猫騙し

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

猫騙し(ねこだまし)とは、を使ったハニートラップのことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「猫騙し」の項目を執筆しています。

概要[編集]

危ない!それはデコイだ!

普通ハニートラップには、色香の強い女性男性、人によっては少女少年などを使う。しかし、人間不信になった人や、すでにハニートラップにかかり警戒心が強い人などには、ハニートラップは通用しない。

そこで、そのような人間は、たいてい動物には心を許していることを利用して、猫にハニートラップをさせて飼い主を意のままに操る戦術が考案された。それが猫騙しである。

歴史[編集]

かの雷電でさえ猫騙しによって土をつけられてしまう。

猫騙しの歴史は古く、江戸時代から、主に相撲取りに向けて、甘い罠が仕掛けられていた。なぜ相撲取りが標的になったかというと、当時、相撲取りはいわゆる「優しくって力持ち」を具現化したようなものであり、悪人には容赦ないが、善人には優しいという、悪人にとっては邪魔で仕方がない存在だったのである。そのため悪人たちは、相撲取りの慈悲深さを逆手にとり、猫を使って相撲取りを骨抜きにしていった。それは成功し、悪人を邪魔する存在はいなくなったのである。

それに味をしめた悪人どもは、猫を調教して様々な手段で自分たちにとって邪魔な存在を骨抜きにしていった。現在、猫騙しが日常茶飯事となっているのは、江戸時代から脈々と猫騙しのテクニックが受け継がれているからである。

猫が嫌いな方には[編集]

ただ、世の中には猫好きもたくさんいるが、その逆もたくさんいる。猫騙し最大の弱点は、猫嫌いの人には一切効果がないことである。そこで、猫騙しで培った技術をはもちろんのこと、微生物、果てはロボットアニメキャラなどまで操ってハニートラップをさせることも同時に研究されてきた。私は猫が嫌いだから猫騙しなんて大丈夫だもんねと油断していると、自分が大好きなものにいつの間にか骨抜きにされているからも知れない。ただし、猫を使ってないこれらの手段を猫騙しと呼ぶかについては、意見が二分しており、現在でも議論が巻き起こっている。

関連項目[編集]