甲府市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

甲府市(こうふし)は、山梨県の県庁所在都市。近年未曾有の危機に見舞われている。

見ての通り、甲府はドイツに次ぐである。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「甲府市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「甲府市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「甲府市」の項目を執筆しています。

名前の由来[編集]

甲府の名称は武田信虎武田信玄の父)によって付けられた。その意味は「甲斐の府中」である。

甲斐の府中とは[編集]

通常、府中とは国府・守護所が置かれた場所を意味する。しかし、甲斐の府中を名乗るには、「武田神社」、「信玄公」、「県庁」の三種の神器が必要である。

甲府の危機[編集]

これまで、甲斐の府中という座は揺ぎ無いものと思われていた。だがしかし、近年の市町村合併により県内に甲斐市甲州市中央市が誕生している。その野心あふれる名称から、これらの市が府中の座を虎視耽々と狙っていたことが明らかになった。また、これらの市の誕生以前から存在していた山梨市も、この混乱に乗じて府中争奪戦に加わることは容易に予想できる。日本政府による市町村合併の奨励に、このような地方自治体の野心を煽るという隠れた目的が存在したのは言うまでも無い。

また、本来の甲斐国府が実は現在の笛吹市に存在したことが暴露され、スキャンダルとなっている。

三種の神器[編集]

甲斐の府中」の資格を得るために必要なもの。

武田神社[編集]

武田信玄の御霊を祀った神社。静謐な場所であり、一人で考え事をするには最適である。ただし、正月や各種祭日にはこの静寂は破られるのでオススメできない。境内の木々には時折信玄公の姿を見かけることがある。

信玄公[編集]

武田神社およびその近隣の山々に生息している。白い綿毛を振りながらよちよちと歩く姿はとても愛らしく、人懐っこいため、子供達や若い女性に大人気である。これまで甲府市以外では見ることが出来なかったが、最近になって甲斐市が「カラー信玄公」を、甲州市が「キング信玄公」をそれぞれ邪教の館で合成することに成功したと発表した。このため、甲府は両市に女性や家族連れの観光客を奪われることとなっている。

県庁[編集]

山梨県の県庁。近年は映画・ドラマの撮影に良く使われる。大道具さんの手によって、一瞬にして大企業のビル悪の秘密結社本部地球防衛軍基地に早変わりすることが出来る。都庁と同じく巨大ロボへの変身機能をつけることが検討されているが、これについては県民の間で賛否両論となっている。

その他観光スポット[編集]

甲府城[編集]

別名「舞鶴城」。現在は跡地が舞鶴公園となっている。建設当初は、日本一の立派な天守閣を備えていたが、地上の人間達が醜い争いを止めようとしなかったため、甲府城の天守閣は空高く飛び去っていってしまった。オリンポスの神々は天守閣を暖かく迎え入れ、夏の星座にしたといわれている。甲府では7月末頃に南の空を彩る星座として観測できる。 余談だがこの城は武田氏の立てた城ではない。まかり間違っても「ここは信玄公ゆかりのお城」と得意気に喋らぬように。「ゆとり」呼ばわりされる事間違い無しである。

昇仙峡[編集]

仙人見習の修行場所として有名。悩みのある人が行くと、徳を積むために仙人見習たちが仙術で助けてくれる。ただし、修行の邪魔をすると怒られるので注意が必要。新興宗教の教祖がよく修行と称してここに来るが、そのほとんどが素行不良で出入り禁止になっている。

某ラブホテル[編集]

甲府空襲の教訓から、毎晩ボランティアでサーチライトを照らし航空学園と協力して甲府の防空を担っている。 有事に際しては対空ミサイルを発射して敵機を撃墜することが可能。世界一米軍機を撃墜したラブホテルとして日々記録を塗り替えている。 現在ギネス登録申請中。

関連項目[編集]