痛車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では自動車の痛車について説明しています。鉄道車両については痛車 (鉄道)をご参照ください
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「痛車」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「痛車」の項目を執筆しています。
「確かにいい車だ。だがそのペイントは何のアドバンテージもない。実用と観賞用は違う」
痛車 について、ネイキッド・スネーク
痛車
痛車

痛車(いたしゃ)とは、乗ると何らかの痛み(肉体的、精神的、etc)を感じる自動車の総称である。

概要[編集]

痛車はよく使う「自動車」という物に自分が大好きな何か(例:タバコ麻薬等)を一体化させることで、常に自らに満足感を与えることが出来る。なので、痛車は自分が欲求不満に陥ったときにしばしば作られる。なぜなら痛車は自分が好きなものといつも一緒になれるからだ。

また現在では自動車のみならず、痛単車(いたんしゃ)痛チャリ痛ミ濾し、痛一輪車、痛三輪車、痛ベビーカー、痛、痛機(痛航空機)等も存在する。これらは大手メーカーのザクセンリンクに軽乗用車等と福沢諭吉さんを1枚郵送すると痛化してもらえる。そうすると、熟練した職人がボディーを取り外し、代わりに自分の好きなキャラクターが描かれた大きな紙のボディーをはりつけてくれる。

近年は、鉄道車両のデザインにも採用され、日本国有鉄道夜魔の手線のほか、おけいHaaaan!!!でも見られた。 鉄道車両における痛車の発祥は、お察し下さい。 ドライバーについてもお察し下さい

詳細を言うと歴史から抹消されてしまうため書けません。 (Portal:スタブ)

主なバリエーション[編集]

二次元キャラ
最も一般的な痛車のタイプで、自分が大好きなキャラクターを車に貼り付けて作る車で、主にオタクに喜ばれる。自分の好きな少女への愛を堂々と見せ付けることが出来るが、2年~3年で流行に遅れてしまうことも結構あるため、維持費がかかるのが難点。しかも乗った人たちがそのキャラを好きでない場合は暴動にまで発展する恐れがある。
貼られる作品はギャルゲーエロゲ・オタク向けアニメが圧倒的多数で子供向けアニメ(ディズニー・サンリオを除く)やRPGは少ない。でも最近は萌えるRPGも増えたので今後はぽつぽつ出てくるのかもしれない。
お菓子
車の外観や内装をお菓子みたいにするタイプの車。座席は板チョコ、タイヤはバウムクーヘン、ヘッドライトはグミで出来ている。子供甘党には非常に喜ばれる。しかしそれが食べられないと知った人たちの夢と希望を奪ってしまう。
主にドSの人々に喜ばれる。実際は痛くて車を運転するどころではないらしい。他の車に接触すると相手が跡形も無く粉砕する。
危険ドラッグ
中毒者の末期症状の証である。常に強い快楽を引き起こすため、運転に集中できるってレベルには到底満たない。結局危険ドラッグの量を抑えるしかなく、結論としては運転も危険ドラッグも効果が現れない不良品でしかないのが現状。多くの人々が運転中に意識不明に陥り、事故にあって死んでいった。2014年に大量発生した。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

4370 large.jpg この「痛車」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)