田尻智

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

田尻 智(たじり さとし、通称:サトシ、1965年8月28日 - )は、株式会社ゲームフリークの代表取締役社長。であると同時に、ポケットモンスターという生物化学兵器を利用し、全世界の子供を狙ったテロを企てた疑いがかかっている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田尻智」の項目を執筆しています。

経歴[編集]

ここでは彼の経歴を簡潔に記す。

幼少期[編集]

東京都の南西で育った田尻智は昔から生物に対する愛情が深く、優しい少年だった。

しかしある日を境に彼を混沌の世の中へ陥れる日が来たのだった。それはインベーター通称悪魔の戦艦である。彼はインベーターに出遭ってから毎日ゲームセンターに通い詰め、彼の親は自己破産した。それ以降生物に対する愛情は毛ほど無くなり、逆に生命を奪う楽しさに溺れて行った。

ライター活動とゲーム制作[編集]

ゲーム製作と偽り視神経(ししんけい、optic nerve)から直接、視中枢に働きかけ迷走神経(めいそうしんけい、Vagus nerve)や顔面神経(がんめんしんけい)を操れる電子ドラッグの開発にも成功した。この電子ドラッグによって現在も多くの子供たちが表情の欠落や、臓器麻痺を起こしている。

代表取締役社長[編集]

ライター活動やゲームの制作活動によって得た金で株式会社ゲームフリークを立ち上げ社長に納まった。そのような確固たる地位を手に入れたのはこの電子ドラッグのおかげでもある。

サトシ[編集]

田尻智という本名を本人は気に入っていないとされる。なぜなら苗字に尻が入り、かつ田代まさしに語感が似ていることを当人は非常に気にしているからである。なので本人は正式な文章以外ではカタカナでサトシと書き、周りにはサトシと呼ぶように徹底させているとされる。

ピカチュウ[編集]

サトシが好きなポケモンはニョロモ・ニョロゾという噂が流れているが、実は開発する中で一番気に入ったのがこのピカチュウとされる。しかし諸般の事情によりポケモンのパッケージに採用されることが無く初期のポケモンではトキワの森など一部の場所に幽閉されていた。転機としてはこのゲームがアニメ化されることになり主役ポケモンを決めなければならなくなったときである。そこでサトシは権力をフルに使いピカチュウを主役にすることに成功した。具体的には地デジ化後のチャンネルを7と決めさせる一方、部下とのカラオケでエロティカセブンを熱唱することで実現した。のちに圧力によりゲームでも主役に抜擢している。

パルスマン[編集]

ポケモンと関係ないが、サトシの息子で、サトシが産んだCGの女性に妄想敵な良からぬ事をしてできた。このパルスマンは、ピカチュウでもなかなか覚えられないボルテッカーを初期装備として使え、こちらをひいきにしている面もある。

関連項目[編集]