画竜点睛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

画竜点睛(がりょうてんせい)とは、物事の完成に近づく後一歩のことである。

2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「画竜点睛」の項目を執筆しています。

概要[編集]

そもそも始まりは中国である。当時の中国では絵を書くことは空前のブームとされ、大人気であった。しかし、それにあやかって偽物などが市場に流通するようになると、絵に何かが足りない、蛇足であるなど二流品がとても多くなった。そこで登場したこの言葉は、そのような話を皮肉り、偽物にするならばもっとしっかり描こうという意味を持つこととなった。まさに画竜点睛とは非常に大切であり、欠かしてはいけないものなのである。

真意[編集]

この画竜点睛。文字面を見れば分かると思われるが、これは「画の竜に点をつける」という意味あいである。そのことからすると、この言葉は「竜」を意識したものとなる。旧来から中国では動物をより多く書かれてきたのだが、竜はあまり描かれることはなかった。それはなぜか?それは動物だと被写体があるため想像を膨らませず、ありのままが描けるのである。しかしながら、竜は実在するものではない。つまり、デッサン経験によって描くことが困難なのである。つまり、このことから導けるこの言葉の本当の意味とはありもしない姿を描こうとするバカバカしい絵師を嘲笑するということなのである。これはつい最近解明された事実であるため、機智に富まない方々でさえもまだつかめていない情報である。

現在[編集]

画竜点睛は最近ではほとんど使われなくなったのである。それは主観的にものを見つめる古代から、様々な人が評価を言い合う客観的に変化したからだと言われている。しかしながらこのことも患者の妄言に過ぎない。それも昔から客観的なものの見方は発見されているためこれはあり得ないことが証明されているからである。それには今の技術が大きく関わっている。今や修正は手軽にできるようになった。この文章であっても、閲覧者が気軽に編集し、より良い事実を伝えるために奮闘しているのである。ということは、画竜点睛を欠くことはなくなったのである。それはたとえ誰かが画竜点睛を欠いたとしても、他の人々が匿名で絵に点を付けられるということなのである。これを裏付けるかのごとく、熟語の表すような画竜点睛というもの自体は減りつつあることが発見されている[不要出典]。そう、それこそ画竜点睛の言葉が使われなくなった原因であると、アンサイクロペディアは保証する。


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第33回執筆コンテストに出品されました。