白石涼子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「白石涼子」の項目を執筆しています。

白石 涼子(しらいし りょうこ、1982年9月7日 - )は、奈良県香芝町(現 香芝市)出身の声優青二プロダクション所属(青二塾大阪校18期生卒業)。身長155cm、血液型はAB型。愛称は"うりょっち"。

なお、「白石」「りょうこ」はともに被る場合がある[1]ため、2008年のとある日曜日野中藍林原めぐみ(保志総一朗付き)の立会いのもと、「本名を"うりょっち"、通称を"白石涼子"」とすることを発表した。例えるなら、「浦和レッドダイヤモンズ」が「レッズ」と呼ばれるのと同じようなものである。

人物[編集]

同じ事務所に所属する声優と親しく、特に野中藍、神田朱未と親しい。

小野坂昌也から「アイドル声優」に認定されており、2008年現在「小野坂昌也の三大天女」に3期目連続で推薦当選を果たしている。

小柄な女性声優が多い青二の中では屈指の胸力を持つ。屈指の乳力を持つ浅野真澄が移籍してきたことで、下ネタ・穢れ要素が浅野に移ったため、清純派の胸力となった。

浅野真澄の移籍後、白石の人気を恐れた浅野によって「シール小娘」という二つ名を持つ執事に改造させられ、浅野の個人的欲望(主として物欲)に奉仕させられることに快感を覚える改造人間にされてしまった。

尊敬する人について、「何をした人か分からないけど、新渡戸稲造」と述べている。ちなみに、新渡戸稲造が何をしたか知っている現代人は天然記念物級に珍しいほうなので、実は大して気にすることでもないことに気づいていない。

「30歳までに結婚したい」として、誕生日1日前の2012年9月6日に入籍したとブログで報告をした。が「年齢計算ニ関スル法律」により、誕生日の前日が加齢日となるため、2012年9月6日当日には既に30歳であった。が、その後1年持たずしてどうしてこうなったし。何の前触れもなく、いきなりの出来事だったので声優オタクたちも驚きである。この出来事でそういう違った魅力を身につけたことで今後新たな信者が増えるかもしれない。

大好きなものは、オヤジギャグ・ダジャレ、外国人のキスシーン(Oh!yeah!)、好きな色は「白」「黒」「こげちゃ」「紺」「灰色」(地味~)、好きな食べ物は「ほうれん草」「アスパラ」「おくら」「白菜」(草食動物)。

いいえ、綾崎ハヤテに長瀬楓・白鳥隆士、うりょっちかいな、白石涼子。

いえいえ、白石涼子殿、白石涼子殿、ファン層集めに必死する。

活動[編集]

2002年から活動を開始。声優でありながら、「へそ出し」や「ペンギン仮装」、果てには散歩の途中で立ち寄った温泉での入浴シーンを披露するという、もはや体当たりの域を越える仕事をこなしたことも。

2007年からは2008年にかけては、金曜日・土曜日にラジオ、日曜日の朝に1年レギュラー保証アニメ、月~木曜日は「休日で寝ている」「撮影」「アフレコ」「イベント」をランダムで行うスケジューリング。基本的にラジオのタイトルには恵まれていない。

トーク[編集]

「こんちゃ~っす」「んぱっ」「ニョーン」といった独特の挨拶に始まり、キャッチフレーズ「"白石涼子"こと"うりょっち"です」で掴みをとり、ですます調で会話を展開させ、「奈良県が生んだ敷金、白石涼子」でオチを引き出すのが流れ。

時に知らず知らずのうちに毒を鋭く吐くことがある天然系要素を持つ。かつて、共演者の釘宮理恵はそれを知らずにいたため、白石が「うつ伏せになると胸が苦しくなるけど、くぎみ~は?」の一言が放たれるのを許したため、その後しばらくは心に傷を負った。

[編集]

関西弁をしゃべることができる。そのため、関東圏の声優ファンからは例の如く、言うまでもない好評を得ている。また、少年・少女の声を演じ分けることができる為、男女両方から人気がある。

発見方法[編集]

彼女にはイメージカラーがあり、2008年現在は「青」である。演じるキャラクターについては植物の名前が多い。また、「はやて(ハヤテ)」という名前のキャラクターが登場する作品に出演する確率も高い。女装キャラも多い。

  1. 青をイメージするキャラクターがいるか?
  2. 植物の名前のキャラクターがいるか?
  3. 「はやて(ハヤテ)」という名前のキャラクターが登場するか?
  4. 女装キャラ(普通にしていても女にしか見えないキャラ含む)がいるか?

以上の4点により彼女の出演予想が可能である。また、この他に女性出演者が多い作品では少年声を担当する確率が高いため、ゲスト出演も予想できる。

歌手活動[編集]

名目上、先輩の野中藍の後を追う形で活動している。また、歌手として所属するレコード会社は大月俊倫率いるスターチャイルドであることから、アイドル声優の路線を歩む。

しかし、個人として歌うよりユニットやキャラクターソングで様々な声で歌うことのほうが多いため、個人としての実績はほとんどない。

それでも、多岐に渡るメロディでもソツなく歌える音感を有していること、自身のシングルに特典としてDVDが付属していることを「嫌でも付いてきます」と述べる発想力を持つこと、チアッ チアッ アップ!よりはまともな歌を歌っていることなどから、今後、アーティストとして開花されることが期待されている。

2008年に2枚連続リリースした。なお、本当は3枚リリースだったが、先輩への配慮から2枚になったと言われる。

主な出演作[編集]

テレビアニメ
OVA
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

注釈[編集]

  1. ^ ことに前者は偉大なる大先輩声優芸人の双方に被っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


Hayami.jpg この項目「白石涼子」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)