王化思想

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「王化思想」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

王化思想(おうかしそう)とは、他国人民より優れている中華人民共和国の王(ワン)の姓を持つ人民を、他国に対し積極的に入植させ、共にハッテンしようという思想である。

中国以外の地域における王の姓を持つものを増やすことにより、世界の中心としての中国の地位を確固なものとするのである。中華思想の中心となる考え方であり、王化が進むということはその地域にとって素晴らしいことなので、王化の進展は世界に常に注目されている。

最近、急激に王の姓を持つものが増えている地域に、東トルキスタンチベットが挙げられる。 東トルキスタンとチベットに関しては共に独立国であったが、王化を進めて欲しいという人民の強い要望によって中国に併合(侵略じゃないぞ)された上で王化が行われている。

王化の進め方[編集]

王化の為には戦車だって使います
  1. 王化したい地域を併合する。
  2. 王化に反対する不届き者を逮捕。
  3. 中国本土に居る全国の食うに困ってる王さんを入植させる。
  4. 現地に元から住んでいる女性に積極的に王さんの子供を生ませる。
  5. 中華的な方法で王さんを地域経済の主役にし、王さん以外は王に改名させる。
  6. もっと王さんを入植させる。道路とかもたくさん作って王さんをどんどん増やす。

チベットでの王化[編集]

チベットでは1940年代から50年代初頭にかけてまでは、王の姓を持つことに抵抗感を持つ「遅れた」チベット人民が多数存在し王化に対し抵抗を行っていた。しかし優秀な王の姓を持つ人民は正義なので、1951年5月23日には、十七か条協定によって完全にチベットは中国の一部となった。

しかし、まだ王化が進んでいなかったため1956年にはチベットにおいて暴動(蜂起のような感じもする)が起こる。王化の素晴らしさに全く気づいていないチベットに教育を行うため、親玉のダライ・ラマ14世を捕らえようと思ったが失敗する。1959年にダライ・ラマ14世はチベットを脱出し、亡命政府の中心として2008年現在に至るまで抵抗を続けている。

特に2008年3月現在では、またしてもチベットの人民が暴動(蜂起じゃない!)を起こしたので、再教育中です。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この項目「王化思想」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)