特撮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情2頭の牛が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

特撮(とくさつ)は、世界各国で放映される、ドキュメンタリーニュース番組の総称である。

概要[編集]

毎週のように怪人、巨大ロボが闊歩する日本。その現状と解決までの様子にカメラを向けた、真実追究番組が多い。日本では戦隊ヒーローウルトラマン仮面ライダーが代表的な番組である。

視聴者のほとんどがヤラセだと思っているが、カメラにあれだけの衝撃映像が収められている以上、紛れもないノンフィクションである。

番組の形式は30分番組である事が多く、次回予告がある事から放送日の2~3週間前の事件を放送していると思われ、他のニュース番組ほどの速報性は無い。また、専門誌等にもっと先の放送日の事件情報が書いてある事もある為、もっと前にあった事件を伝えている可能性も否定できない。これには各関係者の許可に手間がかかっているものと予想される。普通のニュース番組と違い顔にモザイクをかけられている一般人の姿が無い事からもそれは容易に推測出来る。

また、映画館で大々的に長期間放送される物もあり、これは映画館発祥当時にあった大規模なニュースを映画館で伝える伝統を、今の世に伝えているものと推測される。アメリカで作られたメンインブラック等が良い例である。日本でも通常のテレビ枠に収まらない大災害、大事件等を映画館で放送する事がある。ゴジラ等が有名な例で、アメリカに出現した時も全国で報道され、「やっぱり魚食ってる奴はダメだな」と各国で失笑を買った。

なお、最近では深夜アニメのようにスクイーズせず、レターボックス形式で放送するのが主流である

ノンフィクションである証拠[編集]

まず、戦隊ヒーロー仮面ライダーの玩具が玩具店に売っている事が挙げられる。これは、特撮番組のヒーローが実際にいなかったら例にする物が存在しないので作れるハズが無いのだ。

そして、特撮番組に出るヒーロー達は役者としても活躍している者が多い。他のテレビ番組でも彼らの姿を見る事が出来るので、これは間違いない物だと思われる。ここから、特撮番組がアニメ等と違い真実である事がわかる。彼らは実際に存在しているからだ。

また、彼らヒーローが何故戦争北朝鮮アメリカマクドナルドウィキペディア等に対して何も手を出さないのかと色々な所で問題視されているが、彼らの任務はその程度の低次元の事件を解決する事では無い為である。

新聞やウィキペディアで報道されない理由[編集]

真実だからである。

ウィキペディアにおける傾向[編集]

ウィキペディアでは、これらの特撮について、架空のものとして扱っている。

しかし、それでも、事実や真実にあたる部分(特にプライバシー保護などの問題)により、実際にヤオという

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「特撮」の項目を執筆しています。
この項目「特撮」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)