田辺市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田辺市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「田辺市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「田辺市」の項目を執筆しています。

田辺市(たなべし)は、和歌山県中南部に位置する都市である。

南紀における観光の拠点となっており、熊野三山の一つ・熊野本宮大社がある。

概要[編集]

和歌山県の南部一帯を占める紀南の中心地にして最大都市である。紀南は西牟婁と東牟婁に大別され、西牟婁の中心地である田辺に対して、東牟婁の中心地は新宮となっている。新宮をはじめとする東牟婁地区は、西牟婁地区以北の和歌山県より、三重県の南牟婁・北牟婁との関わりが深く、「熊野国」と称される独立した文化圏を形成しており、田辺とは趣が異なっている。

西牟婁は口熊野とも呼ばれるが、熊野国には含まれず、熊野三山は熊野国による独占状態が続いていた。これを解消するため、田辺市が熊野三山の一角である熊野本宮大社が鎮座する本宮町との合併を表明したことで、新たな混乱の火種が生じた。

地理[編集]

太平洋に面する紀伊半島の主要な港町の一つである。平成の大合併によって、田辺市、西牟婁郡中辺路町・大塔村、東牟婁郡本宮町、日高郡龍神村がまとまり、新たに田辺市が発足した。これによって、護摩壇山や龍神岳、大塔山を擁する紀伊山地深部が市域に含まれ、市の面積が和歌山県内最大となり、ずいぶん恰幅の良い自治体となった。

熊野本宮大社のある東牟婁郡本宮町が田辺市に加わったことにより、新宮など東牟婁地区の市町村から「熊野三山が分断される」として猛抗議を受け、これに対して田辺など西牟婁地区の市町村は、田辺と熊野本宮大社は熊野古道の一つである中辺路によって結ばれており、本宮町との合併は「至極自然な成り行きである」として強引に合併を推し進めたため、東西の関係に綻びが生じることとなった。

田辺市が巨大化する1ヶ月ほど前に、西牟婁郡串本町が東牟婁郡古座町と合併して、「東牟婁郡串本町」となっているため、田辺はこれに対する報復とばかりに、東牟婁郡の町にまで手を出したのではないかといわれている。東牟婁地区によって展開される熊野本宮返還運動は、その背後に和歌山県三重県の対立が見え隠れしており、解決の道程は険しいと断言できる。

日高郡に属する龍神村と合併した理由は、和歌山県の最高峰である龍神岳を手に入れるためであるとされている。こちらは、御坊など日高地区の市町村から抗議を受けることなく、穏便に協議が進んだ。また、南紀一帯は備長炭の産地であり、備長炭を擬人化したびんちょうタンは、日高郡みなべ町の「みなべ川森林組合」のマスコットとして採用されたほか、田辺市や和歌山県でも採用されるなど、広がりを見せている。

歴史[編集]

紀伊田辺藩の城下町として栄えたが、長らく独立した藩としては認められず、紀州藩の支藩的存在であった。明治維新の頃になって、ようやく独立した田辺藩が成立するも、廃藩置県によって短命に終わってしまった。

武蔵坊弁慶の生誕地であるとされており、中心街には「弁慶町商店街」や「なぎ刀通り商店街」などが存在する。しかし、弁慶の故郷が田辺であるかそうでないかは、学術的な裏付けがなされていない。そのため、田辺の工作員が勝手にそう言い張っているだけだといわれるが、こういったことは信じたもん勝ちであり、少なくとも八百科事典では些細なこととして受け取られ誰も気にしない

旧新庄村の滝内は現在「住所として」ではあるが町として扱われている。しかし表記が「たきない町」なので、きたない町と読まれることを狙っているようにしか見えない。それでも敢えてそうしているのは「汚いなさすがたきないきたない」とツッコミを入れられるのを狙っているフシがある。さすが関西人というべきであろう。

備長炭の発祥地であり、「備長」の名は、田辺の商人・備中屋長左衛門が、木炭を全国に売り広めたことに由来する。備前長船の略称であると勘違いされることも多々あるため、本場和歌山産の備長炭を「紀州備長炭」と称して、産地の知名度向上に努めるとともに、備長炭の産地は備州ではなく紀州であることを世間に広く発信していく必要がある。

交通[編集]

熊野参詣道の紀伊路・中辺路と大辺路の分岐点となっている。紀伊路と大辺路は、トロピカルルート(笑)こと国道42号と、中辺路は国道311号と概ね重複しており、これらの国道は「酷道」の烙印を押されている。当然ながら、素人の通行はおすすめできないが、技量と土地勘がありさえすれば問題ない。

北の和歌山から東の新宮方面に至る紀勢本線(きのくに線)が通じる。「紀勢西線」の終着駅として開業した経緯を持つ紀伊田辺駅は、現在でも複線区間や快速列車乗り入れ区間の南限となっていることから、紀伊田辺駅をまたいで運行される列車は一部を除いて存在せず、終着駅も同然といった風情を醸し出している。

関連項目[編集]


この項目「田辺市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)