琉球大学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

琉球大学(りゅうきゅうだいがく)は、琉球王国に現存する唯一の王立大学であり、同国の最高学府である。略称は落第…もとい、琉大(りゅうだい)。

概要[編集]

同盟国である日本国の大学には及ばないものの、王国内では随一の技術力を誇る大学。首里城を本拠地としていたが、近年の観光客の増加により機密を保持できなくなったため、西原市に移設し、現在では西原市宜野湾市中城村にまたがる。地下施設の撤去は行っていないが、老朽化が激しいので現在では立ち入り禁止である。

沖縄本島のほとんどを大学の敷地としてしまったため、大学の敷地だと知らずにほとんどの国民は生活している。学内には、6000台分の無料駐車場があり、善良な市民に活用されている。

沿革[編集]

琉球大学は、アメリカ合衆国出身のペリーによってもたらされた未知の技術を研究し、薩摩藩の侵略を目的に創設されそうになった機関を現代に蘇らせたものである。

実際は国内でもかなりの権限を持つ政府機関であるが、日本国の援助の影響もあり学校のスタンスを採り、要人育成に励んでいる。

授業は公用語の英語琉球語を併用する為、外国人には理解できない為にまともな留学生は少なかった。しかし、近年の沖縄(琉球の愛称)ブームにより日本からの留学生が増加している。しかしながら激しい差別意識と外国人排斥運動の中で留学生が調和しているかどうかは不明。

施設[編集]

あまり知られていないが、琉球大学は3つの大学から成り立つ連合大学群である。敷地の中央に区の水源である千原池(せんばるいけ)があり、南側が本学の琉球大学、その北側に宜野湾農工大学、西側の山を登ると上原医科大学がある。学内では農工大生が学部に女子がいないと琉大生にバカにされ、その琉大生は偏差値が低すぎと医科大生に蔑まれるという健全な階層社会が形成されている。なお、医学生は実習先である琉大病院でモンスター患者から罵られている。

農工大は経常的に財政難で、このため教養科目を全廃しており、農工大の学生は教養科目の単位をとるだけのために、南方の琉球大学への一時編入を余儀なくされている。池には球陽橋という長大な橋が架かり、学生はこの橋を徒歩で渡り、南へ通っている。

ループ道路
大学の敷地を縁取るように取り囲む周回道路。5ヶ所も信号付の交差点があり、田舎大学との格の違いを見せ付けている。ループ道路はいかなる牛や車も時速20kmで走行することが義務付けられており、誰も遵守していない。数年おきに死傷者のでるような事故が起きているが、諸般の事情から公表されない。工学部をまわるコーナーは軽自動車がよく横転することで有名。農場側の直線道路は、愛車の加速性能を試すのに申し分ない長さで、特に自動車部のレースで重宝されている。
琉大北口
琉球大学の事実上の玄関口。あまり機能していない守衛棟と、那覇へのバスが発着するバスターミナルがある。更に、那覇空港までつながる高速バスの「琉大入口バス停」までもがあり、至れり尽くせりの処遇。さすが王立最高学府。もっとも、ものぐさ学生がバス停まで歩くはずもなく、学生全員が車通学であるため利用する者はきわめて少ない。
千原寮
北口近くにある学生寮。公営団地も真っ青の古代建造物であり、トイレ・シャワーは共用。平日、休日を問わず、夜な夜な酒盛り儀式の未開な雄たけびが聞かれる。男子寮は南星棟海邦棟北辰棟男子混住棟、女子寮は紫陽花棟女子混住棟からなり、ジャージ姿とサンダル(あるいは半裸)の原始的な姿の住人たちが生活している。最近では片手に文明的なシャンプー容器をもって共同シャワー室へむかう全裸の新種も発見された。寮敷地内は多数の猫が生息しており、猫好きにはたまらない。南星B棟4階には古くから学生寮をとりまとめる寮長とその取り巻きたちによるナビヨンと呼ばれる首長集団が専住し、その下品な文化を綿々と保存・継承していたが、最近向かいの海邦棟とロケット花火の打ち合いをしたことが寮事務に漏れ、関係者一同強制退去となった。混住棟は「留学生と混住するための棟」でここでは留学生とは中国人のことを指すが、残念なことにその名前からなにかワクワクして勘違いから入寮するものがあとを絶たない。海外留学生の文化的事情に配して各個室にトイレ・シャワーが供されるなど施設面で充実しているが、精神的に安定した寮生活にはかなり高レベルの共同生活スキルが必要。数年前に近代化著しい新混住棟が完成したが、この新築ぴかぴかの近代施設に入居するには莫大な賄賂が検閲により削除
農学部農場
連合大学群の敷地の半分を占める広大な農場。ヤギやらウシやら厩舎やらが、深い森の奥に点在する。北口近くにはビニルハウス試験場もあるが、何が栽培されているのかは分からない。というか多くの学生の目に入ってなく興味もないし、そもそも農学部自体が眼中にない。ただ、高知大学のように、ケシでないことは確か。敷地の西端には開かずの門(西口)があり、大学とは何の関係もない業者が露天でみかんやスイカを売っている。
千原池
琉球王国では東村の福地ダムにつぐ湛水面積をほこる巨大な人造湖。大学の水源であり、排水池でもある。池の周囲は熱帯性の植物が生い茂るジャングルであり、マラリアエボラ出血熱など多くの風土病が確認されている。このため、入学者は対応した予防接種を入国前に受けなければならない(県内出身者は免疫がある)。これらの池やジャングルは名目上は農学部の演習場であるが、実際のところ農学部は大宜味村に広大な演習林を保有しており、この森の利用は皆無に等しい。
千原池は元々理学部と工学部が、産業廃棄物である実験排水を垂れ流した結果生じた湖であり、元々は両学部の共同統治領であった。しかし汚染水であるはずの千原池の周りに何故かマングローブが自生するなどの大自然の驚異が起き、ハブ駆除を名目に農学部が海軍を派遣し、そのまま占拠してしまった。
保健管理センター
別棟にあり、健康診断で一度か二度(四年間まじめに四回受ける学生は皆無)訪れる以外は決して立ち寄らない。他の用途としては課外活動中の外傷の対応だが、部活動がはじまる17時には閉館しているのでまったく意味がない。木々に覆われており、目に付かないため、保健管理センターの存在自体ほとんどの学生は知らない。この保健管理センターの前のループ道路上に、人も車もいないのになぜか信号機があり、「ここで赤信号に掛かるとイラッとくる」と学生の9割が答えている。
図書館
琉球王国の国会図書館の役割を果たす巨大施設。王国内最大の蔵書を誇る。テスト前にろくに勉強もしないくせに机を陣取る多くの学生たちに占拠されること以外、一切利用されていない。学生は本を借りる手続方法すら知らない。出入り口には盗難防止用のセンサーが取り付けられているが、別に盗んでもいないのによくブザーが鳴り、多くの無実の学生がこれにより連行された。
雑居ビル
千原池の東岸にあるビル。
前述のように千原池は元々理学部・工学部の領海だったのに農学部に占拠された経緯があり、両学部は千原池の奪還を目論んでいた。その為、湖畔に近代的なビルを建設することで領有権を主張しようとした。しかし建設費がなかった為、日本政府の予算をふんだくる為に「産学連携の為のビルだ」と嘘をつき、理学部・工学部の他、民間企業の研究室やベンチャー企業などが入居する施設である、と大ボラをふいて名前も「コラボレーションセンター」と僭称して予算を獲得した。しかし実際には民間の研究室など入るはずも無く、空き部屋は理学部学生の無料宿泊所と化したため、実態を反映して「雑居ビル」という名称になった。
尚、それから20年近く経った現在、政治闘争の結果なのか何なのかしらんが工学部勢力は追い出されて、理学部本館みたいな扱いにされている。が、騙されてはいけない。理学部本館はその隣にある古代遺跡のような建物である。湖畔にあるでっかいビルは、あくまでも雑居ビルである。
琉大南口
琉球大学の南口。西原口とも呼ばれる。こちらも全く機能していない守衛棟と、留学生センターがある。門のそばにはモスバーガーが進出しているが、多くの学生には高級すぎて手が出ないため、長田のマクドナルドへ行く。また、ホットスパーというクソを絵に描いたようなコンビニが鎮座していた時期があり、親元のカスミコンビニエンスが買収されてCoCoストアになって少しはマシになるかな?と期待していたが何も変わらなかった。正面の坂を登りきると上原医科大学がある。
琉大東口
琉球大学の東口。中城(なかぐすく)口とも呼ばれる。やっぱり全く機能していない守衛棟と、教養科目用の広大な駐車場がある他は、何もない。あるのは自治会の能書き看板くらいである。
グラウンド
教養科目棟の近くにある体育科目用の屋外施設。驚くほど手入れがされておらず、草ボーボーである。信じがたいことにゴルフの授業まで無理やりここでやるため、穴だらけである。野球場らしきものもあるらしいが、目撃者は少ない。
居酒屋「動く街」
東口にある大学公認の居酒屋。店内は迷路のように入り組んでおり、階段と廊下の連続で、「火事になったら避難できるのかな」という疑問が湧く。非常にユニークな造りが学生に受けていて、近年北口にも進出した。

自治会[編集]

琉球大学は、王府から半独立した自治区であるため、その行政を司る自治会という行政組織が存在している(学生会)。自称「公安からマークされている」と吹聴するアブナイ組織であり、入学時に無垢な新入生から会費5000円を強勢徴収するなど極めて非民主的な行為を行いながら、政治批判・天皇批判・学長批判などの誰も聞いちゃいない演説を延々と生協入口で垂れ流している。自治会の構成員の大半は、革マル派の一派で、学生として入学した自衛官を徹底的に中傷・糾弾して退学へ追い込むなど、とても現代とは思えない狂気じみた活動を嬉々として行っている。会の代表は、名誉総裁のS山氏で、決して卒業しない永遠の20歳である。この自治会の円滑な行政運営により、琉球大学の健全な権威は保たれている。大学のある宜野湾市には同じく革マル派の解放社沖縄支社があり、資金粛清されました

学部・学科[編集]

国唯一の国立大学法人大学として多くの学部・学科を持つ。

法文学部
「とりあえず」行く学科。学生らに目的はない。「ここしか行けないから」「県外は嫌だから」が合言葉。「総合社会システム学科」という意味不明な学科がメイン。
観光産業科学部
沖縄だから「観光」の名をつけただけである。おかげで「観光立県の次の世代を担う人材を育成できる」と県やマスコミは大喜び。実績は特にない。手取り月収10万ポッチの使いっぱしりホテルマンになるために大学に通うのである。専門学校でもいいんじゃね?
教育学部
学校の先生になりたい人が行く。失敗したら、予備校の先生でいいや。将来は教育委員会の下僕になるか、日本語の通じない子供たちとモンスターペアレントとの間に立たされてになるか、どちらかを選べる。
理学部
(海洋系は)「亜熱帯の海で遊べる」と県外からの人気が高いため、地元民は入れない。なお、就職率は3割をきった。
世界的にも珍しい「政治学科」を設置する理学部である。かつてはパリ政治学院と並ぶ新生琉球王府のエリート政治家養成機関であったが、自治会や琉球支配を目論む日本政府との抗争の結果、名称を政治色の薄そうな「物理学科」と変えるなどのカモフラージュを余儀なくされた。その後は県4役の一つである教育長を目指すために教員を志望するものが増えた。その後1995年の事件をきっかけに沖縄の政治的注目度がさらに高まったため、さらなるカモフラージュの必要を迫られた。その為海洋学科の一部を侵略・占領し、「物質地球科学科」を名乗るようになった。卒業生に議員や首長になったものは少ないが政治活動に関わっている者は多い。また、全共闘運動のなれの果てであるコミケと深く関与している者も多い。反面、物理と関係のありそうな職についている者は少ない。本来政治家又は政治活動家を育成するための学科なので、当然の結果である。
工学部
格闘技好きが集まる。残りはアニメ好き。どちらも特に好きではない人種は徹底的に排斥され、他学部への編入を余儀なくされる。農工から橋のむこうの学部に転学する「脱北者」と呼ばれる事例が存在する。
農学部
多くの学生は眼中にない空気。夏休みに屋上で学生の検閲により削除が発見されても、なかったことにされたくらい。最近ではやけに男っぽいAKB48が在学していたため多少有名になった。校舎に隣接して、怪しげな私設博物館がある。校舎前にヤギがいたが、誰彼構わず突進するという某ヤギゲーのような状態になったのでヤギ汁にされた。
医学部
頭のいい人たちが行く。地元のエリートを自負。でも付属病院は意外と評判がよくなかったりする。
短大部
(消滅しました)
法科大学院
県内唯一の法科大学院として期待されているが、なにしろ学部の授業に司法試験の必須科目である刑事訴訟法がないというのだから、入学してくる学生の質はお察し下さい

琉大祭[編集]

琉大祭は、琉球大学で毎年夏に開催される学園祭のことで、主に飲酒をテーマとする。開催期間中は、学内で提供される飲み物は全てビール泡盛に代表されるアルコール系飲料となり、一般的なソフトドリンクの提供は強く禁忌される。これは、若者の酒離れが著しい昨今の社会情勢を打開するため、学生に酒に親しんでもらおうと酒販業界との共催で企画されているためである。琉大祭内においては未成年の飲酒飲酒運転(ただし構内道路に限る)も奨励されている黙認されるという一時的な治外法権が成立する。しかし当然ながら大学外においては、日本の国内法が適応されるため、酒に酔った未成年は酔ったまま学外へ出てはならず、同様に飲酒運転のまま一般道へ出てはならないが、毎年それを守らず補導される者が後を絶たない。また、学生が飲酒運転のまま一般道へ出て、検閲により削除を起こす事例が毎年発生している。しかしながら、これは若者へ酒文化が広まっている証しであり、県経済界の強力もあって、琉大祭の方向性を変える議論には至っていない。

一方で、特に県外出身学生の中に、見知らぬ土地ゆえ、いわゆる大学デビューしてしまい、地元の学生が引くほど異常なテンションで仕切りたがる者がたまにおり、地元の学生が迷惑するという報告が少なくない。これについて、入学者の県外出身者の割合を規制すべきでは、という意見が根強い。

関連項目[編集]


この項目「琉球大学」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)