異種姦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Vulcanoctopus connie.jpg この項目には、グロテスクな記述が含まれています
脳と消化器官の連携が強い等の理由で吐き気がする方は、お医者様に相談して閲覧を中止するなどしてください。

異種姦(いしゅかん)とは、ヒトと異種族との異種交配による種の保存、狭義にはその生殖活動そのものを指す。異種とはこの場合、生物分類上の異なると定義されるが、特に哺乳動物との異種姦については獣姦と呼ばれ、明確に区別される傾向がある。

目次

[編集] 概要

異種同士の交配であっても、精子と卵子による有性生殖の仕組みそのものに変わりはない。

異種姦に纏わる説話は古今東西、異類婚姻譚を中心に広く世界中で分布し、日本においては妖怪・物の怪との異類婚説話が多く見られる。異種姦を扱う多くの伝承・フィクションにおいては、ほとんどの場合その雑種となる子孫の出生が付随するが、単に異種姦とした場合には生殖行為のみを指すことが多いため、生殖行為による繁殖の可不可については考慮されないこともある。

また、対外的には「外見が全く違う生物同士の生殖活動」という意味合いで使用されることが多く、種が明確に異なる異種同士による生殖行為であっても、外見がさほど変わらない場合には異種姦とは見なされない傾向がある。多くの異類婚姻譚に見られるような「人間型の異種」を「異種姦」と明確に定義している例はほとんど存在しておらず、またそれらの説話においては、生殖の結果として生まれた雑種第一代の子孫を主役とした物語が非常に多く、異種姦そのものはただの事実として一行で流されてしまっている例が多々に見られる。

異種姦においては、基本的に母体には子宮が使用される。メス方がヒトである場合にはその母体が、オス方がヒトである場合ではメス方がヒトないしそれに準ずる姿形を取り、母体内で子供を育てる。昆虫類爬虫類などの、同種同士の繁殖では子宮を必要としない卵生の種による異種姦もあるが、それらを相手取った異種姦では、卵の孵化に子宮を用いるケースがほとんどである。子宮の大きさに限界があるために一度に産み付けられる卵の数こそ制限されるものの、卵が母体内部で守られることで外敵からの攻撃から一切シャットアウトされるため、自然界にあった場合には考えられないほどの孵化率が実現する。これは大量の子供から少数が生き残る卵生動物と、少数の子供を安全に育てる胎生動物との利点が完全に噛み合った画期的なものとして、極一部で高く評価されている。逆に哺乳動物のような成長の遅い動物が卵で育つプロセスは非常に効率が悪いため、オス方がヒトというようなケースはほとんど見られず、卵生生物を対象とした異種姦においては、ほぼ十割がたヒトがメス方となる。これらの場合、ヒト雌性体の子宮粘膜が異種の卵に有意な影響を与える。

このように、異種姦における相手方の種にはほとんど制限はなく、無性生殖の生物による異種姦も存在する。例としてはスライム系統の粘性生物が分裂増殖にヒトの子宮を必要とするケースなどがあるが、そういった、本当にヒトなしでは繁殖ができないような種は極々少数である。変わったスライムが女性を襲っているのを見たというような報告をよく聞くが、そういった例ではほとんどの場合、ヒトの卵や母体ホルモンなどを食するタイプのものが餌を求めて生殖器官に潜り込んだだけであることが多い。

尚、分類学的には繁殖が可能なもの同士は同じ種であるという定義が成されているようであるが、どうせ頭の固い連中の戯言なので無視して構わない。同様に、染色体の数に突っ込むことは禁則事項です。もっとも、妖怪やモンスターの染色体がどうなっているのかは見当もつかないが。

[編集] 異種姦による子孫の妊娠過程

タコイヌの異種姦

以下ではヒトの雌性体をモデル生物とした場合における、母体に宿った異種の子の妊娠過程について述べる。

[編集] 亜人ないしヒトに近似する異種

胎児がほぼ人間に近い形で生まれてくる異種は、亜人・獣人や人間に化けた妖怪変化、人型の宇宙人など、やはり人間の姿形を取るものが多く属する。上記した通り外見が近似した異種同士の生殖を異種姦と見なさないことも多いが、それはヒト型の雑種が現代社会において最早ポピュラーであり、騙し騙しながら人間社会で問題なく生きていけることも影響している。妊娠期間に多少の差はあるが、の角やケモノの尻尾などに気を付ける以外は、妊娠出産も人間の子を産むのとほぼ同様のプロセスを経る。

[編集] 胎生動物

上記の亜人(ないし酷似する生物)も正確には胎生動物であるが、生物学において「姿形がヒトのそれと異なる」胎生動物、つまるところの哺乳動物との異種姦は、亜人のそれとは明確に区別して語られることが多い。男性器と女性器を用いた交尾が必要なこと自体はどの哺乳動物も変わらないものの、形成される胎盤のタイプには動物によって複数の種類が存在し、また従って性器の形状にも多彩な種類が存在する。特にイヌ、ブタ、ウマなどはそれぞれ射精時の男性器膨張、精子の粘性の濃さ、男性器そのもののサイズの大きさから、一般にも「獣姦」というスポーツの相手役として広く親しまれている。

彼の種の子を産む際においては、相手方の種の妊娠出産の方術についても熟知しておくことが必要である。この種の異種姦においては子がヒトに似る事はほとんどなく、相手方に非常によく似るか、大抵の場合はケンタウロスウマとのハーフ)やミノタウロスウシとのハーフ)などのように、子が両親の特性を併せ持つ場合が多いためである。

[編集] 卵生動物

卵生の動物はその性質上、子供を体内で保護するという仕組みを持っておらず、ひいては生殖行為を体内で行う必然性を持たない。ゆえに子宮に卵を送る機構を持つ生物は皆無であり、狭義の異種姦、卵生動物との生殖行為がそもそも不可能である。

ただ、胎生動物の子宮を用いた繁殖をする卵生動物自体は少数ながら存在する。例を挙げると子宮に直接入り込んで卵を産み付ける昆虫類ウナギなどが該当する。

[編集] 触手

触手と一口に言っても、あくまで手足の代わりとしての存在から、そもそも生物でないものまでが広く定義されているが、ここでは特に生物の生殖器官としての触手、その異種姦について述べる。

生殖器官としての触手は、他の胎生動物の雌性体を苗床とした繁殖に特化した仕組みになっている。多くの触手生殖生物に見られる、確実に子宮口を把握するための驚異的な長さと自在性は、繁殖率を少しでも上げる為に進化し続けた結果であり、子宮口から更に奥部へと道を作るものも多い。また生殖行為の円滑化のため、胎生動物の子宮周辺神経系を強く刺激する潤滑液を分泌する仕組みを持っているものが大半であり、種によっては広範囲に催眠効果を及ぼすものまで多様に存在する。

大きくは卵を産みつけるものと男性器の役割を果たすものとに大別されるが、総じて筋組織の発達が見られ、触手組織自身が花嫁の身体を固定しケアすることで、より安全に子孫を残すことを可能としている。その場合には触手組織が口移しで花嫁に栄養を分け与える。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「異種姦」の項目はまだないか、書きかけです。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス