登別市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「登別市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「登別市」の項目を執筆しています。

登別市(のぼりべつし)とは、北海道にある都市。

温泉街[編集]

日本有数の温泉街として知られる登別温泉を擁する。温泉街付近は独特の硫黄臭に包まれているので、地元民以外は呼吸困難に陥る。その為観光客はガスマスクが必須とされる。 しかし近年は中国人ツアー客がガスマスク無しで訪れるが、彼らは普段から黄砂やら光化学スモッグに慣れているので無問題(モーマンタイ)。 登別市の奥地に新登別温泉カルルス温泉というのもあるが、そちらはクマのパラダイスであるので入湯は命がけとなる。

地理[編集]

  • 登別市は人が住んでるところと、そうではないところがはっきり別れている。
    • 東部(登別駅周辺)は登別温泉をはじめ、クマ牧場やマリンパークなんとかなど置いて観光都市を全面に押し出している。しかしどことなく寂れているのは所詮地方だから。
    • 中部(幌別駅周辺)は市役所・市民会館などが立ち並び、一応登別市の中心である。しかしどことなく寂れているのは所詮(ry
    • 西部(鷲別駅周辺)は室蘭市の衛星都市である。その象徴に鷲別駅は半分室蘭市に掛かっている。しかしどことなく(ry
  • 中部と西部の間には自衛隊の基地があり、時折発生するクマの反乱や達の喧嘩の際は鎮圧に出動するらしい。
  • 登別温泉の奥地には地獄谷と呼ばれる場所があり、毎年夏休みの時期には多くの鬼が登別温泉に来るらしい。また温泉街には閻魔大王のプライベートオフィスがあるらしい。
  • 奥地にある新登別大橋はエクストリーム・自殺の名所。
  • それ以外の地域は山地か荒地であるに違いないと思う・・・。たぶん。
  • 街興しの一環として登別市最高峰(通称「バケモノ山」)を作ろうとして国立公園内に登山道を開削するも、環境庁に封鎖される。

交通[編集]

  • 高速道路
    • 登別市内にあるインターチェンジは、登別東ICと登別室蘭ICの2つ。
    • 登別東ICの入口には、赤がいる。
    • 登別室蘭ICは室蘭市に近い。(室蘭市街への距離では室蘭市の室蘭ICと大差ない)
  • JR
    • 登別市内の駅(登別駅、富浦駅、幌別駅、鷲別駅)はいずれも室蘭本線の駅である。
    • ただし富浦駅はお察し下さいで富浦町民以外はなかったことにしている。
    • 何で一番栄えてる富岸に駅を作らないのか?
    • 鷲別駅は隣の東室蘭駅と非常に近い。(1.9kmとか駅置く意味あんの?)。
  • バス
    • 室蘭市との平和条約により道南バス一社のみが運行している。
    • 室蘭市同様、都市間バスとしては高速バスが運行されている。
  • ただ、ぶっちゃけ市民の足は自動車だよね。

他の自治体との関係[編集]

よくわからないけど、なんか同盟(姉妹都市)組んでた。

蜜月の関係。胆振支庁西軍の主将参謀コンビとしても知られる。

室蘭市とは犬猿の仲であるが、登別市とも白老町の領有を巡ってキナ臭い関係になりつつある。(ゴミ処理場を共同運用していたが白老町に撤退された過去がある) ただし、室蘭市の衰退が著しいので本気で敵に回すのは避けている。

同じ胆振支庁西軍のメンバーだが、所詮室蘭市の支配下に過ぎない伊達市が近年急速に人口を増やしつつあることに苦い顔をしている。しかし伊達市への移住者のほとんどが検閲により削除であることを内心、大いにバカにしている・・・一部市民もいます。あと伊達時代村は伊達市ではなく登別市の観光施設ですのでお間違いなく。

関連項目[編集]


この項目「登別市」は、執筆者が開拓民だった可能性もありますが、未だ不毛の原野です。緑の沃野にして下さる入植者を求めています。 (Portal:スタブ)