画鋲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

画鋲(がびょう)とは小学校において上履きの裏に刺す、あるいは直接いれていたずらをする玩具。最近では壁に刺して用いるという本来の目的から逸脱した用いられ方が一般的になっている。また、椅子に仕掛けるのもよいとされている。

経歴[編集]

  1. 戦後まもなくの頃、子供たちが拾ったくず鉄を先を尖らせて遊ぶ。
  2. 子供たちのくず鉄の加工技術が次第によくなる。
  3. 校内での量産体制が整い、画鋲でのいたずらが全盛期を迎える。この頃、金属でできた兵士から『鋲』という名前が一般的となる。
  4. とある生徒の密告により先生に発覚、出回っていた画鋲の回収を余儀なくされる。
  5. 回収した教師が、先端部が危険との判断でひっくり返しておいていたところ、木の机によく刺さることが判明、その教師により壁にプリント等を張る使用方法が考案される。教師はこれを『紙鋲(しびょう)』と勝手に命名するも、「語呂が悪い」、「死病を連想する」等の反論から、全国から名前を公募、応募総数三通の中から画鋲の名が選ばれる。
  6. この教師が画鋲を特許申請するも、生徒の間で一般的との見解から却下される。このことにより画鋲が全国的にひろまり、画鋲専門の会社やそれに付随する商品の開発が活発化する。また、逆さに置きやすかった平型の「二重画鋲」は抜きにくいとのことから、「ダルマ型」などの商品も人気である。

各界からのコメント[編集]

  • 生徒「画鋲がある限り僕たちは上履きに入れるのをやめない」
  • 教師「思いのほか流行した。特許を取れなかったのは残念だった」
  • 韓国人「画鋲は韓国語の「カッピョン」が起源である。(以下略」
  • Tさん(仮)(ボクサー)「画鋲なんてせこいもん使うな! 男なら拳で勝負だ!」
  • ケンシロウさん(無職「アタタタタタタタタタタタタァ!!!!」
  • Sさん(仮)(大学生(画鋲科専攻))「壁に刺す画鋲の使用方法は間違っている。本来の上履きに刺すいたずらが衰退しているのは真に残念なことだ」
  • Mさん(仮)(画家志望)「僕は絵の下書きを書くとき画鋲で固定しているんだ。これを考えた人は天才だね」
  • Wさん(仮)(会社員)「子供の頃よく刺された記憶がある。当時は僕のお小遣いでは画鋲が買えず、悔しい思いをしたが今ではいい思い出だ。今の小学生にもこれを伝統として受け継いでもらえるとうれしい」
  • NEETさん(職業不明)「椅子にしかけなきゃ負けかなと思っている。」

追記[編集]

画鋲の本来の使用方法には経歴等でも触れたが、大きく分けて上履きの中、上履きの下の二種類がある。前者の場合、気づかないと激痛とともに出血を伴う恐れがある。個人的に大きな恨みがある場合以外はあまり用いられない。後者の場合、足の裏の皮が厚いと気づかない場合が多い。また、気づいてもごく僅かな刺激しか伴わない場合がほとんどで、靴下を確認するが何もなかった、などとなるケースが多い。こちらは純粋ないたずらとして用いられる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「画鋲」の項目を執筆しています。