犬が西向きゃ尾は東

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ちなみにこれは、東を測っているもの。

犬が西向きゃ尾は東(いぬがにしむきゃおはひがし)とは、昔世界で流行っていた、方角の測り方である。最近は、方位磁針に完全に負けている。ここではそれをつかった、測り方について説明する。

概要[編集]

ポメラニアン。かわいい

犬が西向きゃ尾は東というのは、あたりまえという意味のことわざであるが、実際に昔はで方角を測っており、戦国時代までぐらいは需要はたくさんあった。江戸時代になると、生類憐みの令という法律ができ、犬の立場は完全に人間よりになったので、犬を平気で道具奴隷)扱いするのは禁止されていた。

江戸の世も終わり、また犬が方角を測る基準となるだろうと誰もが思っていた。しかし、明治時代は近代化によって発展してきたため磁石で測るのが普通となった。昭和時代、戦争によって、金属が集められる。磁石と鉄も例外ではなかったが、犬も戦争によって邪魔者扱いされ、お察し下さいされた。は過ぎ、平成時代。犬を飼うのも普通のことになっていた。今度こそはたくさん使われると思って期待していたが、マリオとかポケモン批判してしまう動物愛護団体に批判されたので、結局犬で方角をはかるという時代は終わった・・・・

はずだったが、この方法は今、全世界で注目されている方法だ。

犬種選び[編集]

中型犬。このぐらいがちょうどいい

どんな犬を使うか迷っているあなたの為に、今回は特別にどんな犬が良いのか紹介しよう。

小型犬
長所 - 基本的に小さい犬は、扱いやすい。しかもkawaiiという、利点もある。
短所 - 小さすぎると測りにくい。また、しっぽ(尾)を動かされると測れない。
中型犬
長所 - 犬種が多い。
短所 - かわいくない。
大型犬
長所 - 体力がある。(寿命が長い)
短所 - えさをよく食う。きもい全然かわいくない。
ロボット犬
長所 - 正確さなら一番。言うこともちゃんと聞く。
短所 - かわいくない。電池切れしたら終わり。もともとの購入料が高い。電池代も。

教え込み[編集]

人間、看板などに頼ってはいけない、犬で進め。西はいつもひとつだから。

ここでは犬に西を向かせる方法を教える。 日本で行う場合、犬のは人間より何万倍も優れているので、西おいを覚えさせよう。これは、ほかの国でも同じことである。また、この場合どこに潜んでいるのかわからないあれに気を付けよう。

他の動物[編集]

難易度:★★★☆☆
は、犬と同じような生き物なので、測り方は、そんな変わらないだろう。ただ、こたつで丸くなったり、気ままなをするので注意!ネズミとは、同居させない方が良い。
ネズミ
難易度:★☆☆☆☆
ネズミは、に嫌われているので使わない方が良い。青ダヌキ地球破壊しようとするため要注意。そもそも、電気ネズミとかハリネズミとか種類が意外に豊富すぎる。一応、東京千葉に、大人気のネズミがいるが、「見た目はネズミ、実際は検閲により削除」なので間違って捕まえないように。
難易度:★★★★☆
君は牛を二頭持っている。一つのは方角が分かり、もう一つの牛は、役に立たない。
コウモリ
難易度:★★☆☆☆
暗いで役立つが、夜行性なので正直使いにくい。 え?君も夜行性

ライバル[編集]

方位磁針(磁石)
敵態度 100%
気軽に使える点では一番のライバルであろう。NとSと部分分けしていることや、昔から使われていた点似ているので敵態度は高い。
敵態度 0%
場所によってはのほうが明らかに早い。まあ、出来る範囲はたかが知れている。
地図(GPSなど)
敵態度 50%
地図は、たとえの上、の上、の上、あの子の検閲により削除だろうと正確に映し出すので、これ以上正当なものはないだろう。正直もうあきらめかけている。
神がいつも持っているもの。これで方角が分かるらしい。
敵態度 ?%
地球どころか全部のを知り尽くしているんDA!

派生[編集]