生物の分類

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「生物の分類」の項目を執筆しています。

生物の分類(せいぶつのぶんるい):この項目では生物を統一的に階級分類する方法を説明する。アンスピーシーズも参照のこと。

概説[編集]

生物にはそれぞれ学名がついており、その前半は属名、後半は種名という。これこれこういった理由で同じ、もしくは何となく似てる、ネーミングがそれっぽい、等によって分類され、分類名をつけることが行われている。また、これら分類を更に階層的に体系付けすることにより、様々な生物の類縁関係、ひいては進化の系譜を明らかにしようとする。

生物の分類は上位から順に、界、門、綱、目、科、属、種に大別され、それぞれの下に必要に応じて亜門、亜綱などが置かれる。

Seibutukai.png

分類学の興隆[編集]

古代・中世の人々は皆、神やそれに関する学問に傾倒しており、下等生物の分類学は脚光を浴びてこなかった。アリストテレスはそのような状況を鑑み、『生物界』という最初の生物分類を体系化した。全ての生物を一つにまとめたこの分類法は、大変簡易かつ判り易いために長年に渡って用いられていくことになるが、近代になるとそれをわざわざ個別に分類しようという暇人によって動物界・植物界・鉱物界の3界説が唱えられ、続くように同様の暇人が時間潰しに丁度良いとばかりに集まり始め、19世紀末頃から様々な界が乱立、20世紀以降になると界分類の再編が日常的に唱えられている。

元々、界は分類上の単位としては考えられていなかった。しかしながら、当然のように生物には三つのもの、動物界・植物界・鉱物界に分けられると考えられていた。が、古い時代の人々は神やら神学やらの研究で忙しかったため、その辺の下等生物の分類体系化にはまるで興味がなく、アリストテレスによって体系化された1界説が長年に渡って用いられてきた。しかし18世紀に入ると、キリスト教会の権威の失墜と技術の革新に伴い、神の研究に飽きて別の道に進む人々がぽつぽつと現れるようになり、分類学の世界にも徐々に有能な暇人が入るようになった。その代表的な人物が3界説を唱えたリンネであり、それまでに知られていた生物の情報の整理、二命名法の体系化、分類階級の階層的位置付け、綱、目、属の追加などの功績により、『分類学の父』と称されている。

後年の技術の発達による強力な武装・兵装の一般化によって、自然界を跋扈する超常存在に対して、専門職でない一般人にもある程度の抵抗ができるようになる。また、伝統の技術を持つ専門職の中にもこれら近代武装を用いる者が増え始め、彼らに対する勝率が鰻上りに上がるようになった。その中で現れ始めた、怪物処理職の家系に生まれながら別の職業を兼任する人々にあって、分類学の道に進んだのがエルンスト・ヘッケルである。家業で培った技術や知識を駆使し、それまでの人々がしようにもできなかった『怪物の分類体系化』に望んだ彼は、その中で怪物も生物の一種としてカテゴライズできることを確信するも、どう頑張っても怪物が既存の分類体系に当て嵌まらないことに疑問を覚えた彼は、他の同業者達に接触して話を聞くことにより怪物が独立した一つのカテゴリーが形成していることを確信、第4の界として妖界を提唱した。

近代分類[編集]

ロバート・ホイタッカーは更に動物界から原生生物界、植物界から界をそれぞれ認め、6界説を提唱した。動物・植物の区別が無かったであろう時代は遥かに過去の事であり、その両方に含まれる生物を先史時代の名残として、過去から変わっていない『原生の生物』という独立の界とした。また、真正細菌古細菌ウィルスなどの、現状の分類では捉え難かった超小型の生物について『菌』として一つにまとめ、再分類することに成功した。この6界説は、ミドリムシ変形菌など、動物・植物界双方に含まれるような生物の分類をどうするかという分類学史上ずっと争われてきた論争に終止符を打つものとして、現在でも評価が高い。

また、カール・ウーズは、ヘッケル以来ほったらかしにされてきた妖怪・神・幽霊を再分類し、8界説を提唱した。自身もヘッケルのように怪物専門職の家系であった彼は、仕事の合間の趣味として分類学を始めた折、妖界の分類が余りにも大雑把過ぎることに疑問を持った。それは、強力な力を持つ異形の怪物たちに対抗できる専門職であり、かつ分類学を専攻するような変わり者が非常に少なかった為であった。これは趣味として丁度良いと感じた彼は、その能力を持ってして妖怪・悪魔・神・亡霊などの研究を行った結果、妖界を以下の三つに再分類した。

  • 妖怪 - 季節・自然現象の体現、幻想生物、生物複合種など、妖力以外には姿形は他の動植物に近い姿を持つもの。
  • 神仏 - 人に関わり、人の祈りによって体現するもの。
  • 幽霊 - 人間その他、様々な生物の魂が変化などしたもの。

更にその後、ウーズは増えすぎた分類を簡易に表記するべく、3ドメイン説を提唱した。従来の分類学上の最上位だった『界』の上に新たにドメイン(domain)を置き、動植物をまとめた『生物』、細胞構造を持たない『鉱物』、その他諸々の怪物を『創造物』と命名。何で今更そんなことをする必要があるんだ、という議論が巻き起こったが、判り易くなるならいいじゃんという理由で次第に沈静化し、現在ではこの3ドメイン説が界以上の分類法の基準となっている。


リンネ
3界説
ヘッケル
4界説
ホイタッカー
6界説
ウーズ
8界説
ウーズ
3ドメイン説
動物界 動物界 動物界 動物界 生物
原生生物界 原生生物界
植物界 植物界 植物界 植物界
菌界 菌界
鉱物界 鉱物界 鉱物界 鉱物界 鉱物
  妖界 妖界 妖界 創造物
神界
霊界

分類例[編集]

生物[編集]

鉱物[編集]

創造物[編集]

関連[編集]