牛丼

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

牛丼(ぎゅうどん)とは、アメリカ合衆国の狂牛などのクズ肉とたまねぎを砂糖醤油で煮込んだものをさとうのご飯の上に盛り、七十七味唐辛子、血で染めた生姜(紅生姜ともいう)などを山のように乗せた貧民層御用達料理。

江戸時代には伊勢名物の松坂牛の肉を使用した日本料理であったが、今日では残念ながら消滅。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「牛丼」の項目を執筆しています。

作り方[編集]

  1. スーパーでやっすーいアメリカ狂牛肉を買ってくる。安ければ安いほど良い。
  2. たしか鍋に木っ端みじん切りにした玉葱といっしょに肉を入れて醤油とか佐藤味噌を混ぜ、隠し味にテキーラ日本酒を1バレル(原油の計量単位。1バレルはおよそ159リットル)ずつ。

    都合により省略させて頂きます。

  3. 盛り付ける。
  4. それをオーブンで2時間焼いて出来上がり。からし入りチーズを乗せるとよい。

なお、上記のレシピで製作する際はすべて自己責任で。これをやった人物は未だ存在しないが、少なくとも食えたものにならないことは予想できよう。それでもやるというなら、私は止めません。

問題点[編集]

一時期、頭が良くなる牛の「良牛病」が問題となり暗算で二桁の足し算が出来るようになった!これは困るとアメリカは輸出を禁止した。これによって牛丼という料理自体が消滅するわけでもないので本当ならばそんなに騒ぐことでもないと思われるが、日本人の多くを占めるヲタクという人種は吉野家牛丼を停止するにあたり「吉野家コピペ」と呼ばれる定型雑文の類が時代遅れになる事に懸念を抱いていた。

近年になり牛肉の輸入禁止体制も緩和されつつあり、あまり重要視されなくなっている。

「狂牛病なんて全然ダイジョブだよー。心配ナイヨー。だから食べなヨー。」
牛丼 について、ジョージ・W・ブッシュ
「商売あがったりダヨー。頼むヨー。アメリカー。」
牛丼 について、吉野家ならびに他の牛丼販売店

最近は食品の巨大化競争が激しくなり、出会い系サイトにまで外食産業が広告書き込みを行うようになり、性器利用者の反発を招いている。

深夜二時にオレのとここないか? ひと気のない場所だし、すげえ肉のぶつかりあいが見れるぜ。腹がかき回されるまで激しく盛って、巨大なブツを尻マンから出そうぜ、156x99x37

この書き込みのあと、指定された場所に行ってみると、巨大な豚丼が不衛生な方法で大量に盛りつけられている動画がアップロードされており、スリム系スジ体系を是とする利用者から苦情が殺到、動画は削除された。

その他[編集]

牛丼のフォロワーとして、豚肉を使用した豚丼やその他馬丼、マク丼ノ丼スカ丼、うな丼、海鮮丼、鉄火丼などがある。鉄火丼は文字通り鉄をおよそ1536~2863℃(鉄の融点~沸点に相当)に熱し、ご飯に盛り付けたもので、温度がかなり高いため特殊な器が使われている。それでも耐熱不足なので、盛り付けてから2秒以内に食さないとパッカーンと器が派手に割れてしまう。食卓に座っていて割れた際、液化鉄が下半身にかかると検閲により削除バキューン!!となり、少なくとも粛清されましたは逃れられない。

ちなみにこれを食したものはいないが、2秒以内に食べきれば電柱うんこが出るという伝説がある。

関連項目[編集]