現代人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ゲンダイジン
俺達の戦いはこれからだ!.jpg
現代人の群れの様子。
分類
: 動物界
: 脊索動物門
亜門 : 脊椎動物亜門
: 哺乳鋼
: サル
上科 : ヒト上科
: 退科
亜科 : メタボリック亜科
: ケータイ
学名
ホモ・コンビニエンス
和名
現代人
ゲンダイジン

現代人(ゲンダイジン)とは、ヒト(ホモ・サピエンス)が退化して誕生した動物のこと。学名はホモ・コンビニエンス

現代人の誕生[編集]

高い知能と身体能力を持っていたヒトは、世界各地で高度な文明を築き科学技術を発達させていった。そして、かつてはヒトの手で行われていた活動の多くが機械によって行われるようになり、ヒトの身体能力は急速に退化していった。こうしてゲンダイジンが誕生したのである。

特徴[編集]

外見はヒトとほとんど変りないが、身体能力や各器官の形状は大きく異なる。

歩行能力
祖先にあたるヒトは重い物を持って自分の足で長い距離を歩くことが出来たが、ゲンダイジンは交通機関の発達によって足が大きく退化している。そのため、長距離を歩くことは出来ない。足が革靴とかハイヒールと呼ばれる特殊な皮膚に覆われるように変化し、長い距離を歩くと足に痛みが生じるようになっている。
ゲンダイジンの手はあまり重い物を持てない。また、ケータイと呼ばれる付属器官が手にあり、余程のことがない限りこれが手から離れることはない。ケータイが手から外れるとパニックになり異常行動をとるようになる。
目、耳
ゲンダイジンは遠くの獲物を見つけて狩りを行う必要がないため、目と耳の能力はかなり退化している。個体によっては、目にはメガネコンタクト、耳にはイヤホン・ヘッドホン・補聴器などと呼ばれる付属器官が生じている。なお、これらの付属器官は後天的なものであり、繁殖機能が成熟する頃から多発し、繁殖機能が低下する頃にさらに増加する。
腹部
腹部・臀部の脂肪が非常に発達している。この原因について、冬の寒さに対応するため、長時間食糧を食べれなくても生き延びられるようにするため、などの理由が挙げられているが、詳しいことは不明。
知能
同族を餌食とするための金儲けや悪知恵の能力に長けている。
かつては「ヒトよりもゲンダイジンの方が知能が高い」という学説もあったが、両種族の平均値を取るとゲンダイジンの方が知能は劣るようである。一部のガクシャ(学者)という亜種個体は、偏った内容ながらも特異的な知能を持つ。しかし、それ以外のゲンダイジンは、ガクシャが作り与えた装置類をサルマネで使っているに過ぎず、それら装置が動作している原理についての知識を持っていない。
電磁波受信
ゲンダイジンが住む環境には、多くの電磁波が飛びかって情報を伝達している。一部のゲンダイジンはその環境に適応して、電磁波を直接受信して特殊な情報を受け取ることが可能になっている。

生息地[編集]

ゲンダイジンはきれいな水豊かな食物が無ければ生きてゆく事が出来ないデリケートな生物である。そのため、コンビニの近くでなければ生きてゆく事が出来ない。

同じようにヒトを祖先として外観が良く似ている動物で、コンビニが無い場所に生息する動物は、イナカモノあるいはヤバンジンと呼ばれる類似生物である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「現代人」の項目を執筆しています。