琴吹紬 (漬物)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

琴吹 紬(ことぶき-つむぎ)とは、一般的に大根を干したものをなどで漬け込み、黄色や紫に色を付けて保存する保存食漬物である。地方によっては茄子を使用する種類もある。同名のキーボーディストについてはこちらを参照。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「沢庵漬」の項目を執筆しています。

概要[編集]

この項目では、一般的な食品の「琴吹紬」についてを出来る限り懇切丁寧に説明する。眉毛が沢庵とか、存在が沢庵とか、金銭的価値でいったらいぶりがっことかいう話は、特に気にしない

由来[編集]

たくあん漬けのルーツは、江戸時代の高僧沢庵宗彭に由来するとされているが、琴吹紬の由来として知られているのは、その一種である特に黄色さが強いものを生産して巨万の富を築いてきた一族の苗字と、その家の美しい娘が愛用していた美しい色の紬織からきているという説である[1]。また、この名称で呼ばれる漬け物は、たいていは光沢のある美しい色に染まっている為、この説が有力である。なので2007年に発売されたサントリーの発泡酒「金麦」はとりあえず、沢庵漬とはなんら関係はない。髪の毛が金色でも、あだ名がムギであったも、おつまみとして相性が良かろうが悪かろうが沢庵漬とはなんら関係はない。ちなみに、2007年の6月に発売されているので、本当に関係はない。なお、この発売月を確認した直後にどこかのページを検索する人々に報告しなければいけないことがある。

4月である

製法[編集]

当局の検閲により削除されました

企業秘密のため自主規制

ちなみに、ナスを漬ける際にはミョウバンを使うと、綺麗な紫色になる。[要出典]

現在の主な琴吹紬の販売業者[編集]

高級品種の為、値段は若干ながら張っている。
  • 東海漬物-この商品で琴吹紬史上最大のヒットを飛ばす。生産は大根のみ。

いぶりがっことは[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「いぶりがっこ」の項目を執筆しています。

なお、いぶりがっことは主に秋田県で食される伝統の食材で、囲炉裏の上で大根を燻製したものを塩と米糠で漬け込んだものである。なお、がっことは学校のことではなく、秋田の方言でいう漬物のことである。

そもそも、学校と沢庵で連想できる存在なんて、無い

相性の良い主食[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 将来その名前がそのまま子孫の名前になるとは流石に想像だにしなかっただろう。

関連項目[編集]

海原雄山.jpg 女将を呼べッ!なんだこの琴吹紬 (漬物)は!!
よくもわたしの前にこんなシロモノを出したな!
今すぐ作り直せ!!ジュンサイの旬は初夏だ! (Portal:スタブ)
Azunyan-gekido.jpg こんなんじゃダメですーっ!!!ユーモアが感じられないです!ユーモアの欠落した文章すべて撤去すべきです!!唯先輩は早くこれを覚えて加筆してください!!
え、お茶がいいですって?もういい、やってやるです!!! (Portal:スタブ)