琉球帝国

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
偉大なる兄弟は見ている
クライムシンク
真理省」(ミニトルーは記事を極不可」(ダブルプラスアングッド思想犯罪」(クライムシンクと認定
愛情省」(ミニラブ正考」(グッドシンクに全訂正
(真理省によりこの記事の内容は非常に犯罪的かつ欺瞞を含んだものと見なされており、
上の虚偽がもたらしたあらゆる有害な部分の改善が愛情省によりおこなわれています)
Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

琉球帝国(りゅうきゅうていこく)は、沖縄を中心に発生している国家独立運動が主張している、新国家の名称である。皇帝には、琉球王国の末裔が知事となって即位するらしいが、現在のところ、イエス・キリストの生まれ変わりである又吉イエス氏が、帝国総統を務める。

「革命」への流れ[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「琉球帝国」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

16世紀より、東南アジアに進出してきたポルトガル人により、レキオスと呼ばれていた。友好的で武器を持たず平和を愛する人達とされ、絶対に奴隷の売買をしない人々として知られていた(トメ・ピレス『東方諸国記』(1512~15))。万國津梁の民。優秀な商人であり、中国と日本の狭間で巧みなバランス外交を展開して、東アジア最先端の国際貿易都市国家として繁栄を謳歌した。

琉球はその建国の経緯から明および清国を宗主国としており、中国側からは台湾を小琉球、沖縄を大琉球と呼ばれていた。

ヨーロッパにもその名前はよく知られ、今でも沖縄のあちこちに、漂着したヨーロッパ人達の墓標があり、交流がある。 宮古島にはドイツ村があるが、その交流の一部である。

琉球は17世紀初頭より清国と薩摩藩の日中両方に属する特殊な環境にあったが、明治時代より正式に日本に編入され、「沖縄県」となった。しかし当の日本より先に、米国がペリー提督以前より虎視眈々と琉球を狙っていた事は意外に知られていない。米国は日本に先を越され渋々フィリピンを占領したが、遂に沖縄を手に入れた暁にはあっさりスービック基地を放棄した。

独立運動[編集]

2007年11月、沖縄県におけるアメリカの軍事基地問題の進展の無さ,集団自決を従軍慰安婦と南京事件に同レベルにしている3K新聞に頭に来た県民が、「イェ、ヤッターヨ、イツマディンクヌウチーナンカイキチグヮーオイトルバー? ワッターヤ、ウシェーントーニ? ユクシアビランケード、ユクサーターヤ。ダァ、ヤッターヤ、タックルサリンドーヤナフラーターヤ。スグラリンドゥ。(訳:沖縄を返せっ!)」 この事件をきっかけに、又吉イエスのもと、琉球帝国復活の独立運動が発生した。(かもしれない可能性を否定するべき根拠が乏しいとも言えないとも言えないところが石に傷の点を遺憾と言わざるを得ない)。沖縄は、戦後も長年日本やアジアの古い伝統文化を大切に保存し、米国ソ連中国といった革命、破壊、自由民主共産主義押しつけの、伝統文化破壊勢力に対し、一貫として抵抗を続け、今や日本の中でも屈指の「左翼の牙城」と呼ばれている。

またテロリスト達は、生物兵器沖縄病を作りだし、日本軍米帝国軍が次々と発症し致死率の高い病でありながら、未だ治療法は移住しか治療法が無いと言われている恐ろしい病気を蔓延させている。これに対抗する為、日本軍米国帝国軍は、沖縄の美しい海を全滅させる「枯れ海剤」の開発や、基地の基地外への移転などの日米共同作戦を展開している。

現状[編集]

米国と日本が協力して鎮圧に当たっているが、米国帝国軍が自ら住民に対し自爆攻撃をしかけてしまい、その為に日米トップが、エクストリーム・謝罪を繰り返してしまう為、中々戦局は有利に展開していない。また、琉球帝国は保守帝国でもあり、県知事が巧みに左翼右翼を手足の如く動かし、独裁体制を築いている。また琉球主席選の時代から、米国は沖縄知事選にこっそりCIAを送り込んでいる。(この秘密文章は現在明らかになっている。)県知事が、「自衛隊機で尖閣諸島を自ら視察するぜ!」と叫んだ事態でも、中国系の各新聞は一斉に沈黙した。2007年の集団自決教科書問題では、県知事自ら動員をかけた為、11万人(公称)が集まる事態になった。ところが、2008年の女子中学暴行事件県民大会では、県知事が無視した為、参加人員は6千人(公称)にとどまった。

沖縄返還前には、対中国核ミサイル「メースB」が96発、その他「ソアー」等1967年には1200発の核兵器が配備されていたが、若泉敬吉田氏が米国の医者、jonesキッシンジャーとの極秘密約で沖縄返還の際「メースB」は撤去する事にした。ただ緊急時の「装備における重要な変更」は認めちゃうよと手をうち、一件落着となった。

その後、このお医者様は、日本を無視して中国の周恩来と電撃的に国交を結び、「日本は幼稚ですからねぇ。」等とリップサービスを行った事が現在確認されている。

最近は、嘗ての泥棒が金持ちになって仲良くしようと言っているのに、今更縄を綯おうとしている人が本土の方で増殖している。琉球帝国独立の際には、米中台琉で条約を結び、ガス田や尖閣の石油を山分けしようと密かに企んでいると言われている。その際の収入は、琉球帝国人1人当たり、2億円と計算された。この場合、日本は蚊帳の外である。

予測される未来[編集]

ただ現実は琉球帝国を確立しようと言う人は、又吉イエスだけと見られ、県知事選NHK自党宣伝でも対抗馬に対して「切腹するべきだ」「氏ね」と堂々と言うところがお茶目とも言える。実は、彼は余りに乾ききった世知辛い日本に、ユーモアをもたらす為にアマミキヨが使わした天使である。その思考回路は凡人の領域を越え、米帝国軍をも震え上がらせている。

米帝国軍は、中国人民解放軍が沖縄に攻めてきた際には「オネストジェン」等を用いた核戦闘を綿密に計画していた。その計画によれば、撤退防御する方向は、旧日本軍の様な南部では無く、北部へ移動する事になっていた。この計画がばれ、さらに沖縄県民の怒りを買った。その為、米帝国軍はさらに低姿勢にならざるを得ず、「良き隣人」と云う言葉が奨励される結果になった。最近では、沖縄尚学が選抜で優勝した際には、在沖駐米大使もテレビで応援するという事態に陥った。

米帝国軍は沖縄県警を恐れており、警官の実力行使に対しては「日米地位協定」を盾にするしか方法が無い。「自国では、こんな万引きでは捕まらないのに。日本は遅れている」と意味不明な事を言う奴も後を絶たない。

現実的に、核の傘の中心に向かって攻めていくのは無謀と言われており、実際沖縄戦で帝国軍が上陸した読谷村には嘗て地対空核ミサイルが配備されていた。この程度の事実は又吉イエスも知っており、彼は実は確信犯とも言われている。

関連項目[編集]