出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
王を模式的に示した図
バーガーキング提供・あくまでも模式であるため、王冠も簡略化されたイミテーションである

(おう、KingWang)とは、王冠を載せる台座である。

概要[編集]

王冠は王国の象徴であり、それに相応しい威厳を演出する必要性から、国内でも最高峰の芸術家の手によって作り上げられる「美的技術の結晶」である。そのため、王冠の保管には細心の注意を要することは言うまでもなく、また、王国の威光を臣民に知らしめる必要性から、頻繁に鑑賞させてやる必要がある。そこで王冠を移送・保管するために最適な手段として選ばれたのが「人の頭に載せる」という手法であり、最も王冠の美しさを引き立てることが出来る奴隷の頭に載せる慣習が生まれた。この場合の奴隷は、自動的に公共の所有物となるため、公僕の一種である。これが王の起源である。

材質[編集]

なかなか悪くない材質。

王冠は主として柔らかい貴金属で構成されていることから、その台座である王は王冠を載せるクッションとして豊かな巻き毛が望ましいとか、あるいは装飾に絡まりやすいので滑らかな直毛が良いとか、はたまた余計な頭髪は細部を見えにくくしてしまうのでスキンヘッドが望ましいとか、様々な要件が王冠ごとに定められており、このため王は王冠に相応しい頭髪具合の持ち主が好まれる。

また、この台座は王冠の見栄えに劣らないよう、ある程度装飾される必要があり、そのため豪奢な服装を身につけることが要求されるが、更にはその被服も鑑賞に耐えるよう装飾が施され、またそれらの装飾が細部まで見渡せるよう、王は表面積が広くなければならず、そのためには肥満であることが望ましい。ただし余りの肥満体型では相対的に王冠が小さく見えるという意見もあるため、王冠に合わせるべく様々な王が試される場合もある。

王冠なしの王様

だが、ある大国の王は王冠をかぶらずにすべてから王と慕われていることから、王冠があろうとなかろうと王と呼ばれる管理者はいるのである。

交換[編集]

王は台座として王冠に似合うよう求められる訳だが、そのためには同じような遺伝的性質を持つものを王冠に宛がう上で、世襲的に王とされる者を決定する場合もある。大抵は、王が死去によって王冠を載せる台座の任を果たせなくなったら、次の台座として一族の内より次の台座である王を選出する。その一方で、王冠に相応しくない、あるいは台座としての責務を忘れて王冠を粗末に扱うなどの理由で、台座である王を交換しなければならなくなった場合は、強制的な武力行使で王冠を王から取り外すことも歴史上しばしば行われた。この際、台座である王は破棄するにあたり、再利用できないよう王冠を乗せる器官であるを切り落とした。これは王冠を載せるという大役に一度でも付いた者が、下賎な仕事に身を落とすことは、すなわち王冠の威厳を傷つけるものとして良しとされないためである。

管理[編集]

王冠は王国の至宝であり、原則的に一つないし数えるほどしかないこともあるが、大変な価値を持つことから、多くの兵士によって護衛されるのが常である。結果的にその台座である王も王冠を守る者によって守られているが、あくまでも王冠の付属物扱いでしかないため、余りに「王冠の台座に相応しくない」ような王は、その配下にある軍隊によって挿げ替えが行われることもある。その後、王冠は更に相応しいであろう者を台座とする。なおこの台座交換行事に際しては、しばしば前王の一族郎党も同じ「王冠の台座として相応しくない」遺伝的形質を持っているとみなされ、追放ないし処分される。

現代[編集]

こうして世代を経て継承されていった王冠であるが、やがて個人の権利(人権)が尊重されるようになってくると、台座として過重な責務を負わされ、終身に渡って酷使されたり、あるいは相応しくないとして破棄する行為が「野蛮な風習」として忌避されるようになってきたため、このような奴隷制度は各国で廃止されるようになっていった。しかしそれでは台座を欠いた王冠の扱いに困るということから、終身雇用制で国家に雇われた「象徴としての王」を据える国家も現存している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。