犯罪者

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

犯罪者(はんざいしゃ)とは罪を犯した人のことである。

犯罪者となるには[編集]

主な犯罪者の心理

このような行為を犯せば犯罪者の仲間入りになることができる。

あらかじめ断っておくが、これらの行為を大々的にやりすぎると犯罪者になれなくなってしまう。たとえば1人殺せば犯罪者、30人殺せばやはり犯罪者、だが数千万人殺すともはや犯罪者ではなくなってしまう。のみならず、場合によっては革命家として英雄視されてしまう。

アル・カポネの密造、麻薬の元締めから賭博の開帳までさまざまな「犯罪行為」を犯していたが、犯罪者としての罪状は脱税だけであった。酒造、麻薬、賭博はあまりにもスケールが大きすぎて、犯罪の範疇をとおり超えていたためである。日本でも山口組現組長の司忍こそ犯罪者として服役中であるが、と恐れられた3代目田岡一雄があまり犯罪者扱いされないのも、彼のスケールが大きすぎたためである。

逆にこの人痴漢です!を発動されたり、判事が狂っていたりすると、上のような行為を犯さなくても犯罪者の仲間入りを果たせてしまう。河野義行曰く、警察の勘違いとマスコミの悪ふざけですべては決まる。

捕まってしまったら[編集]

大人しく警察の言うことをよく聞き、耐えて耐えて耐えて耐えて(ry 釈放を待つしかない。もし途中で逃げ出したりもすればお察し下さいになったりする。しかしこれも程度の問題で、白鳥由栄並に破獄すれば、犯罪者として蔑まれるよりもむしろ破獄王としてある種の賞賛を受けることになる。

関連項目[編集]

この項目「犯罪者」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)