男性専用車両

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

男性専用車両(だんせいせんようしゃりょう)は、“女性専用車両”の反意語である可能性が高い、車両のひとつ。

一般的にはこう考える方も少なくは無いが、実際は腐女子の海より腐海わけから生まれた、とんでもない妄想電車専用車両のことである。

どんなものか[編集]

腐女子とよばれる種族が女性専用車両に乗った時に、ふと妄想してしまったものだと、言われているが本当のことは知らない…。

JR京成ではまだこのシステムは実施されていないが、男女平等と腐女子の影響でこのシステムを採用する可能性が無いことには無いといえる。

男性専用車両があればこの人痴漢です!といわれ、悲惨な人生を送る人の割合が減るでしょう。そして、素敵な女性に出会えない男性は素敵な男性に出会えるかもしれません。

では、なぜ男性専用車両が存在していないのか[編集]

女性という生き物は自分の利益を第一に考えることが多いのです、でもそれは全ての人に当てはまるわけがありません。でも、たいてい「わたしはみんなの幸せを願っているわ」といっている人は自分の利益を第一に考えてるといってよいでしょう。そのような女性のお陰で女性専用車両は電車の頭とお尻の部分に設置されました。 ここで「やったぁ、男性専用車両は間違いなく真ん中に設置できる」と思ったら大間違いです。真ん中に設置すると女性専用車両を使わない女性が“十万ボルト”を十万ボルト分の一の確立で使ってきます。なので、負傷者が出るという大変な事態が発生する。というのが表向きの理由でしょう。しかし、腐女子と呼ばれる恐ろしい種族は、男性専用車両というものを禁則事項です妄想してしまい、大量出血で死亡する可能性があり非常に危険なので、このシステムを採用するのが本当に難しいといえるでしょう。

大量出血をすると[編集]

一般人が人間の体内の血液を50%失うと死んでしまうといわれています。これは、学校の生徒が50%欠席すると、授業がつぶれるのとだいたい同じ原理です。電車の中で、大量出血をすると、血のにおいを嗅いだり、見たりするだけで失神したり禁則事項ですする可能性があり、靴が汚れたり、文句を言う人が出たり、もらい出血する人がでたり、処理するのをサボる人がいたり、コレを理由に遅刻する人がいたり・・・と大変な影響がでてしまうからです。これが表向きの理由でしょう。

実際は、腐女子とよばれる種族が妄想をはじめ、脳内鼻血というとても理解ができない状況に陥ります。その状態で、会社や学校にいくと全く仕事や勉学に励めず、そのことをずーーーーーっと考え続けるでしょう。そして、終いには、その話をいろんな人にいろんなところで話し、腐女子ウイルスを撒き散らす可能性があるといえなくも無い気がするからでしょう。

標準的男性(ノンケ)の正直な意見[編集]

  • 男ばっかりの満員電車なんて気色が悪い
  • 臭そう
  • 検閲により削除な目に逢うかと思うと怖い
    • ↑なことをしたくなるような逸材もいない(車内は75%以上がオッサン)
  • 職場に女性がいないので、せめて電車内ぐらいでは女子を眺めさせて欲しい・・・(切実)

上記のようなごくまっとうな意見は腐女子のA.T.フィールドに入るとたちまち跡形もなく消滅してしまうので、彼女らの脳内にはこんな考え方は全く入り込む余地がないのである。注意が必要。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「男性専用車両」の項目を執筆しています。
Abe いいこと思いついた お前 がテンプレ貼った この項目「男性専用車両」に加筆しろ
男は度胸 !  何でもためしてみるのさ きっといい文になるぜ
ほら遠慮しないで 書いてみろよ (Portal:スタブ)