王寺町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「王寺町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「王寺町」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「王寺町」の項目を執筆しています。

王寺町(おうじちょう)は奈良県北西部に位置する都市である。

概要[編集]

一見すると何の変哲もない町であるように思えるかもしれないが、実は奈良県第3の都市であり、本当は「王寺市」である。 しかし、そんなことを公言してしまうと、日ごろから王寺市の繁栄っぷりを快く思っていないお隣さん(現在は冷戦状態にある)に命を狙われかねない。そのため、王寺市民は"市"ではなく"町"であると言わざるを得ない状況に置かれている。 その王寺の人々の苦労を称え、ここでは本来の「王寺市」という名称を用いることにする。

大阪のベットタウン・王寺[編集]

西の国の植民地に通じている近鉄生駒線、市の植民地である河合広陵に通じる近鉄田原本線、同じく半分奴隷扱いになってる香芝高田から先、辺境に通じるJR和歌山線に後述のJR大和路線と、市内には4本もの鉄道路線が通っている。その中でもJR大和路線は、大阪市内(天王寺)まで20分、朝のラッシュ時には1時間当たり20本と大都市並みの利便性の高さである。王寺市民にとって大阪市は隣町なのだ。一方、奈良市方面へのアクセスは大阪に比べると本数がすごく少ないので格段に悪く、また大阪に出たほうが何かと便利なので、王寺市民にとって奈良市は「あー大仏とか鹿がいるところだよね」程度の認識でしかない。 もはやここまで来ると王寺市民には「奈良県民」であるという自覚があるかどうかも疑わしい。

西和の中心・王寺[編集]

王寺町を中心とした一帯は西和と呼ばれる地方である。 歴史というプライドを振りかざす人たちや、抗議とロリの二人のカリスマを生んだ町JRの快速に唯一見捨てられた、昔は西の銀座と呼ばれし草履工場鉄道や高速道路がことごとくスルーする&町砂をかけまくるところ鉄道もないのに人は密集しているという謎の都市など、個性の強い自治体が集まっている地方であるが、21世紀に入り王寺市はこの6つの町を吸収し、西和の統一を図ろうとした。 しかし、あからさまに「王寺市が周辺自治体を吸収合併する」ような行動を起こせば、前述のお隣さんが周辺自治体と連合を作り、王寺市が火の海になる危険性もあった。 その為、表向きは新市名を「西和市」とし、西和1市6町の合併は対等合併であることをアピールした。

ただ、その魂胆もお隣さんにはお見通しだったようだ。 「西和市ではなく、法隆寺市なら合併してやってもいいけどな」などという寝言を言い始め、最終的にはお察し下さいにより破談となってしまった。

この件をきっかけに紛争が勃発するかと危惧されたが、現在も両者の間では目立った紛争は起こっていないようである。

関連項目[編集]