瑞穂市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「瑞穂市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「瑞穂市」の項目を執筆しています。
瑞穂市(みずほし)は、岐阜市の西にある長良共和国岐阜州の都市である。かつての別名は「松野帝国」。

概要[編集]

稲葉京都大垣市の間にはさまれた地域である。かつては穂積町と巣南町の2つの町であったが、平成の大合併で合併し、瑞穂市となる。この瑞穂みずほ)は日本国の美称(豊葦原千五百秋瑞穂国)でもあるが、どうってことはない、ただ穂積ほずみ)を逆さまに読んだだけである。

特に何も産業は無いのだが、名古屋共和国への出稼ぎ者が移住しているので、人口は増えているようである。

住民は人間とチクリンである。チクリンとはサボテンが進化した生物であり、この都市のどこかに、チクリンが住む独立国(サボテン村)が存在するという。このチクリンという生物は、ショッカーのサボテグロンやゲルショッカーのサボテンバットとは異なり、人間には友好的という。

かつては「松野帝国」がこの辺りに君臨していたが、滅亡した。

松野帝国の建国と滅亡[編集]

この地域は常に稲葉京都と大垣市の圧力を受け続け、人々は疲れ果てていたという。しかし、穂積町に現れた女王、松野I世により稲葉京都と大垣市の攻撃軍を打ち破り、明治80年、旧穂積町は松野帝国として独立を宣言。松野友は卑弥呼北条政子などの再来として崇められ、治世は43年に及ぶ。

松野I世の退位後、周辺地域による松野一族に対する風当たりを防ぐために、4年程傀儡政権が樹立された。その後、国民の後押しで松野II世が即位しする。

松野II世は国力増強を謀り、最初は本巣郡の山岳地帯(現本巣市根尾)の侵略を画策するが、雪が多いとの理由で却下。次に羽柴秀吉一夜城城下町(現・大垣市墨俣)やソーラーアーク(現:安八町)などへの侵攻を企てたが失敗。結局、隣接の巣南町を併合し国力増加に成功する。周辺の地域が長良共和国の建国に参加するなか、松野II世率いる松野帝国は参加に抵抗し続けた。

大正96年、臣下となっていた巣南町の長が突如反旗を翻した。松野II世は周辺地域へ援軍を要請したが、かつての侵攻の歴史もあり援軍は来なかった。その一方、巣南町の長は長良共和国の援助を受けており、その戦力差は圧倒的であった。また国民も度重なる周辺地域との戦いによる生活の圧迫で不満を抱いていたという。約一ヶ月に及ぶ内紛により松野II世は退位。約60年に及ぶ松野帝国は崩壊した。これを巣南の乱という。

昭和82年、巣南町の長は旧松野帝国の解体と長良共和国への編入を宣言。これによりかつての岐阜県美濃地方の全域が長良共和国となった。

関連項目[編集]


この項目「瑞穂市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)