物干し竿

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「物干し竿」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「物干し竿」の記事を執筆しています。

物干し竿とは、何かを干すのに向いている長大な棒の事である。

概要[編集]

意味としてはシンプルで「選択後の物干しに使えそうな長さの棒」を指す。かつて着物づくりに使われていた反物の幅が約40cmであり、これを洗ってかけるのに余裕のある長さということで基本的には2~4m程度あることが望ましい。日本では竹製の竿が主に使われており、竿竹屋はよほどのことがない限り食いっぱぐれのない割のいい商売である[1]。詳しくは「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」で検索してみるといいだろう。

かつて日本の家庭には必ずと言っていいほど物干し竿があり、庭やベランダに物干し台を立ててそこに竿を渡して洗濯物を干すのは日常の光景だった。持統天皇が大化の改新の後に「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山」と和歌を詠んでいるが、これは天の香具山に翻る洗濯物を見て夏の到来を感じる歌であり、その当時から物干し竿にかかった洗濯物は「人々が安心して日々を送っている」という平和の象徴だったのである。

近年では家庭用乾燥機の普及やPM2.5に代表される汚染物質により戸外での物干しは少なくなってきているが、物干し竿が売れて世の中が普通に回る日常は何よりも尊い。洗濯物だけでなく心も天日干しして、爽やかな気持ちでいたいものである。

洗濯以外での物干し竿[編集]

少なくとも、これくらい無いと物干し竿とは呼べません
屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ
屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツで使われる固い肌色の棒が標準より長い場合、物干し竿と呼称される。初代ミスタータイガースこと藤村富美男はこれでヒットを量産し、強打者として全国にその名を轟かせ永久欠番の名誉まで手に入れたという。
通常のバットに比べると重くて使いにくい反面、ミートすればその重量を生かして一気に大アーチを描けるというハイリスクハイリターンな道具である。
刀剣
刀剣の世界においては、相手との射程差を作り有利に戦うために刀身を伸ばす手法がとられることがあった。その反面懐に飛び込まれると弱いのだが、手練れであればそこを補って余りある戦いが可能。
佐々木小次郎が巌流島の戦いでこの物干し竿を使ったことは有名だが、それが有名になりすぎて古傳圓心流組討剣傳の田中普門氏のように自分の刀を物干し竿と呼ばれることを嫌う剣士も多い。
男性器
長くても20cmもないが、見栄を張って物干し竿を名乗る男が多い。
ハンカチ一枚干せないような長さでよくも言えたものである。画像くらいなければ物は干せまい。


Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ だからこそ日本中で竿竹売りのトラックを見かけるのである。ただ、何十年たっても「20年前のお値段です」なのは謎である。

関連項目[編集]