甘利虎泰

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「甘利虎泰」の項目を執筆しています。

甘利 虎泰(あまり とらやす)は、戦国時代の武将。板垣信方と共に、若き日の武田信玄を支えた両翼として知られているが、板垣と比べると存在感が希薄で、逸話の類もあまり残っておらず、板垣と共に武田氏を支えた事と、板垣と共に上田原の合戦で戦死したことぐらいしか知られていない。

人物[編集]

虎泰は猛将として名高く、「甲陽軍艦」などの戦記物語で「野に放たれた怒り狂う猛牛」と評されている。一見すると虎泰の武勇を高く見積もっている評価に見えるが、一方でこの「猛牛」という評価は、猪突猛進しすぎて思慮の足りない面もあるというマイナスの評価も含んでいる。それゆえ、歴史小説などで登場する際は脳筋野郎として描かれたりするなど、あまり良い扱いは受けていない。

板垣信方との関係[編集]

虎泰と板垣信方は、共に主信玄を支え、また信玄が家督を継承する際には、父武田信虎の追放を共にお膳立てした。家臣の筆頭として活躍したこの二人だが、信方の方が信玄の傅役という、信玄に近い立場にあったこともあって、出世や序列では板垣に後れを取っていた。「甲陽軍艦」では、虎泰が自分も大車輪の活躍をして武田家の隆盛に貢献しているのに、信玄が傅役である信方ばかり引き立てていることについて「あまりに無常」と嘆息する描写がある。

山本勘助との関係[編集]

井上靖の小説、「風林火山」において、虎泰は主人公である山本勘助を忌み嫌う,あまり扱いの良くない敵役として登場している。太閤記など、豊臣秀吉を主役に据えた作品において、秀吉をいびり倒す柴田勝家のような位置付けである。そのため、勘助と虎泰の関係は良好でなかったという印象が強いが、実際には勘助は虎泰について「その采配には見るべきものがある」と高く評価しており、井上の小説内における描写ほど、あまり関係は悪くなかったようである。

上田原での戦死[編集]

虎泰は板垣信方と共に上田原の合戦村上義清に討ち取られた。この時、虎泰は慎重に兵を進めるよう進言したのだが、調子に乗っていた信玄と板垣が見境なく兵を進めてあまりに無謀な突撃を敢行、気がついた時は村上の軍勢に包囲されて壊滅状態にあった。板垣と共に最前線にいた虎泰は総攻撃を受け、いわば板垣の道連れにされる形で戦死した。あまりに無常である。

なお、この時板垣はまだ合戦が終わっていないにも拘わらず敵が輻輳する戦場で首実験を始めるというあまりに気違いじみた所行をやらかしているが、虎泰についてはそうした話は伝わっていない。

家族[編集]

息子に甘利昌忠がいる。昌忠は父の後を引き継ぎ、信玄の下父に劣らぬ活躍を見せたのだが、所謂武田二十四将には、講談によって入れてもらえたり逆にハブられていたりする。山県昌景馬場信春ら信玄時代の後期を支えた家臣達と比べると今ひとつ印象が薄く、武田指折りの猛将達からはあまりものにされてしまう傾向がある。

その扱いの悪さからか、昌忠はスカトロに目覚めてしまい、部下にうんこを食べさせようとしたことがある。あまりにひどいと抗議された昌忠はなんと、自らそのうんこを食べて「うまい」と言い放った。 あまりの無謀な行為を見せつけられた部下は、仕方なく自分もうんこを食べることになった。

武田の牛は最後が悲惨[編集]

虎泰と同じく「猛牛」と称された武田の武将に秋山信友という人物がいる。信友は岐阜方面の攻略を担当し、岩村城を陥落させるなど功績を立てたが、最後は織田信長に捕らえられて処刑された。虎泰も戦死しているし、「牛」に例えられる武将は、あまり良い末路を辿らないようだ。