100円ショップ」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「100円ショップ」は何故か「ほぼ100円ショップ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

概要[編集]

2004年消費税総額表示義務化により、税抜価格である「100円」のみの表示が認められなくなったため、値下げして価格を税込み100円とするか、または店名を「105円ショップ」とするか対応を迫られた。当初は、原則として店名を以下のとおり変更することが推奨された。

  • 105円ショップ
  • 105円(税込)ショップ
  • 105円(税抜100円)ショップ
  • 105円ショップ(うち消費税等5円)
  • 105円(税抜100円、消費税等5円)ショップ

支払総額である「105円」さえ表示されていればよく、「消費税額」や「税抜価格」が表示されていても構わない。

この場合消費税率の変更により店名の変更を余儀なくされるため、この推奨は完全に無視された。その後、財務省主税局より通達として以下の見解が公表された。

  • ご質問の「100円ショップ」などの看板は、お店の名称(屋号)と考えられるため、総額表示義務の対象には当たらないと考えます。なお、いわゆる「100円ショップ」の店内における価格表示については、消費税額を含んだ支払総額を表示する必要があります。

この通達により、105円で売っているのに「100円ショップ」と名乗ることを財務省が公式に認めたため、一部の「100円ショップ」は調子に乗って一部の商品を210円にしたり、ひどいところは1050円にした。 次第に「100円ショップ」と雑貨屋の違いが誰にも理解できなくなり、「100円ショップ」は急速に競争力を失った。この問題の責任を取る形で、当時の中川財務大臣辞任した。

2014年に増税により、108円ショップとなった。いずれは110円ショップにされる予定である。

要注意の品物[編集]

実は、とんでもない店であり、賞味期限の切れそうな菓子や、そこらのガラクタなどを売ってる店である。さらに、100どころか50円でも儲かるような商品を100円で売ることで会計の額を最終的には他の店と同じぐらいにしている。つまりこの店は、評判が悪く、今にもつぶれそうな店であるのだ。また、売ってる物のほとんどが欠陥商品だったりする。だが最近は、一万円ショップと勝負をしているためか、売り上げを上げるために、まともな商品が増えてきているようだ。

東京のどこかの100円ショップに一箇所だけ、ウィキペディアの立体ジグソーパズルという品物が売られている。この商品は、日本では販売中止になった品物であるはずなのだが、何故かこの店には、売られているのだ。理由は不明だが、どこかの外人のウィキペディアンがそれを大量に捨てたものであろう。それを誰かが拾って勝手に商品にしたのだろう。絶対に買わない様にして下さい。一生がウィキペディアにとりつかれてしまいます。だってそのジグソーパズルは、呪いがあるんですから。

一万円ショップとの関係[編集]

一万円ショップについて100円ショップは、「一万円ショップというものは存在しません。というか、そんな物は客が寄り付きません。とっくにつぶれています!!」と豪語しており、一万円ショップ側はものすごく頭にきている。これにより、一万円ショップ側は、100円ショップをぶっ潰そうとたくらんでいる。つまり、勝負しようというわけだ。

最先端を行く100円ショップ[編集]

低コストにて無人化販売を実現

100円ショップは大手だけでも数社が店舗を展開しており、常に熾烈な競争が繰り広げられている。そのような中、人件費抑制のために最新鋭の無人販売システムを導入する会社も現れ始めた。これらは、従来の無人販売の弱点であった設備投資や運用コストを画期的かつ斬新なシステムにより解決したものである。店舗の運営には電力水道も不要であり、災害時にも強い21世紀型システムといってもいいかもね!

なお、このシステムにおいて金銭の取引は内税であり100円単位で行われ、従来型100円ショップのようにわざわざイライラしながら小銭入れから1円玉を探す必要はない点でも画期的といえる。

ただし、100円分を買って1000円札を突っ込もうが10000円札を突っ込もうが、お釣りは出ない。

関連項目[編集]

この項目「100円ショップ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)