用水路

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

用水路(ようすいろ)とは、金銭の都合などにより、養いきれなくなった身内を捨てる水路である。

概要[編集]

用水路とは、元々生活に必要な水を供給するために作られる水路である。しかしながら、悲しいことに、この用水路を養いきれなくなった家族を処分するために使う人間もいる。

かつては、姨捨山の言い伝えなどがあるように、養いきれなくなった家族を捨てる場所は山が最適とされた。しかし近世に入って規制や監視が厳しくなり、また私有地となっている山も増えたため、捨てる場所が激減してしまった。その後は、東京湾などの海が新たな候補地となったが、ヤクザが「東京湾の水は冷たいで~」という脅し文句をあまりに濫用してしまったため、こちらも監視が厳しくなって難しくなっている。そもそも、山や海が近くにないという人も多いだろう。そこで登場するのが用水路である。

身内を売る[編集]

とはいっても、用水路は海と違って浅いため、殺したい奴を始末しきれないのではないかという懸念もある。しかしながら、始末したい身内と言えば、大抵は重度の障害者だったり、老人だったりするので、水深の浅い用水路でも溺死させることは結構簡単なのだ。

用水路を使った身内の始末がいつ頃から行われていたかは定かではないが、20世紀前半には既に障害者の身内を用水路で処分する事例があった。その後、プロセスの手軽さから人気を博し、用水路を使った身内の始末の件数は飛躍的に上昇したのだ。

生きるため仕方が無かった[編集]

用水路に身内を投げ込んで始末する人々を、多くの人は外道と唾棄する。しかし、彼らの殆どは、やむを得ない事情を持っている。

人一人を養うというのは大変なことである。不況に苦しむ現代であればなおさらだ。しかも、養う対象が、重度の障害を持っていたり、肉体的に衰弱著しい老人であれば、コストも労力も相応に消費する。残念なことだが、消費できるだけのコストも労力もない、尽きてしまったという人が多い。行政に掛け合っても、マニュアル通りのお役所的な対応をされ、たらいまわしか門前払いを食らってしまう。こうなると八方塞がりである。進退窮まった家族に唯一残された道が、用水路に捨てるという行為なのだ。

出典[編集]

用水路が身内を始末するために使われているという事例は枚挙に暇がないのだが、行政が隠蔽しているため公になることはない。ウィキペディアでも、このことを書くと検証可能性を満たさないとして削除されてしまう。しかし、国が出版業界に圧力をかけているので、信頼にたる史料がこの先出てくることは絶望的である。

にもかかわらず、なぜ、用水路がこのような使い方をされていることが白日のもとに晒されたのか?それはインターネッツのおかげである。正義の味方であるグーグル先生は、用水路にこのような悲しく痛ましい使われ方があることを熟知しており、それを人々に周知させるべく、「用水路」と調べるとサジェスト機能に用水路による殺人を示唆する単語が現れるよう仕込んでいる。権力の犬と化したウィキペディアはサジェスト機能など信頼できる情報源にあらずとして一蹴しているが、ここに確かな真実があるのだ。是非、グーグルのトップページから「用水路」と打ち込んで欲しい。そこには、断腸の思いで家族の命を捨てる悲しい人間の姿が映し出されるであろう。

関連項目[編集]