登山鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

登山鉄道(とざんてつどう)とは、山や峠を上るために物理法則の限界に挑戦し続ける、勇敢な鉄道路線とそれを運営する会社に時折付けられる通称である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「登山鉄道」の項目を執筆しています。

概要[編集]

鉄道は一般的には鉄の車輪を用いているため、ゴムタイヤを用いる自動車よりも摩擦力が少なく勾配に弱い。 これは鉄道路線のルート選定をより厳しい条件で行わざるを得ないという事でもあり、特に山岳国家である日本ではこの点は死活問題となった。 道路と比べて柔軟なルート選択が出来ないため、多くの路線では山をトンネルを使って抜けるようなルートを引くなどの工夫をして乗り切っていたが、そもそも山の上に都市があるような場合、トンネルの中に駅を作ると利用が不便になってしまうため、こうした選択は現実的ではなかった。

そこで、そもそもの構造を見直すことで物理限界により近い性能を持った車両が生まれた。そうした特別仕様の車両を用いた鉄道路線が一般的に登山鉄道と呼ばれているが、ごく普通の構造をした鉄道車両でも、特に険しい山岳地帯を走っているものは登山鉄道と呼ばれることがある。

仕様[編集]

一般的な鉄道路線では、勾配は35パーミル(1000m進むごとに35m上る)程度の勾配まで許されているが、登山鉄道では80パーミル、90パーミル台の勾配を上ることが可能となっている。見るからに車両が傾いているので非常に分かりやすいが、こうした急勾配を持つ登山鉄道は全国でも数少なく、多くは50パーミル程度にとどまっている。50パーミル程度では特別装備は必要なく、ほとんど一般的な鉄道車両と同様の仕様となっているため、一見して登山鉄道であると気づかない場合も多い。

また、車両も山間の急カーブ路線を走る関係からか長さが短くなっており、編成両数も少ない。これは輸送力不足の原因ともなっているが、平地というか高原の少ない日本の狭っ苦しい山岳地帯では長大編成が停車できるほどのホーム用地を確保できる場所が少ないため、致し方ないことである。同じく山岳国家であるスイスなどの登山鉄道では、日本とは違い長大編成の車両が急勾配を上る姿を見ることが出来る。

なお、一部リニアモーター式の地下鉄モノレールなどでも勾配が50パーミル以上あるものが見られるが、こうした路線は特に特別仕様でなくともすいすいと勾配を上れるため、「登山鉄道」には分類されない。というかそもそも山岳地帯を走っていないだろう。逆に地下鉄を走る登山鉄道は存在するのだが。

主な登山鉄道[編集]

国内で運行されている主な登山鉄道を紹介する。

箱根登山鉄道
おそらく日本で最も有名な登山鉄道である。東海道の難所として知られる箱根の山間部を、最大80パーミルの勾配で1時間ほどかけて上る路線であるが、都市連絡というよりは観光用の路線である。平行する路線バスが約20分で同区間を走破するのでかなり遅い。「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」という唄にならって、馬並みの速度で運行しているのかもしれない。しかしながら、箱根は渋滞の名所でもあるためバスの所要時間は信用性皆無であり、定時性の高い箱根登山鉄道は重宝されているようである。
大井川鐡道井川線
大井川鐡道と言えば蒸気機関車の運行で有名な静岡県の路線であるが、SLが走る路線の更に奥地に登山鉄道路線が存在する。それがこの井川線である。
最大90パーミルの勾配という日本の普通鉄道で最も急な勾配を有し、そのため登山鉄道の特別装備としてポピュラーな、歯車を噛み合わせて摩擦力を増すラック式という方法が用いられている国内唯一の鉄道である。
が、元々ダム建設のために建設された路線だけあって、沿線人口は非常に少なく、乗客の大半は沿線の温泉に訪れる観光客である。
近年は秘境駅ブームによってふたたび脚光を浴びている…らしいが、本数が非常に少なく、上り終電が16時30分ととんでもなく早い為、駅めぐりの難易度は非常に高い。
南海電気鉄道高野線
登山鉄道路線であるが、起点は大阪の中心部となっており、登山区間は末端のごくわずかな部分のみである。高野山への観光輸送を主としており、観光列車も数多く運行されているが、末端区間は下手をすると遭難しかけるレベルの山間部であり、途中駅に自動車で辿りつくことも容易ではないという点では箱根登山鉄道をはるかに上回る。最大で50パーミルの勾配と、最小半径100mのカーブを有するため17m級の専用車両が用意されている。
京阪電気鉄道京津線
地下鉄に直通する登山鉄道である。また末端部には併用軌道も存在し、路面電車のような姿も見せてくれる。挙句の果てに、複線ドリフトの目撃談も多数存在する。もはや訳が分からない。
最大61パーミルの勾配で、京都市大津市の間の峠を越える、日本では珍しい都市間連絡型の登山鉄道で、都市部を走るため本数も多い。平行する国道の渋滞をわき目に、時速60km/hで上り坂をぐんぐん登っていく姿はとても登山鉄道とは思えない。
しかし、京都と大津はトンネルを使った天下の東海道本線によって結ばれており、シェア争いには負けている。日本ではやはり観光用の登山鉄道しか生き残れないのかもしれない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]