現代戦隊グレンジャー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヒュンダイ・グレンジャー」の項目を執筆しています。

現代戦隊グレンジャー (ヒュンダイせんたい―)(Hyundai Grandeur)は韓国HMCテレビが1986年から放送している人気特撮シリーズである。

概要[編集]

ソウルオリンピックを記念して制作した韓国の戦隊ヒーローもの。当初は日本のMMCプロダクションレイアースに出て来る、不安を具現化した存在(1964-1994)をライセンス導入したのが始まりだったが、シリーズを重ねるごとに独自制作していった。

あらすじ[編集]

世界征服を企み、国際的に暗躍する「ブラックデイズ」。ブラックデイズはソウルオリンピックを阻止しようと総攻撃を仕掛け、飛行機を爆破しようと企てる。1997年、大韓航空機を爆破し、犯人の一人である「マユミ」と名乗る女がカギを握っていった。

当初は北のあの国の仕業かと思われたが、実は宇宙人が仕掛けたとのウワサが....

シリーズ[編集]

初代(1986年-1992年)[編集]

HMCテレビが初めて制作した本格的な特撮ドラマ。初代グレンジャーはドラマシーンのみ韓国で撮影され、特撮シーンは日本のMMCプロダクションが撮影した。視聴率はこれまで韓国で人気のあったアニメ、「テコンV」を上回る数値をたたき出し、韓国国内においては人気TV番組のひとつとなっていった。

2代目(1992年-1998年)通称・ニューグレンジャー[編集]

初代から一歩進んだ形で、MMCプロダクションとの共同制作となり、3代目戦艦デボネアの兄弟シリーズとして1992年からスタート。日本でもイベント「韓国まんがまつり」などで公開された。

なお、1996年には、本作品のスピンオフとして「戦隊ダイナスティ」が発表され、更に1999年には、映画「猫車戦隊エクウス&センテニアル」が公開された。

3代目 (1998-2005年)グレンジャーXG[編集]

1998年に放送開始された。本国では「グレンジャーXG」とサブネーム付きの番組名となった。「グレンジャー」の名称を承継はしたが、実質的には1995年に発表された「マルシア」(日系ブラジル人の歌手・タレントとは関係ないよ)の後継だった。

2002年モデルより「ニューグレンジャーXG」としてリニューアルしたが、韓国国内では不評であったらしく、初代に戻された。

なお、日本も含めて海外市場へは「ヒュンダイXG」の名称で公開され、日本では小倉優子が特別出演し、新幹線の車窓から見える謎の少女として出演した。

4代目(TG型、2005年-2011年)通称・グレンジャーTG[編集]

韓国で2005年5月に発売。開発コード名から「グレンジャーTG」とも呼ばれる。使用燃料はガソリンとLPガスらしい。

シリーズ開始からわずか約1ヶ月でオープニングシーンが変更になった。これは韓国内でネチズンの指摘によりパクリ疑惑がもたれたといわれている。

2013年には能年玲奈主演のNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に「グレンジャーTG/TAXI仕様」としてカメオ出演し、ネトウヨの中で話題騒然となる。NHKは公式回答として「長期の現地ロケに協力可能な戦隊ヒーローを手配したところ、たまたま韓国の戦隊だった」と大人の事情を説明した。

5代目(HG型、2011年-2016年)通称・5Gグレンジャー[編集]

2011年から放送が開始された。今のところ本国のみの放送で、5Gグレンジャーと呼ばれている。

2013年には新必殺技が開発された。隊員がダッシュ中にピストンを射出するという斬新な技で、「ピストンバズーカ」と呼ばれている。

番宣CMでは、初代から順番にトランスフォームして新型が登場するという画期的な造りになっている。

6代目(IG型、2016年- )[編集]

ソウル市内にてメディア向け説明会の席で放送開始が宣言された。

2017年には5Gグレンジャーの「ピストンバズーカ」に続く新必殺技が開発された。 これは「トランスミッションフィフス」と呼ばれる技で、どんな危機的状況からも常に覚醒状態(トランスミッションフィフス)を固定維持するというものであったが、平常時にも覚醒状態となってしまうデメリットと表裏一体の荒業となった。

2018年にはアメリカでの放映が予定されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

ダークナイト(メギド王子) この「現代戦隊グレンジャー」はスーパー戦隊に関連した書きかけ項目だ。
お前がどうしても加筆したいって言うのなら、この俺に挑戦するべきだな。 (Portal:スタブ)