爬虫類

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「爬虫類」の項目を執筆しています。

爬虫類(はちゅうるい)とは、地球上で最も完璧に近い生物のグループ。

概要[編集]

ほぼ全員に共通する特徴として、

  1. 全身がウロコに覆われている
  2. を産む
  3. 寒さに弱い
  4. ソーラーパネルでエネルギーを補う

等が挙げられる。1.と2.は防御力に特化した結果であるが、ウロコを廃しスピードに特化したスッポンやすぐ使える手駒を体内で孵化させてから産み落とすマムシといった例外もいる。3.はかの究極生命体でさえ耐えられずに凍ってしまったので、大した弱点ではないだろう。4.の太陽エネルギーは、チャージすればするほど機動性が高まる。

爬虫類全体の主な長所は、

  • 燃費が良い(時に数ヶ月の断食に耐える)
  • 酸素の消費量も少ない(潜水時間が長い)
  • 毛が無いので汚れに強い+濡れてもすぐ乾く
  • 生まれる前は卵、生まれてからはウロコでガッチリ防御

等である。これらの長所に種族ごとの特性が加えられるため、実際にはより優れた能力を持っている。

種族[編集]

トカゲ・ヤモリ[編集]

最もスタンダードな爬虫類。特殊能力は「自己再生」と「壁面吸着」。

カメ[編集]

スピードを捨て防御力をひたすら高めた結果、原爆でも傷ひとつ付かない耐久性を身につけた。一族の恥さらしがいる。

ヘビ[編集]

トカゲが全身から徹底的に無駄を省き潜入能力に特化した姿。特殊能力は「毒の牙」と「赤外線ゴーグル」。「気持ち悪い」と言われることが多い爬虫類でも一番「気持ち悪い」と言われている。

カメレオン[編集]

ある意味一番恐ろしいかも知れない。何しろ特殊能力が「透明化」と「長い舌」なのだから。

ワニ[編集]

破壊力だけを追求した結果、最大級の体格と強靭なアゴを持つようになった。牛二頭を一噛みで殺すことも出来る。

ドラゴン[編集]

今まで誰も見たことがない爬虫類。一応実在はするらしいが、研究データがないので詳細は不明である。

恐竜[編集]

鳥類の前身になった爬虫類。大型生物史上初の、1億年にも及ぶ繁栄が語り草となっている。しかし実際は、古代の地球に来襲した怪獣の餌食になっていたのではないかという説もある。

関連項目[編集]