白新線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

白新線(はくしんせん)とは、新潟県新潟駅新発田駅を結ぶために造られた路線である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「白新線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「白新線」の項目を執筆しています。

路線データ[編集]

元々、各駅をはじめとする日本中の駅に存在する普遍的な存在であった白線は、足がかゆくてかゆくてたまらない旅客に不評であり、またあまりの停車駅の多さから、高速化を求める利用者の声が強く、路線の改良を求められていた。

例えば、羽越本線新津駅を起点としており、新潟市民が秋田県青森県などに向かう際には、信越本線を新津まで下ってから向かうことを強いられていた。それに鬱憤を抱いた一部市民が国鉄に圧力をかけ、単線でもいいから買い占めた田んぼがカネの山になるのならと、白線に代わる新線である白新線を造らせた。

本当はバリアフリーのため白線は日本各地で廃止があいついでおり、現在は「黄色い線」という愛称で、走ルンです化によるボコボコの外観が、特に目に不自由な人と足が痒い人に親しまれている。東京直通しなきゃヤダヤダ! という声に応えて、東京都文京区の白山駅を始発駅にする予定であったが、白山駅を越後線に取られてしまったために新潟駅を起点とすることになった。もう少しで「新新線」という、速そうだがよく分からない名前になるところだった。

現在では90%が新潟市民と新発田市民、後の10%が酒田市などのように上越新幹線と羽越本線を乗り継いで向かう地の民のためにある路線となっている。

種別[編集]

特急列車[編集]

いなほ」だけである。2005年の事故で有名になった。元々、JR東日本の列車では「かもしか」や「北越」同様にとにかく車両がボロいことで有名だ。交直両用車だから仕方ないけど。

かつての超ロング特急列車、白鳥はバラバラ殺人されて、JR北海道にとられてしまった。

快速列車[編集]

快速列車は「べにばな」と「らくらくトレイン村上」である。しかしいずれも本数が少なく、沿線住民の役に立っているとは言い難い。また元々は「ムーンライトえちご」だった快速列車が一往復ある。

さらに、不定期列車として、救世主キラ様が乗る「キラキラうえつ」がある。

普通列車[編集]

電化されているのに気動車が使われている。その理由は、JR東日本が交直両用車を作りたくないほどケチだからだ。常磐線には投入されているので、その真相はお察し下さい

主な駅[編集]

と言っても、どうせ数が少ないんだから全部挙げてしまおう。時刻表だと途中駅は省略されていることが多いから忘れやすいんだこれが。なんと全ての駅でSuicaが使える! 新発田駅には0番線ホームがあって、ここに止まってる電車に乗ればとりあえずは新潟駅まで行けちゃう。

新潟駅 - 東新潟駅 - 大形駅 - 新崎駅 - 早通駅 - 豊栄駅 - 黒山駅 - 佐々木駅 - 西新発田駅 - 新発田駅


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「白新線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)