爆破弁

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「爆破弁」の項目を執筆しています。

爆破弁(ばくはべん)とは、原子炉の圧力が上昇した際に、最終手段として原子炉および建屋を豪快に吹っ飛ばして圧力を下げる装置である。

概要[編集]

原子力事故が起こった際、最も重要となるのは原子炉内の圧力を一定に保つことである。圧力が原子炉や建家の設計限界値を超えると、それらが破損してしまうからである。原子炉内の圧力が急激に高まった際は、通常は手動弁によるベント(圧力開放)が行われる。しかし、何らかの不備でこの手動弁が動作せず、圧力が急上昇して大惨事となる可能性が高まったときに、最終手段として爆破弁の登場となる。爆破弁はその名のとおり施設ごとを爆破して圧力を解放させる。

事例[編集]

爆破弁の使用を報じる映像。国民の多くが専門家のコメントにより安心して作業を見守った。

2011年3月12日、福島第一原子力発電所事故の一号機において使用され、豪快に建屋を吹っ飛ばした。この映像は爆破弁の権威である東京工業大学の有冨正憲教授の説得力あるコメントと共に全国に放映され、多くの国民の関心を集めた。 爆破弁に使用された火薬はTNT火薬に換算して10t相当であると映像から推測できる。

爆破弁の威力で原子炉建家の上半分の壁が吹き飛んだことで当初の予定通り圧力低下に成功し、国民の安心と安全を見事に守った。さらにこの成功例を受けて同原発の3号機でも3月14日にTNT30t相当の火薬を用いた爆破弁が使用され、同じく圧力開放に成功した。

これにより、放射性物質は爆発で飛散し、建物が吹き抜け状態となったことで以降はダダ漏れ状態となったが、ただちに健康には影響はないため問題ない。

なお、NHKにおいても東京大学大学院の関村直人教授によりその存在が披露され、有冨教授はこれの又聞きという説もある。NHKでは一号機爆発の第一報において、NHKの記者が水素爆発の可能性について解説するのに対し、関村教授は爆破弁の使用を指摘し、報道機関の記者とはひと味違う原子力専門家の見識が全国的にも高く評価されることとなった。